い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2020/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2007/03/31(土) 07:07 ヤンキンアワーズ
”グローランサー6”が6/21に発売予定。
前作での失敗感が記憶に新しいダケに不安感はあるモノの購入予定。
と、同時に”スパロボOG”も6/28に発売予定だとか。
連続して出るなよ。8月くらいまで延期してろよ。もしくは4月中に出せよ。全く…。


さて「ヤングキングアワーズ」5月号の感想といきましょうかね。


[惑星のさみだれ]
はい。という訳で白道姐さんのキャラ掘り下げの回でした。
もうね。扉絵でお腹いっぱいです。

さて、白道姐さんの隠された趣味がイイ感じ♪です。
生きていれば半月と話があったと思われます。
しかし、「レイヤー=コスプレする人」と聞いて夕日が妄想した白道姐さんの格好を見るに、我々と一般人との意識の差を痛感させられます。
さらに白道姐さんとシアとのヤリトリもかなりのツボです。

白道姐さんの剣の師匠も、何やら訳アリっていうかタダモノではなさそうな雰囲気を醸し出しているし、白道姐さんの掌握領域の特性の一端が出たりとミドコロの多い回ですな。

しかし圧巻は何といっても白道姐さんとシアの出会いでしょう。
ボケボケしている様でも、真に芯が強くて物事に動じない様は本当の意味での強さを現しているのかもしれません。
死ぬ覚悟がある。だからこそ精一杯生きようとする。彼女の強さはここにあるのだな、と。
夕日とノイの出会いも相当なモノでしたが、白道姐さんとシアとの出会いもかなりのモノですな。

しかし。白道姐さんは夕日に脈アリとみて間違いなさそうですね。
クッ、夕日のヤロウ!


[ワールドエンブリオ]
あー。
やっぱり忘れるダケではすまないのか。そりゃそーだわな。
棺守化した人間の記憶はなくなるとはいっても、その記憶が自分の人生の大半を占める場合、自分が自分でなくなるってコトですものね。
こういう設定(記憶を無くす)の話は何度か読んだコトがあるケド、こういう設定(記憶が無くなったコトによる自我崩壊)は初めて見た気がするなぁ。ある意味、盲点だったのかも。

最後は学園内に棺守が入り込んでいるケド、まさか結衣なんてコトはないと思いたい。


[エクセル・サーガ]
通算で何度目かのメンチ主役の話。
ある意味、このマンガにおける清涼剤なので定期的にやってもらえると有難いなーとか思ってみる。

照葉エクセルに遭遇したときの見開きで描かれているメンチの描写は見事としか言い様がありません。
メンチの、どうするコトも出来ないほどの恐怖感がよく現れています。

後、エルガーラの堕ちっぷりは、悲壮をブッちぎって笑いの域にまで昇華されているのが見事です。


[それでも町は廻っている]
料理のさしすせそ…
さ…砂糖
し…しょうゆ
す…酢
せ…せうゆ(しょうゆ)
そ…ソイ・ソース(しょうゆ)

こういうセンス、スゴい好き。
「なんかしょうゆ多くね?」じゃねーよ(笑

真田の感想もまたイイ味してる。
「すごいな…。食べる前からまずい。白と黒で…、まるでお葬式だ」
どんな味なのかがよく伝わってきます。

メイドだからメイ丼。しかし迷丼・冥丼・ハルマゲ丼。言い得て妙だ。
そんな葬式丼をベースに旨い料理を作れるタッツンは素晴らしいですね。しかしタッツンドーフって!
真田に褒められた時の表情もイイ感じにヤバい。

紺先輩の「天は何物を~~」の代償は解ったが、その代償と引き換えにしてすら何も得ていない自分(歩鳥)はどうなんでしょうか。


[特務戦隊 伊吹]
あぁ。この作品は伊吹が出演しないとこんなに面白くなるのか。
私としては優羽が主人公でもいいんですがね。っていうか、ソウであって欲しい。

企業と自衛隊…
ドッチが「マシか」という不自由な2択の気がするんだよな~~。「ドッチが良いか」ではなくて。


[夢のアトサキ]
やまむらはじめ氏は、ヘンにファンタジー要素なんて入れずに恋愛マンガを描けばかなりのモノになるのになー、と思わずにはいられない一作です。
いや、ファンタジーがつまらないのかというとそんなコトはないのですが。

しかしこの2人は何度話を重ねても1歩も進展しないな。


[聖乙女学園血風録]
今回のサブタイ。「バレーの乙女様」…。
いや、最近の某マンガを読んでいると、いつこんな展開になってもおかしくないので…

しかしことりにしろ美夜子にしろ負けず嫌いですね。
美夜子はツンデレの気があるし…。最後のはユリフラグですか?


[恐怖の宴]
最後のおかしくないか?
何で△ダケ、死んだときの格好じゃなくて死亡原因の形なんだよ?


[コンビニDMZ]
おぉーーっとぉ。
前回のおしゃれスナイパー、死んでいませんでした。
ストーカーっぷりがヤバいレベルで進行中の様ですな。
でもなぁ。雨宮さんはカワイイからなぁ。気持ちは解る。
でもマネキンでのアレは解らない。


[アワーズホットライン&予告]
さて1年間のキャラ人気投票発表ですが…

1位…ロック
読んでないし。

2位…エクセル
この作品だと美咲が1番好きだし。

3位…アーカード。
基本的に読んでないし。(途中までは読んだが止まっている。

6位…まや
確か1年間出てないと思ったが、この根強い人気は何なんだ?成沢はどうしたんだ?

後、”HELLSING”勢はランクインしすぎ。


つ・い・に!
「アワーズ+」最新号が4/18に発売予定。
11月以来の発売か。長かったな…
でもなんか、最終号っぽい雰囲気が漂っているのは気の所為ですかね?
終わる作品が多すぎて。2作品が一挙2話掲載で最終回とか、ねぇ?


次号から森見明日氏の新連載が開始。
スゴい楽しみだ。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
3/31放送の”エンタの神様”の罵詈雑言 ”学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD”2巻
コメント一覧
ケント
惑星とナポレオン本命でアワーズを買ってる気がする(´・ω・)
数年前まではほどよく全部読めたのに最近は好き嫌いがはっきりしてきたかも・・・
ジオブついていけねー(つωT)

森見明日先生は大好きですよヾ(´・ω・)ノ
URL 【 2007/04/03 00:47 】 編集
名無しG
>ケントさんコメント有難うございます
私も”ジオブリーダーズ”はよく解りません
はやいトコ現代に戻って欲しいなー
とか思ってます

私も森見氏は好きです
新連載が楽しみでなりません
URL 【 2007/04/03 23:12 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する