い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/03/16(木) 03:17 ゲーム全般
という訳で、本日”FF12”が発売します。
それを記念しまして、私の”FF”の思い出を語ってみようかと思います。
唯、以前書きましたが、私は3と5と6しかプレイしていません。
2もやったのですがクリアしてないので除外します。


[3の思い出]
”FF”シリーズでは1番思い入れが深い作品ですね。
私はこのゲームをプレイした時はまだまだRPG初心者で、その上説明書が無い状態でプレイしたものだから、そうとうに苦労しました。

このゲームの戦闘には前列と後列というものがあり、簡単に説明すると
前列→直接攻撃の命中率・ダメージが高く、敵の直接攻撃のダメージがでかい。戦士系ジョブ向け。
後列→直接攻撃の命中率・ダメージが低く、敵の直接攻撃のダメージが少ない。魔道師系ジョブ向け。
となる訳ですが、そんなことは知らず、全員ずっと後列で戦ってました。
これが原因でかなり苦戦したし、全滅を繰り返しました。

また、このゲームは凶悪なダンジョンが多いのです。
序盤に小人状態でクリアしなければならない神殿があります。小人状態だと、魔法でしか有効なダメージが与えられないのです。しかし魔道師系は直接攻撃に弱い上に、小人なもんだから死に易いので苦労しました。

あとは古代遺跡も忘れることができません。このダンジョンは「暗黒剣」という種類の武器以外の武器で直接攻撃をすると分裂する敵ばかりが出現するのですが、この時点では「暗黒剣」の入手が不可能なのです。どうしろっつー話ですよ。
まあ、魔法主体でいくのですが、このゲームは魔法が回数制の上、魔法の回復アイテムが希少なので(なにせ、店で売っていない)途中で魔法が尽きる訳です。しかも、敵から逃げる確率が低いのでどうにもなりません。苦労するためのダンジョンです。

そして極め付けがラストダンジョン。ここはどんなに頑張っても、クリアするのに1時間30分かかります。しかも、今のゲームの様に途中にセーブポイントなんてものはありません。
ラスボスで全滅したら最初からやり直し、です。また1時間以上かけて突き進むのです。
ちなみに私はラスボス(と、その周辺)で4回全滅しました。

かなりつらい思い出が多いこのゲームですが、だからこそ思いいれも深いゲームになっています。
唯、このゲーム、裏技があってそれを使うと難度が激減するんですよ。それもまた良い思い出。

[5の思い出]
これはアクティブバトルが新鮮でした。また、ジョブチェンジシステムが面白かったことを覚えています。

このゲームを語る上で忘れてはいけないのがギルガメッシュです。あの熱い男のエピソードはイイですね。コイツの最後のイベントは涙なしには見れません。

このゲームはやりこみ要素もあって、私がやったのが
・全員全ジョブマスター
・青魔法コンプ
・宝箱回収率100%
ですかね。
ほかにも低レベルクリアとかあるみたいですが。

このゲームは、今ではお約束となった、ラスボスより強い敵が(たぶん)初めて登場した事でも有名です。
特にオメガはラスダンをノコノコ歩いていて、「よし、かるくブッ倒すか」なんて気持ちで戦闘すると、10秒で返り討ちに遭います。大半の人はこの経験があるかと思います。

[6の思い出]
私はこのゲームの主人公はロックだと思っていたのですが、本当は主人公は存在せず、全員が主人公らしいです。でもまあ、ロックが1番好きですね。

さて、このゲームはクリアしたのですが、たった1回クリアしただけの上、やりこんでないので、あまり思い入れが無いんですよ。印象に残っている事といえば、セリスのオペライベントと、ケフカの壊れっぷりくらいで、内容もあまり覚えていません。

唯1ついえることは、結局ロックはティナとセリス、どっちを選んだんだ、コノヤローってことくらいですかね。え?違うの?

[その他のどーでもいい思い出]
実は私、「週刊ジャンプ」の懸賞で”FF7”が当たったのです。
ところが当時、3D(ポリゴン?)になった”FF”に興味が無かったのに加え、PSを持っていなくて、発売日前日に届いたソフトを発売日に売りました。
横で小学生とおぼしきガキンチョが”FF7”買っているのを横目に、(たしか)4000円くらいで売り払いました。

さて本日は”FF12”の発売日ですが私はたぶん買いません。買うとしても中古待ちですね。

私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”Happy World!”10巻 ”ツギハギ漂流作家”第6話
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。