い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/02/10(土) 03:05 コミックレビュー
”みなみけ”というマンガがある。
このマンガの2巻には初回限定版がある。
普段は「amazon」など利用しないのだが、ちょっと興味本位でこのマンガのユーズド価格を調べてみた。
2/10の2時現在で最低価格12,790円だった。
何故こんなコトをしたのかというと、たまにしか行かない本屋に行ったら、このマンガが未だに売られていたからです。
あえてドコの本屋かは書きませんが。


さて本日はこのマンガの紹介を。
ラブ・ぽっ!
少年画報社刊/森見明日氏


[作品概要]
美術部部長・柏木千夏子。
最近部に出なくなった鳴門渉を心配して(と、言うのは建前で)鳴門の家に押しかける。
ところが、鳴門が住んでいるのはラブホテルの一室で、しかも家庭教師と名乗る女性・綿貫鳩子が一緒にいた。

千夏子の純情と妄想と暴力とが炸裂する、直球ラブコメディーです。


[参考リンク]
1巻感想
2巻感想


[ストーリー補足]
さて1巻では妄想ばっかりの内容だったこのマンガですが、2巻、そして3巻になると物語りも佳境になるので妄想は少なくなります。
そして複雑な恋愛模様にも一応のケリがつきます。
そんなストーリーを見ていきましょう。


さてこの巻では鳴門と千夏子の出会いが描かれます。
出会いといっても千夏子が一方的に鳴門に想いを抱くようになる話ですが。

舞台は1年前に遡ります。
千夏子がまだ美術部に入っておらず、白馬の王子様を夢見る頃の話。
運動神経抜群にも関わらず、ドコの部にも属していない千夏子。
そんな千夏子は運動部の助っ人をしていたが、2つ以上の部の試合が重なると、当該の部員に追われる羽目になる。(試合に出て欲しいから)
そしてそんな人たちから逃げている最中に鳴門と運命の出会いをします。
DSC02271.jpg
鳴門視点で見た、ファーストコンタクト

あー、つまり、アレだ。
鳴門の顔めがけて千夏子が突っ込んできたわけだ。
DSC02272.jpg
最悪の出会い?

この後、イロイロあって千夏子は鳴門にホレてしまうのです。
そんな感じでの鳴門と千夏子の出会いでした。


さて。本編に戻って。
前巻で鳴門と千夏子・鳴門と鳩子・千夏子と知音、それぞれに少しずつ進展がありました。
そして今回は―――

まずは鳴門と知音が何故だか急接近!?
鳩子狙いの鳴門と、ユリで千夏子狙いの知音ではどう考えても恋愛進展はなさそうなのですが、この巻でイキナリ進展が。
DSC02273.jpg
ドキドキイベント

そして。
DSC02275.jpg
キスシーン

全く持って恋愛関係にはならないハズの2人がこんな状態に!
あ、このマンガお得意の妄想シーンではありません。
しっかりと行われたコトです。
想い人・千夏子に後ろめたい気持ちを抱きつつ、ドキドキのとまらないカワイイ知音が堪能できます。


さて、今度は鳴門と鳩子です。
前巻で(事故とはいえ)キスをしてしまった2人。
必要以上に鳴門を意識してしまう鳩子。
そんな気持ちのまま家庭教師にやってきます。
しかも鳴門の部屋はラブホテルの一室。
さらにその日は嵐になってしまい、帰れなくなってしまいます。
そして―――

DSC02276.jpg
見詰め合う2人

雰囲気に流される2人(っていうか鳩子)
DSC02277.jpg
事故じゃないキス

ついに2人は―――!?


さて最後になりましたが、肝心の鳴門と千夏子。
今まで散々鳴門にアタックを繰り出すも、気持ちに気づいてすらもらえなかった不憫な千夏子ですが、ついに意を決します。
DSC02280.jpg
偉そうな告白

そんな千夏子に対して鳴門の答えは?
複雑に絡み合う人間関係の結末は?
ご自分の目でお確かめください。


[感想とか]
個人的な感想を言うと、知音がカワイイとか、結局鳴門はおいしい思いをしてばかりだなぁとか、知音の妹・知花はその存在に意味があったのか?とかですね。
特に知花は何の為に登場したのかがイマイチ解らないキャラのまま終わってしまって残念です。
何の為にというか、何がしたかったのかがよく解らないと言った方がいいかもしれませんが。

まぁでも千夏子の暴力は最後まで炸裂し続けたのはイイですね。
DSC02278.jpg
DSC02279.jpg
暴力2連発

やっぱり千夏子の蹴りはこのマンガの名物ですからね。


という訳でこのマンガはコレでお終いです。
このマンガの女の子は揃ってカワイイ。
ラブコメ好きな方なら必ず楽しめる。
特に千夏子に蹴られてみたいMの方、そんな貴方にオススメです!


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
2/10放送の”エンタの神様”感想 ”かるた”第9話「届け!」
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。