い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/06/05(火) 12:07 コミックレビュー
さて、大方の予想どおりだと思うのですが、”ロザリオとバンパイア”の重大発表というのはアニメ化でした。
雑誌では必死に隠していましたが、あまりにあからさますぎて、実は「週刊少年ジャンプ」への移籍かと思ったくらいです。某クソマンガを打ち切っての。
まぁ、その方が嬉しかったのですがアニメ化でした。

という訳で本日は”ロザリオとバンパイア”9巻の紹介。

ロザリオとバンパイア
集英社刊/池田晃久氏


[作品概要]
妖怪だけが通う「私立陽海学園」に手違いで入学してしまった人間・青野月音は、バンパイアの美少女・赤夜萌香と親しくなりたいが為に学園に残るコトに。
正体が人間だとバレると殺されるので、正体を隠して学園生活を送る。
しかし、事有る毎にトラブルに巻き込まれる月音たち。
そして、「はぐれ妖」のグループに目をつけられ、襲われる月音。
そんな中、萌香の血を注入され仮初のバンパイアになった月音。
そして―――


[参考記事]
6巻の記事
7巻の記事
8巻の記事


[9巻の内容]
さて前巻のあらすじですが、敵の罠にはまり萌香と月音は離れ離れになってしまった!
萌香なしで反学派のボスと戦い、苦戦する月音達。萌香は萌香で別の敵と戦うが封印をされたままで苦戦。しかし月音を守る為に命を懸けて封印を解いた。

って辺りまででしたっけね。

そんな訳で、敵ボスに苦戦する月音達の元に萌香が駆けつけます。
DSC02788.jpg
真打登場


学園に恨みを持つボスは学園の破滅を願って、学園の結界を破り学園を人間界に出現させようとします。
DSC02793.jpg
学園が人間界に

萌香とボス。最後の戦いが始まる――


戦いの展開は割愛します。
ま、結局は萌香が勝つわけですが、結末はご自分の目でご確認下さい。


さて戦いも終わり、学園に(一応)平和が戻ります。
戦いの連続で忘れてしまったかもしれませんが、今は学園祭の話なんです。学園祭。
という訳で、戦いの後はいよいよ学園祭編に突入します。


学園祭初日。
萌香と月音は目いっぱい楽しんでいた。
出店を堪能する2人。そして――

DSC02804.jpg
萌香の誘い

夜、一緒にいたいと誘う萌香。
ココに来て、イッキにラブコメ展開になってきました。
やはりこのマンガはバトルよりもラブコメ路線でいくべきですよ。
しかし、月音ラブな女の子は萌香1人ではない。当然の如く邪魔がはいる。

まずは雪女のみぞれ。
今日は学園祭というコトで、みぞれのお母さんが来ています。
DSC02805.jpg
みぞれのお母さん


しかもみぞれは月音を恋人だと紹介したから、さぁ大変。
みぞれのお母さんは月音が大層気に入ったらしく、みぞれとの結婚の日程を聞いてくる始末。
みぞれのお母さんに月音のストーカーとして紹介された萌香はイライラしっぱなし。


続いて現れた邪魔者は胡夢。
こちらもお母さんが来ていました。
DSC02798.jpg
胡夢のお母さん

しかも胡夢はみぞれを上回っていました。
月音を自分の婚約者だと言っていたのです。
さらに萌香のコトは愛人扱いしていました。
萌香のイライラは募るばかり。

そんなこんなでみぞれと胡夢の間で月音の争奪戦が勃発。
イライラが頂点に達した萌香はその場を逃げ出してしまいました。


萌香は子供の頃から憧れていたのだ。誰かと一緒に過ごす祭りの夜に。
だから。月音を誘ったのだ。ただ祭りの夜を一緒に過ごしたかった。好きな人にそばにいて欲しかったのだ。
ただそれだけだった。
しかし、その願いは打ち砕かれた。傷心にくれる萌香。
しかも間の悪いコトに

DSC02799.jpg
悪漢、登場

ガラの悪いOBにつかまってしまった萌香。
バンパイアヴァージョンならいざしらず、普段の萌香は力がない。
この男を撃退する力がないのだ。萌香ピンチ!


