い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/08
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/04/20(金) 04:55 その他のマンガ
さて今週もやってまいりました”かるた”レビューの時間です。
毎週毎週、私のバカレビューにお付き合いいただき、感謝の嵐でございます。
という訳で「週刊少年チャンピオン」21号の”かるた”のレビューといきましょうか。
今週は何と、最後にビックサプライズが用意されていました。
そちらも併せて紹介していきたいと思います。

本当にサプライズすぎました。


[感想バックナンバー]
1話/2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話

単行本1巻


[ストーリー]
さて職域は2回戦も佳境に入ってきました。
前回、鞍馬と対戦し、2連敗が確実な我らが太一クンは放っておいて、他のメンバーの試合風景を見ていきましょう。
まずはサーシャ。
強豪・大道大のメンバーを相手に善戦しています。
しかも由利子に促されて、取り方に名前がつきました。
DSC02594.jpg
野薔薇のリボン(レンタ・ス・シュパーミ)

よく解りませんがロシア語ですかね。
ロシア語なんてピロシキしか知らない私の語学力では判断つきませんが、間違いは無いと思います。
しかし薔薇ね。薔薇かぁ。サーシャにピッタリですね。
ってか、こんなトコロで”ギャンブルフィッシュ”とシンクロしなくてもいいのに。


さて、お次は宮原先生。
対戦相手は何と、1回戦で太一クンに苦汁を舐めさせた田亀さん。
DSC02597.jpg
宮原先生対田亀

宮原先生があまりにドンくさい為か、イキナリ講釈を始める田亀さん。
DSC02598.jpg
何?このカワイさは!

何かもう、宮原先生は素直というか。

そして試合再開。
田亀さんは自分の講釈を実践してみせます。
DSC02599.jpg
どーみてもセクハラにしか見えん

宮原先生の魅力にヤラれたのか、年甲斐もなくハッスルしまくる田亀さん。
宮原先生に讃えられてご満悦の様子です。
ところがいいトコ見せようと調子にのりすぎて腰痛を発して退場。
DSC02600.jpg
退場

棄権により、宮原先生、念願の1勝。
太一クンを破った田亀さんを破ったコトにより、宮原先生の実力は太一クンより上だと判明しました。(←えぇーー?


千歳、由利子も順当に勝ちあがり、2回戦終了時点で千尋高・大道大・東大が並んでトップです。

肝心の太一クンはというと。
DSC02602.jpg
太一クンのは?

鞍馬が語ってくれました。
DSC02603.jpg
大したコトない

新技を試していた為か、空振りとお手つきばかりだったと。
しかし何やら感じるモノはあった様で。
DSC02605.jpg
真実

「あんな事」というのは太一クンのかるたが邪道という話ですね。
実は鞍馬の口を借りた壬生先輩のお言葉でした。
ま、壬生先輩が直接言ってもムダだと思ったのでしょう。
わざわざ先輩の手間を煩わせても太一クンの力を高めようとする壬生先輩。
DSC02606.jpg
太一クンを認めている

何かもう、先輩というよりはお母さんですね。息子の成長を見守るお母さん。


という訳で、3回戦が始まりました。
と思ったのもつかの間。
DSC02607.jpg
太一クン、早々に退席

速攻で勝負を決めたのかと思いきや、相手は大道大の副将。
短時間で勝てる相手ではない。
まさか―――3連敗!?
千歳の頭を駆け巡る最悪のシナリオ。
DSC02608.jpg
フォローって言うか慰め?

そして、早々に勝負を決め、必死の思いで太一クンを探す千歳。
そして会場中を探し回った千歳が見たものは―――

昼飯のうどんを食って眠っている太一クンでした。
そんな太一クンを見て、気落ちしていると勘違いした千歳の行動は何と


DSC02609.jpg
えぇ?

ま、まさ…か…?



DSC02610.jpg
頭突き

キスに失敗し、頭をぶつけてしまいました。
コレは気まずい。気まずいコトこの上ない。
何やってるんだ、肝心なシーンで!

