い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2019/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/01
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2007/03/21(水) 18:25 コミックレビュー
”風雨来記2”のサントラは3/28発売予定。公式サイト上での通販のみ!
”かるた”のコミック第1巻は4/6に発売予定。たぶん発行部数はかなり少ない。

と、無意味に好きな作品の宣伝をしたトコロで、本日紹介のマンガはこちら。

GRANDEEK ReeL
集英社刊/桜瀬琥姫氏


[あらすじ]
武具に宿る精霊(シオグ)の姿を見、声を聞く能力を持つ少女・ティーア・オルブライアント。
伝説の妖刀グランディークを相棒に世界一の武器を探す旅をしている。
旅の途中で訪れた街で、武具に宿る精霊の助けを求める声を聞いたティーアは、精霊を助ける決意をするが―――。


[ストーリー補足と感想とか]


――其れは 雷より生まれし異形の剣――
――その刀文 雷光煌く 暗雲の如し――
――グランディーク――
――世界の終焉を詠う 暗黒の雷神――
 

ストーリー補足とは言っても、この作品のストーリーをどうやって説明したらいいモノか。
カンタンに流れを説明すると、ティーア、精霊の声を聞く→助けようとして厄介事に首を突っ込む→なんやかんやで解決。というのが基本の流れというか。
事件を解決する毎に仲間が増えたり、精霊の宿った武具が仲間になったりするのはお約束かな。
1巻では殺し屋ルークの話と、呪われた氷神の鎧の話、それから聖騎士エヴァンの話の(たぶん前編)が収録されています。

1つ1つの話は単独だけども、大きな事件の幕開けと言うか、壮大な出来事の断片が小出しにされている感じがありますかね。
まぁ、解り難いと思いますがそんな感じのマンガです。


まぁ、とりあえずティーアがカワイイし、ティーアとルークの会話は漫才みたいで面白いし、普段はどこかヌケてるティーアだが戦いになるとカッコいいし、グランディークはどうやって鞘に収まっているのか謎だし、鎧の精霊・フォルティーナが結構イイ味出してるし。
何といっても重要なのが、続きが気なるんですよね、このマンガ。

という訳で、個人的には結構注目しているマンガの1つです。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:4   トラックバック:0
”雨格子の館”途中経過Part.3(そしてたぶん最終回+ワンポイント攻略メモ付) 「サンデーGX」4月号感想
コメント一覧
Hiyuki
この記事を見ながら思わず
「シャーーーーーッス、集英社グッジョブ!!!」と心の中で絶叫しました。(意味不明)
正直再開(というか新装開店)してくれるとは夢にも思わなかったので非常にうれしいです。
ウルトラジャンプはチェックしていたのですが、ウルトラジャンプはおまけが多くてどこもラップとか紐とかついていて立ち読みできないことから全く知りませんでした。
桜瀬琥姫さんはゲーメストの投稿時代からファンで、初の長編漫画ということで楽しみにしていた矢先に打ち切りだったので非常にショックでした。
なので、再開は非常にうれしいです。話が前とは異なるようですが、見るのが逆に楽しみです。
うれしいニュースをありがとうございました。
URL 【 2007/05/17 20:07 】 編集
名無しG
>Hiyukiさんコメント有難うございます
実は今回が初で前のバージョン知らなかったりします
この作品の紹介を書いている時に偶然知ったくらいです
前回のコミックは何処にも置いてないし…
とりあえずこの作品を楽しむコトにします

>ゲーメストの投稿時代からファン
すごい年季入ってますね
私は桜瀬氏は何かのゲームで知りました
”アトリエ”シリーズの何かだったと思います
URL 【 2007/05/18 04:37 】 編集
Hiyuki
お早いお返事ありがとうございます。
>前回のコミックは何処にも置いてないし…
BOOK ○FFなんかの100円コーナーに結構あります。
画を比較したりするのもおもしろいかもしれませんね。

ゲームは「マリーのアトリエ」ですね。キャラデザインがこの人だったので買いました。PSもこのゲームのために買いました。(セガ派だったので)
ゲームも意外とおもしろく、次回作を期待していたらいきなりキャラクターデザイナー変更で意気消沈。
サターン版が出たこともあって、PSごと売っちゃいました。
URL 【 2007/05/18 20:27 】 編集
名無しG
>Hiyukiさんコメント有難うございます
近所の古本屋には置いてないですね
ネットで買うかな…
とりあえず気長に探してみます

このゲームの為にPS買ったんですか
中々スジが入ってますね
URL 【 2007/05/19 08:01 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する