い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/02/16(金) 03:41 その他のマンガ
次号(12号)の「週刊ヤングジャンプ」から”LIAR GAME”第4部が連載開始。
スゴい楽しみだ。レビューはどうしようかな。
第3部のレビューでイロイロとやらかしているしなぁ。
同曜日発売の”かるた”のレビューもやっているしなぁ。
とりあえず考え中。余裕があるならやるかもしれない。


とりあえず「週刊少年チャンピオン」12号の”かるた”のレビューを。


[感想バックナンバー]
第1話「大昔のゲームだろ?」
第2話「馬鹿にすんな!!」
第3話「スゲェ!!」
第4話「屁でもねェよ」
第5話「デケェ!!」
第6話「やっぱりオレ…」
第7話「下らねェ!!」
第8話「いいんだよ、負けても」
第9話「届け!」


[ストーリー]
さて前回、大会で優勝した太一クン。
今回から新展開というコトで、どんな感じになるのかな?と思ったら。
何やらトラックを運転している女性のシーンから始まります。
DSC02307.jpg
新キャラ

とんでもない導入シーンです。
カッコいい系の女性キャラの登場です。
いつかは太一クンのライバルになるキャラなのでしょうか。

この女性がS・Aで食事をしていると、何やらガラの悪い男が店員に絡んでいます。
DSC02308.jpg
ガラの悪い男

するとこの女性、男を一喝します。
イキナリち○こを鷲づかみにし、男を圧倒。
DSC02309.jpg
名前はアツ子と判明

どうやらトラック仲間では有名人らしく「女夜叉」という愛称で恐れられて親しまれている様です。
ホンキで何者なのでしょうか。コレから太一クン達とどう関わってくるのかも楽しみです。


さて場面変わって。
唐突に千歳のサービスシーンに突入します。
DSC02310.jpg
腕はだいぶ良くなったらしい

しかし竹下氏は解ってますね。
あえて千歳のサービスカットを持ってくる辺り、ヒロインは千歳だ!というアピールでも込めているのでしょうか。

どうやら実家は神社のようです。
「部員の見舞い」と家人に言って、ウキウキとお出かけ。
途中で猫への挨拶を欠かしません。
DSC02311.jpg
さり気なくカワイさアピール


一方、我らが太一クンは昼過ぎまでダラダラと睡眠中です。
と、家人が帰ってきました。
DSC02312.jpg
姉、帰る

先ほどの女性は太一クンのお姉さんでした。
ゲームの大会があるからと、徹夜でゲームをやり、昼まで寝ている太一クンを一喝。
そしてかるたの大会の賞状を見つけます。
全国1位ではあるものの1番下の階級である「D級」であるコトが気に入らない様子。賞状を捨ててしまいます。
DSC02313.jpg
捨ててしまう

賞状が落ちた先には、偶然千歳が来ていました。
その賞状を拾って太一クンの家に行く千歳。
DSC02314.jpg
襲ってる?

太一クンの家人に会った千歳は、早速自分を売り込みます。
DSC02316.jpg
姉に挨拶

この挨拶は姉にウケが良かったです。礼儀正しいと褒められました。
まずまずの出だしです。
しかしその後がマズかった。
太一クンの「コレ、ウチの姉ちゃん」とのセリフに対し…

DSC02317.jpg
お兄さん?

やってしまいました。
折角いい印象を持たれたのに、失礼な発言をしてしまいました。
っていうか、千歳がそのセリフを言いますか。
自身も、見ようによっては男に間違われそうな体型してるのに。

しかし幸いなコトに、温子さんは細かいコトは気にしませんでした。
DSC02318.jpg
女性であるコトをアピール

さっきの千歳のお風呂シーンと違って、全くサービスシーンに見えない不思議。
っていうか、温子さんはノーブラなんですか。そうですか。
「温子、ノーブラ。温子、ノーブラ。」

と、そこに由利子まで登場。
太一クンの苦労は増すばかり。
DSC02319.jpg
ピンクな展開には程遠い

どうやらゲームの大会があるらしいです。
指が折れているのに参加する様です。
流石は「負けてもいい」とか豪語していたゲーヲタです。有言実行。
そんな太一クンをそっと応援する姉。
DSC02320.jpg
応援


という訳でゲーム大会の会場です。
全国大会の決勝戦らしいです。
たしか第1話で西東京の代表になっていたハズなので、いつの間にか何試合かやっていたという計算になります。
いつに間にやっていたのでしょうか。気になります。

相手は「月下の騎公子」切人クン。
DSC02321.jpg
どこかで見たコトある様な…?

そして我らが太一クンの登場です。
DSC02322.jpg
前年度優勝者の風格

指を怪我している状態で勝てるのか……?
というトコロで次回へと続く!!


[感想とか]
しかしねぇ。
「月下の騎公子」とか「神の反射神経」とか「神速の連撃(コンボ)」とか、こんな二つ名で呼ばれて恥ずかしくないのでしょうか。
ゲームチャンピオンってのは、こんなのばっかりなのかな?


今回から登場の太一クンのお姉さんの温子さん。
イイですね。
豪快なトコロもイイし、なにより太一クンの成長を密かに喜んでいるトコロなんかも上手い描写ですね。


太一クンの家って、両親はいないのでしょうか。
太一クンの素行を見てみると、ゲーセンでバイトした後、そのまま朝までゲームをやっているトコロを鑑みるに、姉と2人暮らしの線が濃厚かなぁ、と。
その姉もトラックの運ちゃんだし、留守が多そうなので自由に出来るのかな、と。
そうなると両親が気になりますね。
既に故人なのか、それとも訳あって別暮らしなのか…


今回は千歳の魅力がふんだんに!
お風呂のサービスシーンに始まり、猫への挨拶、姉の態度を見て恥ずかしがるシーンと、盛りだくさんです。
私のストーリー紹介では、姉への挨拶が自分のアピールの場になっていますが、私の中ではそういうコトで決定という訳です。
つまり、千歳→太一フラグが成立している、と。


ところで決勝の相手って”COCOON”のキャラじゃないですか?
いや、確かにこの大会の格闘ゲームは”COCOON”そのものだったケド、対戦相手までこのマンガのキャラにしなくても…。
確か名前はキリアだったかな。指から糸を出して攻撃してくるヤツです。
こんなトコロでリボーンしてなくていいから、続き描いて下さい!


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
まとめてコミックレビューVol.1 ”美少女いんぱら!”第15話
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。