い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/06/01(金) 07:00 コミックヴァルキリー
竹下けんじろう氏の日記を読んだのですが、嬉しいニュースと、悲しいニュースが書いてありました。
新作読みきりの話と、”かるた”の再開がヤバいらしい話。
いやね、前者は楽しみだし紹介予定ではありますが、後者はどーにも悲しいばかり…
何とかならないのかな?移籍も含めて。


さて「コミックヴァルキリー」Vol.6の感想といきましょうか。
ただでさえ読むのに時間かかるのに、悲しいお知らせの所為でさらに時間がかかってしまった…


[感想バックナンバー]
Vol.1
Vol.2
Vol.3
Vol.4
Vol.5


[レッする!アイドル]
えーと。
つまりは、あの変態ロープ技を考えたのは名古屋市の沖山さんという方だというコトですかね。グッジョブ!


[フリージング]
ミヤビのアレな感じはちょっとやりすぎかも。

最後のブリジットがキレた描写はイイ感じかな。
なんかこう、迫力満点って感じで。


[星フル巫女]
えーっと。
次回敵の本拠地に乗り込むんですかね?
ラストが近いのかな?内容全く憶えてないケドも。


[エンドレスエデン]
エロディアの大技が炸裂しそうな展開だな。
どんな技なのか楽しみだなー。
「突風に気をつけろ」というセリフから、竜巻を起こす感じなのかな?


[たたかうおんなのこたち]
えーっと…

女の子がカワイイ!っていうのみで話を作りたければ、もう少し画力を磨いたほうが宜しいかと。
内容は陳腐としかいいようがないなぁ。


[タロットメイデンきさら]
風を操る魔法なんて。スカート捲るくらいしか役に立たないよ。チンカラホイ!ってね(違

シスターが敵の一味ってのは、傷がどーこー言う前に、線みたいな目が物語っていると思うのだがなぁ。
しかし、コレでもしミスリードだったら、このマンガはかなりのモノだと思うのだが。


[トクタイ]
前回(Vol.2)の時の感想。
>あまり好きになれない話です。
ま、そういうコトですな。

まぁ、でもこの作家さんが描く格闘シーンはサマになっていて好きですが。


[ブラッドクロス]
何がスゴいって、あいのスパッツから浮いて見えるス○マ○の描写に力入れすぎなトコロでしょう!
なんつー拘り!その描写ダケでイケますよ?(何が?

この作品なら連載で読みたいですねー。


[インフィニティブレード]
付録のポスターを見て再認識。あー、この作家さんはやっぱりイラストの方が合っているなー、と。

でもまぁ、第1回目に比べたら結構進歩はしているかも。よく憶えてないけれども、見にくさや読みにくさはなくなってきた感じかな。

あー、やっぱりこのマンガは痛めつけられるのか。
その部分ダケは好きになれないなー。


[NINむすっ!]
表紙の絵とマンガの絵が違いすぎないですか?
何ですか?表紙の絵ダケ気合入れすぎたか?

なんかこう、全体的に手抜きに見えるのですが。背景の白さが目立つし。絵が安定していない感じだし。


[戦うなぎさっ!]
何?さっきの”たたかうおんなのこたち”といい、雑誌的に4コママンガを投入しようとしてイロイロと模索しているのかな?
女の子の絵的なカワイさは認めますがね、内容は陳腐すぎるよ。
突拍子もないコトをやればいいってモノでもないと思うのでね。
4コマ目のオチさえしっかりしていれば、もう少しは評価できるのになー。というコトで。


[夢幻戦士ヴァリス]
精神的に最も強く結ばれていた者というのは、かなり残酷な設定ですなー。
今回は麗子が選ばれた様ですが、場合によっては母親とか妹とか肉親が選ばれても不思議ではないですからね。

湖に入っている優子のアングルはナイス!よく解ってらっしゃる。


[マガツキ ―鬼士剣塵抄―]
予告って…
休載と何も変わらないじゃないか。


[激論!コミックヴァルキリー]
この場で好きカッテ書いている私がいうのもナンですが、たくさんの意見があって面白いなー。
ドラマCDみたいなオマケで読者を増やすというのは、本末転倒っていうか、本来あってはならないコトだと思うんですがね。
個人的にはドラマCDなんかいらないし。聴いてないし。

アンケート結果(目分量)は面白い。
この雑誌って、男性読者が圧倒的なのですね、当たり前ですが。
後、この雑誌読者の多くが「チャンピオンRED」を読んでいる点も興味深い。あの雑誌って、この雑誌と似た匂いがあるんですかね、否定はしないけれども。
後は「ドラゴンエイジ」って、広い意味では角川系に含まれるんじゃないのか?
この雑誌を読む人間なんか、大半がヲタかマニアに決まってるんだから(決め付け)複数の雑誌を読んでいるに決まってる。