とか思っていたらホントに頭突きだった様です。
DSC02611.jpg
たぶん、誤魔化し

えーっと。
コレはアレだよね?叱咤?いや励まし?
どっちにしろ完全なフラグですよ、フラグ。
しかし我らが太一クンはそんなモノには気づきません。
DSC02612.jpg
仕返し

しかし太一クンの答えは全然別のモノでした。
DSC02613.jpg
2・3回戦は捨て駒

実戦で新技の特訓をしていたらしいです。
実に太一クンらしい考え方です。自分が負けたら予選で敗退するかも。という考えは微塵も感じられません。チーム事情など知ったコトではないと言わんばかりの傲慢さ。流石は太一クン。

そうまでして完成したのが―――

DSC02614.jpg
スレスレでの滑らかな取り方

千歳の頬には触れずに零れ落ちた涙のみをふき取りました。
コレが速さに結びつくのかは不明ですが。


さて。3回戦の結果は。
DSC02615.jpg
宮原先生、カワイイ

宮原先生勝利。由利子勝利。サーシャ敗退(相手は壬生先輩)。
何と宮原先生、勝利です。
1~3回戦の戦績。
太一クン→3戦全敗、役立たず。
千歳→3戦全勝。
由利子→3戦全勝。
サーシャ→2勝。
宮原先生→なんとビックリ、2勝。

宮原先生が意外にも2勝という快挙をやってのけました。
そして4回戦の相手は

DSC02616.jpg
東大チーム

何か、イキナリラスボスが登場したかの様な感じですな。
新技を引っさげ、気合充分で4回戦へと臨む太一クンたち。
目指すは打倒・鞍馬だ!

というトコロで次回へと続く。

次回へと続く!

次回へと…

次回へ…

次回……

次か………


ん?


DSC02617.jpg



おや?


DSC02617.jpg



第一部・

は?え?

終わり?え?ココで?
何でやねん!!!


[感想とか]
えー。
という訳で、コミック2巻は7/6発売予定です。

って、そうじゃなくって。
いや、もう。ホントに何の前触れも無い、突然の第一部・完に戸惑いを隠せません。
何?何で?
作者コメント
>しばらく修行してきます。応援ありがとうございました。

いつまでも待ってますよ。
いつまでも、ね。
今回のサブタイ「終わってないぞ!!!」というのは、このマンガが終わってないぞって意味ですよ、ね?
そうに決まってますよね。


さて、4回戦の相手は東大です。
鞍馬に宮原先生、壬生先輩に由利子を充てれば勝機は見えるかと思いますが、太一クンは納得しそうにないので
鞍馬対太一クン
壬生先輩対千歳
は間違いなさそうです。
予選でのカリは返せるか?


しかし千歳といい壬生先輩といい、太一クンは周りに良い人が多い。
ものすごく恵まれた環境でかるたをやっているというコトを改めて思いました。


まぁ当分は「週刊少年チャンピオン」を買うのは控えます。
しばらくは立ち読みで…


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
「サンデーGX」5月号感想 「アワーズ+」6月号感想
コメント一覧
Hiyuki
初めまして、実はかなり前から愛読させていただいております、Hiyukiというものです。
ただいま海外にいるため、貴重な娯楽&情報源とさせていただいております。
かるたの突然の第一部完は非常にショックです。
マイナーなかるたというジャンルをおもしろく書いておりこれから、というところだっただけに非常に残念です。
ただ、先日けんじろう氏のHPの日記の中に再開の可能性大のコメントが載っており、一安心しております。
また、名無しGの楽しいかるたレビューを見られる日を楽しみに待つこととします。
URL 【 2007/05/17 19:55 】 編集
名無しG
>Hiyukiさんコメント有難うございます
以前から読んでいただいていた
しかも娯楽と思っていただけていたというのは
嬉しい限りです

HPの日記を読んできました
打ち切りの経緯と再開の話は知っていたのですが
こうして正式に発表されると安心しますね

再開後はレビューを続ける予定ですので
ご期待?ください
URL 【 2007/05/18 04:30 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。