い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2020/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/06
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2007/01/16(火) 05:21 ネタ系
正直、このネタをこのブログでやるか否かをスゴく悩んだ。
でも更新するネタが特にないのでやろうと思う。


さて”男坂”というマンガをご存知でしょうか。
とか言いつつ私自身、読んだコトがありません。
読んでみたいが、古本屋に置いてないから。
というどーでもいい話は置いておき。

この作品は作者がハリキって描き始めたモノの、人気がなく打ち切りになってしまったマンガだそうだ。
最後のページに見開きで
「オレはようやく登りはじめたばかりだからな。
このはてしなく遠い男坂をよ…」
未完

と書いて伝説の打ち切りとなったらしい。
[参考リンク]
http://www1.odn.ne.jp/cjt24200/yamada/text/otokozaka/index.html(ヤマカム様より)

この伝説の打ち切りシーンをパロネタにしたマンガがある。
堂高しげる氏の”全日本妹選手権”だ。
このマンガは「ヤングマガジンアッパーズ」という雑誌に連載されていたが、雑誌の休刊とともに連載が終了してしまったマンガである。
終わる際に、「未完の作品の伝統のシーンだ」とかいう毒舌と共に、この打ち切りシーンが再現されました。
ホントは自分で画像を用意したかったのですが、単行本を置いた場所が解らないので、コレも参考記事をリンクしておきます。

[参考リンク]
http://www1.odn.ne.jp/cjt24200/yamada/text/2005/index2.html(ヤマカム様より)
この記事の2位のトコロを読んでください。


さてここからが本題。
この問題の打ち切りシーンがこの度、エロマンガで復活しました。
以下にその画像を。


出展がエロマンガですので、1部不快な描写があるかもしれません。
ソコをよく考えてからご覧ください。













DSC02149.jpg
エロ絵坂を下り始めたばかり


DSC02151.jpg
未の字の上から×印


いかがでしょうか。
元ネタを知らない私でも充分に笑うコトが出来ました。
いつか読んでみたいと思う気持ちがさらに高まりました。

ちなみにこのネタをヤラかしたマンガは
「COMIC快楽天ビースト」2007年2月号に収録されているマンガ”エロ絵戦士ダグラス~最後の戦い~”(作者:土居坂崎氏)です。


オイ、観てるか?車田…
お前のネタはまだ生きているぞ…
しかも……
エロマンガでだ…



何かもう、イロイロとゴメンなさい。とりあえず謝っておきます。後、読んでくれた方、有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”090 えこといっしょ。”4巻(最終巻) ”盗んでリ・リ・ス”1巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する