い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2020/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2007/03/16(金) 05:55 その他のマンガ
ココのトコロ”ギャンブルフィッシュ”が面白いです。
阿鼻谷による月夜野へのお仕置きタイムが待ちどお…

ゲフンゲフン。いや何でもないです。ホントに面白いです。
某「週刊少年サンデー」連載の某ギャンブルマンガよりも面白いです、個人的には。


さて毎週恒例の”かるた”レビューといきましょうか。


[感想バックナンバー]
第1話「大昔のゲームだろ?」
第2話「馬鹿にすんな!!」
第3話「スゲェ!!」
第4話「屁でもねェよ」
第5話「デケェ!!」
第6話「やっぱりオレ…」
第7話「下らねェ!!」
第8話「いいんだよ、負けても」
第9話「届け!」
第10話「負けんなよ」
第11話「捻り潰してやるよ」
第12話「メンバーを捜そう!!」
第13話「認めない」


[ストーリー]
さて前回はどういう話でしたっけ。
確か、サーシャ戦に太一クンがしゃしゃり出て、サーシャのオイロケ攻撃で太一クンが撃沈した辺りでしたっけ。


と思っていたら、回想シーンから始まりました。
サーシャと千歳の出会いの場面です。
小学5年で出会い、席が隣同士であったコトで仲良くなった様です。
尚、サーシャはロシアの人とのハーフ?であるらしいコトも判明しました。

この頃の2人はどうにも仲がよく、何をするにも一緒だった様です。
DSC02422.jpg
仲良く百人一首の勉強

当然、サーシャがかるたを始めたのも千歳の影響です。
かるたで常に先を行く千歳に必死でついていこうと努力するサーシャ。
しかしその焦りが負けを呼ぶという悪循環。
そして―――
その事件が起こってしまいます。

中学1年のある日、かるたクラブでサーシャはジャージを忘れてしまい、制服のまま試合に臨みます。
DSC02423.jpg
サーシャ、中1ヴァージョン

対戦相手は幸か不幸か、格が上の少年です。
スカートで試合をするサーシャに気を取られ、少年の動きが鈍ったそうです。
ま、当たり前ですケドね、うん。

その結果、サーシャは目覚めてしまいました。
そう、露出シュミオイロケ攻撃に。
DSC02425.jpg
必殺・オイロケ攻撃、完成じゃぁ!

この時点ではかろうじて羞恥心はあったらしいのですが、千歳に勝ちたいという想いが勝ってしまいました。
やはりユリ…
こうして露出選手・サーシャが誕生したという訳です。

そして自分以外にパンツを見せるのがその戦法が許せない千歳と完全に決別して現在に至ります。


しかしサーシャはかるた自体は好きな様で、独自に練習を積み重ね、新たな取り方を習得し、太一クンと対戦している訳です。
DSC02426.jpg
強さへの渇望

さて。
サーシャの取り方ですが、札を取る瞬間に手首を返し、より大きな加速を得てほんの数瞬早く取る方法で、うんたらかんたらという、3ページにもわたる長ったらしい説明が入るのですが、当然カットします。


さてサーシャ残り2枚。太一クン残り1枚。
全ての札が1字決まりという状態。
居合い取りを使うかとも思ったのですが、サーシャの側の札が左右に分かれている為においそれと使うのは自殺行為。
そこで太一クン。取り札の狙い順を決め、半ば運任せの方法に出ます。
そして残りの1枚は――
太一クンの狙いはハズれ、サーシャのほうが先に札を取れる状態になってしまいました。
しかし
DSC02427.jpg
ハズれた

サーシャの必殺技の完成度が低かったコトが幸いし、太一クンの勝利で幕を閉じました。

さて太一クンの要求は当然肉奴隷部員になってもらうコトでした。
DSC02428.jpg
勧誘

太一クンはサーシャと千歳の意地の張り合いなどどこ吹く風で、サーシャを強引に入部させてしまいました。

高校に入学したばかりの頃。
かるた同好会に入った千歳ですが、先輩は皆引退してしまい、部員は千歳1人。
サーシャと千歳は共に意地っ張りなので、喧嘩別れしたのが尾を引いて素直になれず、仲直りなど程遠い状態でした。
そんな中に割って入った部外者(太一クン)のおかげで、少しは雪解けになったのかな、と。
DSC02429.jpg
後悔する2人

誰も同好会に入ってこなくて1人で練習していた千歳と、同好会に入らず1人で練習していたサーシャ。
DSC02430.jpg
雪解けの第1歩

1人で練習するのはつまらない。
だから一緒にかるたをやろう。という感じで仲直り?したトコロで次回へと続く!


[感想とか]
とりあえず、最後数ページの演出はイイですね。
特に最後のページの、川の中で花と花が寄り添うシーンで、詩が流れるシーンはスゴい好きです。
サーシャと千歳の仲直りを演出するのに相応しい描写と言えるのではないでしょうか。


さてコレで職域のメンバーが決まった訳ですが、太一クン以外は皆女性。
くぅっ、なんて羨ましい状況なんだ、太一め。
ここらで、男キャラの1人も必要なのではないのか?
腐女へのアピールの為太一クンと千歳が接近する為にはライバルが必要!
千歳のライバルはサーシャで確定なので、今度は太一クンのライバルを!
当然千歳にモーションをかけまくって、千歳を巡ってサーシャと対立!

…。

……。

アレ?当初の予定と違ってる!?


さて次回から職域シリーズに突入するのかな。
基本的に相手も5人なのだから、新キャラ大量投入ですね。
竹下氏に遊び心が出れば過去作品のキャラを使うコトもあり得るので、結構楽しみだったりします。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”史上最強の弟子 ケンイチ”24巻 ”美少女いんぱら!”第17話感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する