い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2019/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/01
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2007/01/10(水) 18:27 コミックレビュー
門倉選手の補償で工藤選手が横浜に!
実績はあるが活躍するかどうかは未知数。
しかしソレ以上に、若手の手本となって投手陣を引っ張っていって欲しい。


さて本日はこのマンガの紹介を。

明日のよいち!
秋田書店刊/みなもと悠氏


[作品概要]
烏丸与一は浮羽神風流剣術の後継者。
父と山で暮らしながら修行をしてきて17年。
ある日、父から「心を磨く経験」をするために山を下り、同じく浮羽神風流を継承する斑鳩道場の世話になって修行をしろ、と言われる。

斑鳩道場に行ってみると、そこに住んで居たのはいぶき・あやめ・ちはや・かごめの4姉妹だった。
いきなり騒動をおこす与一だったが…

[参考記事]
1巻の記事


[この巻のストーリーと感想]
まず、作者のみなもと悠氏ですが、シナリオ担当の姉・みなも氏と作画担当の妹・悠氏の姉妹ユニット作家というコトです。
冷静でシッカリ者の姉とドジっ娘の妹が恥ずかしがって真っ赤になりながら作っているんですって!

…という嘘のカバー袖挨拶から始まる第2巻。
今回も益々イキオイにノってトバしまくりです。


さて1巻の最後で登場した2人の女の子は烏丸与一を倒すためにやってきた刺客でした。
小さい方が燕弁天流の正式後継者のつばさ。
大きい方が燕家の侍女の鷹司アンジェラです。

アンジェラは完全に武術人間で、世俗のコトに疎いらしく恥などどこ吹く風な振る舞いです。つまり与一の同類です。
一方のつばさの方は「普通の」生活が送りたい様子です。
武術一辺倒な生活を押し付けてくるアンジェラに心底辟易している様です。
しかもちょっと優しくしてくれた鷲津にホれてしまいました。
DSC02115.jpg
完全に別人ですが、コレが恋する乙女のフィルターです


そして転校生として与一たちのクラスに潜入してくるつばさ。
そしてアンジェラ・つばさと与一の闘いへと突入します。
服を破られてもなんら気にするコトなく闘いを続けるアンジェラ。
DSC02116.jpg
与一は鼻血フいてブっ倒れます

素晴らしい恥じらいがないのはマイナスですかねぇ、個人的に。
そしてアンジェラの教育の賜物である、つばさの真の姿が登場します。
何でも恥ずかしがりで闘いで本来の力を発揮できないつばさを何とかする為に、羞恥心を制する修行を重ねた結果、恥ずかしさが限界を越えると、感情がふきとび、破壊の限りをつくす様になるらしいです。
DSC02118.jpg
恥ずかしさ、限界突破

要するに、つばさは闘う度に下着姿になる、と言っている様なモノです。完璧すぎる設定です。
この時点では恥じらいの欠片も感じませんが、アンジェラと決定的に違うのは、我に返った時の反応が素晴らしすぎるという点です。


この巻はこの2人との闘いがメインです。
闘いの行方はご自分の目でお確かめください。
そしてラスト1本は与一といぶきがデート!する話です。
与一とのデートを楽しんで素敵な笑顔を見せてくれるいぶきと、偶然ソレを目撃しヤキモキするあやめは必見!ですよ?。
DSC02121.jpg
告白同然のいぶき

[ベストエロシーン]
私が個人的な基準で選ぶこの巻収録のエロスシーン。
ソレがこちら。
DSC02120.jpg


夜、与一の寝床に忍び込んで寝首を掻こうとするも、意識のない与一に返り討ちにあうアンジェラです。
この一連のシーンのエロさは少年誌の限界ギリギリです。
状況といい、アンジェラの表情といい、凄まじいモノがあります。
何よりおっぱいが柔らかそうに描かれているのがGood!!です。


次点でこちら。
DSC02117.jpg
顔にかかっているのはクリームです

いや、何てコトない描写なのですが、こういうのにエロスを感じてしまう年頃なんですよ、私は。


[以下3巻のネタバレを含みます]
現在(1/10)本屋に並んでいる「月刊少年チャンピオン」2月号は2巻からの続きです。
かごめがメインの話です。
ちょっとヤっちゃった感が強すぎるかごめの秘密が明らかになります。
あの設定は賛否両論っていうか、ダメ出しする人が多そうな感じだなぁ。
でも、あやめの価値は一層高まる可能性はありますね。

あと衝撃の事実なのですが、アンジェラはアノなりで16歳らしいです。
あの色気は16歳とは到底思えません。(ちなみにつばさは17歳)
どう見ても30前にしか見えませんが16歳。
恐ろしい逸材だ……

気になる方は雑誌の方も読んでみるコトをオススメします。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”美少女いんぱら!”第13話 ”24のひとみ”2巻
コメント一覧
ゾロアスター
昨日、気合いでよいち1巻買ってきましたよ…。
店員が女性だったので死にたくなったんですが、
心を無にしてやりすごしました。

なかなか、面白いですねぇ。
2巻も買いですか。

URL 【 2007/01/15 20:24 】 編集
名無しG
>ゾロアスターさんコメント有難うございます
その恥ずかしさがいずれ快感に…(ォィ

このマンガはえっちぃラブコメとして面白いので
続巻も買って損なしだと思いますよ
URL 【 2007/01/16 02:18 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する