[進め!怪人クラブ]
修学旅行ねー。
って、怪人時にヤラかしたエロ画像をデジカメで撮影してたのか。って、そんな描写あったっけ?憶えてないし。

言い訳苦しいし。オッパイの成長でバレないって、考えられないし。


[BLANGEL]
何でこのマンガに出てくる男どもは揃いも揃ってロリスキーなの?
いたぶっているシーンはね、見ていられないからね。胸糞の悪さしか残らないからね。


[ディスバニッシュ]
休載のお知らせ。
本編よりもエロいとは何事か!


[触手姫]
サブタイ「おっぱいのメイドさん」とかいって期待させといて、この内容はないんじゃないの?

…といっておく。


[Dual Soul One Body]
元々よく解っていないのに、さらに解らなくなって来ました。
夢魔の魂とか二つの魂とか。何のことやらサッパリです。


[正義研究会セレナード]
新展開っつーか。
既に別のマンガじゃねー?

おぉーっとぉ。2話だかに登場したパンツ好きなミノタウロスが再び登場。期待どおりの活躍っぷり。ナイス!

変身シーンは気合入りまくりでイイ感じ♪
正義戦隊の変身シーンはダメダメだなーと再認識させられる。

しかし魔法少女よりも正義戦隊の方が力は上、と。
情けない魔法界の王女だなー、と思うと同時に正義戦隊の出所が気になってくるなー。

最初のシーンで白が「正義戦隊とは別口の話ですか?」みたいなセリフをいっていたが、マンガ内ツッコミかと思っていたので、ちゃんとした伏線だったのには驚いた。結構意外な展開だった…


[みこたま]
何かこう、戦いを乗り越えて絆が深まった。という感じのラストがスゴい好き。
恋→珠希フラグは期待してもいいですかね?


[Princess Master]
まぁー、最初からオチはよめてましたケドね。
でもさぁ、人気のある王子をエリサが知らないっていう設定にムリはないか?
借金まみれの没落貴族の家にメイドがいるっていうのもおかしい気がするなー。
武芸で花嫁を選ぶって、淑女の品格なんか微塵も感じられないのですが。
シャロンが決勝の相手ってコトに驚いているケド、エリサは他人の闘いを観戦していないのか?
仮にも一国の王子がイジメられている状況が理解できないし。

…と、あらかたツッコミを入れておき。
画力は相当なモノがあるので設定さえ出来ればかなりのモノになりそうではあるかなー。
設定を気にしなくてすむエロマンガでも描いてみてはいかがか。
あ、シャロンの服が破れたシーンはイイ♪のですが、もう少しこう、恥ずかしがる描写が欲しかったかな。


[未来戦士プリティミラージュ]
という訳で最終回。
いままで頑なに乳首描写をしてこなかったのに、最終回で描きやがったよ…。最後まで貫き通せよ。

プリティの父親には驚かされた。


[GUNNER QUEEN 復讐の女王陛下]
何か重要な話をしているね。
法術で数少ない一部の特権階級が支配する世界もどーかと思うが、科学が蔓延し誰もが力を使えるようになると余計にヤバくなるしね。
難しい問題だね。

敵のゾンビがエロいのは敵の司令官がエロいから?


[御剣ハルカ危機一髪!]
ふむ。
U・U・Bね。
そりゃもちろん女子部門…

といいたいトコロではありますが、ココは動物部門で。

ところで、男子部門に女子の参加が認められたとかはいいよ。でもさ、優勝すれば世界最強とかいっているケド、真に最強を目指している人は動物部門にエントリーするだろうから(真のアホかもしれないが)最強ではないわな。


[最後に]
今思い出したんだケド、”メガ・ミックス”って打ち切りになったのかな?休載告知がないんだけど。


そして!悲しいお知らせが。
DSC02781.jpg
訃報

柴山薫氏がお亡くなりになったそうです。
柴山氏といえば”爆骨少女ギリギリぷりん”というマンガがあって、アレは少年時代の私の心に何かを刻み付けた作品でした。
”ライバル”というマンガは熱く、面白いマンガでした。
その後はエロ転向し、何作か世に送り出し、そうしてこの雑誌で”夢幻少女ドリマーエンジェルズ”を連載していました。
作品もこれからという時に残念でなりません。
カワイイ女の子と、変態チックなシチュエーションと、良質な恋愛シーンとを融合させた作風がスゴい好きでした。
心からお悔やみ申し上げます。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「ヤングアニマル嵐」No.7感想 「ヤングキングアワーズ」7月号感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。