い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/04/03(火) 23:02 コミックレビュー
さて本日紹介するマンガはコチラ。
ヒメヤカヒメサマ
メディアワークス刊/原田将太郎氏


[あらすじ]
安土ツカサは高校デビューしようとハリキっていた。
しかし登校初日に出会った女の子・響カタナの下僕にされてしまう。
響カタナの目下の野望は学園を支配するコト。
学園に悪の秘密組織「征服部」を作って学園の支配に精を出す!


[ストーリー補足と感想とか]
征服部鉄則3ヶ条
1…カタナ様こそすべての支配者!
2…カタナ様に絶対服従すべし!!
3…カタナ様に逆らう者には死を!!!

我らの目的は…

この学園を3年以内に名実ともに征服…支配することにある!


友情、部活、そして恋…
夢いっぱいの高校生活を夢見る安土ツカサ。
そんな彼の高校生活は1人の人物によってアッサリと壊された。
その人物が…

DSC02506.jpg

響カタナだ。
何でも戦国より続く由緒正しき血筋の末裔らしい。
そして学園の支配を目論んでいる。

ふとしたキッカケでカタナに目をつけられたツカサはムリヤリ下僕にされてしまう。
しかしこのカタナはお嬢様のため、世俗の知識に疎くてソレが原因でドタバタ騒動を引き起こす。
態度は偉そうなんだケド、見た目や行動のカワイさも相まって、クラスメートにはまるでペットの様な扱いをされていたり。
そんなツカサの学園生活を綴ったマンガですね。


このマンガはキャラクターが多いのですが、皆一様に魅力的なのもまたイイ感じ♪です。
一例を紹介すると

カタナの従者の風吹さやか。
DSC02507.jpg
「ふぶきさやか」と読む

このマンガではダントツの変態です。
さやかは主であるカタナにただならぬ欲情を持っています。
DSC02513.jpg

完全にヤバい人です。でも見ていて楽しいです。
後、このマンガキッテの巨乳でもあります。


続いて悠里カミエ。
DSC02508.jpg

コッチもまたさやかに匹敵する変態です。変態っていうかユリです。


それから望月りりか。
DSC02509.jpg

ツカサ達、1年6組のクラス委員長です。
素直で優しい人気者。
頭につけてるカチューシャがポイント高いです。


続いてコダマ・タチバナ。
DSC02511.jpg
よく言った!

この学園の学園長です。
面白そうなコトに目が無く、学園祭でバンドが禁止されると自らバンド演奏をやってステージの廃止を撤回させちゃうような行動派。
征服部を認証したのもこの人です。


最後は1年6組の担任・綾瀬川優奈。
DSC02514.jpg
メールの擬音は「めるめる」

新婚さんで、ダンナとのメールにハマったメール中毒者。
基本的には何もしない。授業もやらない。メールしかしない。
もはや教師じゃねーよ!ってツッコミは無しで。
そんな彼女が征服部の顧問です。たぶん何もしません。


ちなみにココで紹介したのはほんの1部です。
他にも征服部のライバル・防衛部などがいます。皆、魅力的です。


さて、カタナですが、ツカサに対する心情はどうなのでしょうか。
ハッキリいって微妙です。ツカサは下僕はいやだ。といってはいるモノの、カタナをカワイイと思っているのは事実。
何だかんだいいつつもカタナに惹かれてはいる様です。
しかしカタナの方は微妙。
ツカサが他の女の子の頼み事を聞いているのを目撃すると
DSC02512.jpg

こーんな感情が湧いてはきますが、妬いてるのかな?
額面どおりにも受け取れるしなぁ。私には判断付きません。

他にも
DSC02510.jpg

こーんなシーンがありますが、この後に壮絶なオチがつくし。
でもツカサのコトを特別視しているのは間違いないです。


さて。
このマンガは、主にツカサの下僕っぷりと、カタナの偉カワイイっぷりと、さやかの変態っぷりとを楽しむマンガです。
次巻からは征服部対防衛部もあるかもしれません。
ツカサは自分の不幸さ加減を嘆いていますが、何だかんだいっても女の子に囲まれているという羨ましい状況なのはお約束です。
あまり深く考えずに楽しんで読めばいいかと思います。そんなマンガ。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”でぃ・えっち・えぃ”1巻 まとめてコミックレビューVol.3
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。