い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/04/21(土) 04:03 サンデーGX
前挨拶は特になし。
早速「サンデーGX」5月号の感想へといきましょう。


[コイネコ]
ナオの夢の話の続き。続きっていうか、夢だけど夢じゃなかった。

猫の歌は恋の歌。人間と猫。上手くいかない方が多い。
だから猫の歌は哀しい歌。
夜の街で出会った「もう1人のナオ」が歌っていたのは哀しい歌なのだろうか。
だから今のナオには歌えない。その歌が歌えるのはシンタと別れた後だから。
自分なりの歌を歌うしかない。ソレはきっと、幸せな歌なのだ。と信じたい。

で、折角の盛り上がりシーンが音痴によって台無しに。
今はまだ歌うときではないというコトか。


[神様ドォルズ]
作者コメント
>担当T様。先月の解説ページ、力作でありがとうございます。なんですが、私の中の玖吼理は子猫の様な印象のもので、あんなガラ悪くないんですけど…

さて先月の解説ページに不満がある様子。
で、今回も解説ページ付。今回のナビゲーターは暗密刃。
たぶん、次回の作者コメント。
「担当T様。先月の解説ページ、力作でありがとうございます。なんですが、私の中の暗密刃は狼の様な印象のもので、あんなツンデレじゃないんですけど…」
何?このツンデレっぷりは?


トランクス姿見られたくらいでガタガタ抜かしやがって。
同じくそんなん見たくらいで(以下略

しかしアレだね。ゲームやっている時の詩緒はカワイイね、うん。誰しも経験あるだろう?
落ち込んだ玖吼理も愛らしいな。

詩緒、今回の羞恥は…
恥ずかしい秘密を暴露される!でした。
もう真っ赤な表情が板についてきた感じですね。素晴らしい。


[Rec]
赤のお母さんって、ツン比率98%くらいのツンデレなんですね。
いやまぁ、こういうのにツンデレなんていう言葉を使うのは、我ながらどーにかしているとは思いますが。

しかし味でバレるって。どんな料理下手なんだ。松丸の表情が全てを物語っていますね。あの顔は見事です。

録音が成功した時の、あのコマはこの号最高のコマではないかと。
今までの、そして今の赤の想い全てが集約されている感じです。
その後のギクシャクした親子のヤリトリも、いいですね。そのぎこちなさが親子の溝の年月を感じさせますね。
その後のオチもしんみり感を吹き飛ばす感じでいい感じかな。ま、あまり湿っぽくなるのもね。ほどほどにって感じで。


[スピリチュアルぱらだいす]
という訳で小野寺氏の新連載です。

初登場でイキナリ履歴書コーナーに登場したりと、期待の高さを感じさせてくれます。
しかし
>男らしい!!惚れろ女ども!!
って、アホか!
さらに
>めがねっ娘アシスタント(視力0.3以下)大募集!!
やりたい放題ですね。

さて本編。「もう萌え作家なんて呼ばせない」「新境地へ」
などと煽っている割には、今までと然程変わってないですがな、作風。
そもそも萌え作家じゃなくってキ○ガイ作家という認識でしたがね、私は。

このマンガも基本的にはヒロインの○チガイっぷりを楽しむマンガになりそうだしね。
ヒロインがココまで強烈なキャラ性を放っていると、残りのメンツも相当でないと霞むね。たぶんそれぞれ、何がしかのヲタなんだろうけども、どうなるんですかね。
後はやっぱりメガネっ娘に注目でしょう。小野寺氏だし。


[ガールズザウルスDX]
ダブルデートはいいけれど、知立よ。オマエの想像にはツッコミドコロしかないよ。

遥って、いつもはダイタンな割には、変なトコロで乙女っぽいトコロがあるんだよね。
観覧車で記念写真撮りたいとか、カワイイですよね。
しかしまぁ、太っている時は重量オーバーで乗れなかったんだろうなぁとか思ってしまうケドもね。

最後のオチは…ご愁傷様。
遥と希のダメージは知立や荒畑に比べればどうってことなさそうではある。翼はユリとバラ、ドッチがショックだったのだろうか?


[新吼えろペン]
前回の続き。

炎尾よ。「よく見ると、やはり本物ではない!」「プロだから見分けがつくが、素人ならだませる!」
自分が1番にだまされたコトに関してはノーコメントですか?


[GXインタビュー]
小野寺氏のインタビュー記事。
心霊現象に遭われるのを楽しみにしてますよ(笑

しかし、この連載って”UFOおねぇさん”でやり足らなかったコトをやっている感じがしますなぁ。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
4/21放送の”エンタの神様”の罵詈雑言 ”かるた”第19話「終わってないぞ!!!」
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。