い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2021/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2022/01
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2006/03/10(金) 18:31 コミックレビュー
ちぇんじ123

秋田書店刊/原作:坂口いく氏/画:岩澤紫麗氏

[あらすじ]
特撮ヲタ少年・小介川が恋をした女の子・月斗素子。しかし素子は多重人格者だった。
ひびき・ふじこ・みきりの3人で通称ひふみ。素子がピンチになると現れて大暴れ。
平穏な生活を望む素子と、素子に恋する小介川の物語。そんなマンガ。


[私見]
この話のヒロインは基本的に1人なのですが、多重人格という事で4人の異なったキャラがあるので1粒で4度おいしい感じです。
主人格の素子は引っ込み思案のおとなしいキャラ。
ひびきは男勝りの大胆なキャラ。
ふじこはクールで大人な感じのキャラ。
みきりは無邪気なキャラ。
と、各種そろっています。

で、個人的にこの話の面白いところは、素子は神無弥に恋をしているが、ひふみはそろって小介川に気があるところです。同一人物なんだけど、三角関係という。その関係がいい感じ。

素子はトラブルに巻き込まれる能力が発達しているので、毎回トラブルに遭遇し、その度にひふみが現れて爽快感抜群の解決し、そして素子が悩む、という話。

女の子のアクションシーンが好きな方にオススメのマンガです。現在2巻まで発売中。


私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:3   トラックバック:0
3/11放送の”エンタの神様” ついつい、やってしまった事
コメント一覧
Dr.フェネック
おはつです
多重人格って設定まほらばとかにもあったよーな
(多重人格でサイコを思い出すのは私だけでしょうか)
んじゃ、またきます
URL 【 2006/03/10 20:24 】 編集
T@
表紙見てエロかと思いましたが違いますね(勘違いなワテクシ)

ワテクシも『サイコ』を思い出しますね、ちとぐろいですけど

ではでは
URL 【 2006/03/10 20:26 】 編集
名無しG
>Dr.フェネックさんコメント有難うございます
”まほらば”は知っています
ヒロインが多重人格者だったのかな

”サイコ”も知っています
これはタイトルに多重人格ってついてますからね

>T@さんコメント有難うございます
たしかに表紙だけなら勘違いしてしまいますね
中身もちょっとえっちぃですよ

たしかに”サイコ”思い出します
ただ途中までしか読んでないんですよ
URL 【 2006/03/11 00:01 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する