さてこの話の結末は自分で確かめてね。


この巻収録の最後の話は月音の従姉が学園に来てしまう話。
月音にとって姉の様な存在の従姉、響子。
響子は学園が地図に載っていないコトや、住所がデタラメであるコト等から、学園を怪しんで、月音を連れ戻しの来たのだ。
DSC02800.jpg
響子

ココは妖怪の学校。周りは妖怪だらけ。バレたら強制送還。
学園に居続けたい月音は必死に誤魔化そうとするが…

という話ですね。
例によって結末はご自分の目でお確かめを。
とはいってもこのエピソード、次巻に続くんですけれども。


[感想とか]
まぁ、とりあえず、みぞれと胡夢のお母さんはヤバいですね。
2次元お約束の、高校生の娘がいるとは思えないお母さん。
性格的にはみぞれのお母さんがイイ感じ♪です。
圧倒的な迫力を持って、月音にみぞれとの結婚を迫るシーンなんか、サイコーですね。

やっぱりこのマンガはドタバタパートが面白いです。
月音の従姉・響子が来る話も面白くて好きですね。
必死にヒミツを隠そうとするんだケド、こういう時に限ってトラブルが発生するのはお約束。
そのコメディっぷりが見ていて楽しいですね。

さらに
DSC02802.jpg
フラグ?

こんな状況になったりしてね。
ちょっと天然系な感じで、今後に要注目!です。


[恒例のパンツ話]
さて皆様おまちかね。このマンガのパンツの話といきましょうか。
相変わらずこのマンガにおけるパンツの確率は胡夢が圧倒的に多いです。
胡夢のパンツばっかり描かれるのは、胡夢がオイロケ担当っていうかヨゴレだからですかね。
まぁ、だからこそ、たまに描かれる萌香のパンツは価値があるのですが。
例えば
DSC02791.jpg

このシーン。
この角度でパンツが見えないっていうのはちょっと致命的。
相変わらずキック時はパンツが描かれません。厳密に言うと描かれてはいるみたいですが、影でよく見えないんですね。よーく観察するとうっすらと確認できますからね。何やってるんでしょうね、私は。

そんな9巻。萌香のパンツがハッキリと確認できるのは
DSC02795.jpg

ここくらいですね。
何必死になってパンツ探しているんですかね、私は。アホですね。


[オマケに関して]
巻末のお決まり、4コママンガ劇場は胡夢とみぞれの両親子の話。
それぞれ娘を月音とくっつけたくて母親同士の争いが勃発!?
しかし当の月音は…

っていう感じの話です。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”Snow in the Dark 叶泰弘短編集3” 6/2放送の”エンタの神様”の罵詈雑言
コメント一覧
Hiyuki
どうも
従姉が来た話までは、雑誌で見てたんですが、後の続きが気になります。

アニメ化だと、どうなるんでしょうか。当然深夜帯でしょうけど(^^ゞ
月刊ジャンプは結構アニメ化されているのが多いのに休刊は惜しいですね。
月刊が苦しいとなると次は季刊でしょうか?
このまま立ち消えは非常に惜しい漫画がたくさんあったので、再開を願っております。
URL 【 2007/06/08 19:06 】 編集
名無しG
>Hiyukiさんコメント有難うございます
私は単行本で追っているので続きを知りません
同じく気になります
10月発売予定だそうです

「月間ジャンプ」の休刊は残念ですね
ただこの作品を含め数作品は新雑誌に引き継がれるとのコトです
ただ最終号でほとんどの作品は終わってしまいましたが…

新雑誌は「サンデー超」の様に隔月刊かもしれませんね
URL 【 2007/06/09 05:43 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。