い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/08
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/01/28(土) 03:07 コミックレビュー
「ヤンジャン9号」の”華麗なる食卓”の結維がヤベーーー!!ヤバすぎるくらい可愛すぎるーーー!!萌えーーーー!!
はっ。すみません。あまりのヤバさに取り乱しました。さて気を取り直して閑話休題っと。


それ町
少年画報社刊/石黒正数氏

”それでも町は廻っている”1巻レビュー。

[あらすじ]
下町・丸子商店街にあるメイド喫茶「シーサイド」。そこで働く主人公・嵐山歩鳥。商店街を舞台とした日常を描くドタバタコメディーです。なお、メイドではあるが萌え要素は少なめです。過度の期待はしないで下さい


第1話
主要人物のキャラ紹介の第1話。歩鳥をドジメイドにしようとするトシ子がウケる。さらに真田が常連としるやいなや、バイトを開始するあたり分かり易すぎで可愛い。

第2話
最強教師・森秋先生登場。ドジ萌え攻撃でメイドを認めさせようとするも、説教くらうあたりが大ウケ。森秋先生が出る回はいつも面白いので好きだ。

第3話
恋と貧乳に悩む歩鳥がイイ。しかしトシ子→真田→歩鳥→森秋か。誰一人として報われなさそう。この関係がこのマンガを面白くしているのだが。

第4話
森秋先生の持ち込んだ不思議な絵。



Dsc00530.jpg


目が4つあるこの絵の謎を、歩鳥が解き明かす。たった2つの買い物すらも間違える歩鳥が、この回だけは賢くみえた。歩鳥に解るのに、自分では解らずに壊れた森秋先生がウケる。

第5話
歩鳥と急接近し、ドキドキの真田。好きな人とのひとときの冒険っていいですよね。この時の真田の心境には共感しまくり。後、小さい頃の何気ない一言って後悔するんですよね。


Dsc00531.jpg
真田の後悔。

悲惨すぎます。

第6話
トシ子萌えの話。真田を映画に誘えないトシ子は可愛い。さすがはこのマンガ唯一の萌えキャラ。(自分基準)
Dsc00532.jpg

このコマ萌えーーーーーーー!

第7話
木星での出来事と、嵐山家での出来事が上手いことリンクしていて面白い。せっかくの未知との遭遇を幻覚にしてしまう宇宙飛行士は何やってんだよ!いや、気持ちは分かるけどさあ。

第8話
メイド喫茶の新しい挨拶の提案。
Dsc00533.jpg
新挨拶。
頑張りが全て裏目に出る歩鳥。まあ人生こんな日もあるよ。
第9話
この巻で一番好きな話。森秋先生と歩鳥のやりとりは最高の一言。歩鳥のような生徒にとりつかれた森秋先生は悲惨だ。
そしてネウロもビックリの計画殺人が!

Dsc00529.jpg

このコマ、一番笑った。

10,11話は割愛します。

総評
このマンガは今、私の一押しです。作者の秀逸なセンスによる独特のセリフ回しがサイコーです。ちょっと気に入っているセリフをいくつか上げてみます。
・ひどい!第三者から「視力以外のすべてで負けている」とキッパリ断言された
・一体どういう経緯で間違えればコーラを温めて出す事になるのか説明しなさい
・この法外な幸せに…自らの人差し指で終止符を打たねばならない残酷さかげんと来たら…
・予定より早く胃が痛くなって来たよ…!!
・今はしがない女子高生だけどゆくゆくは女子高生探偵になるんですよ。→ゆくゆくっていつまで高校生でいるつもりだ
・捕獲!題して「メイドの檻」!

ここに上げたのはほんの一部です。これだけで笑えた人は買って損無し、です。良質のギャグと少々の萌え。面白いマンガです。

私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:3
地球を破壊する物語―――”惑星のさみだれ”1巻 最強の下ネタ3連発
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
トラックバック
← gekka blog
『それでも町は廻っている 1』
「それでも町は廻っている 1 (1)posted with amazlet on 06.02.02石黒 正数 少年画報社 (2006/01/27)Amazon.co.jp で詳細を見る 天然粗忽系・嵐山歩鳥(ほとり)と、巨乳メガネっ娘・辰野トシ子の二人による女子高生メイド喫茶モノ……... 」
【 2006/02/02 21:54 】
← やるきれす ぶろぐ
「それでも町は廻っている」石黒正数
「それでも町は廻っている(1)「メイド喫茶を勘違いしてるバアサンと 女子高生探偵に憧れる天然アホ少女・歩鳥が 繰り広げるメイド喫茶コメディー。」・ずっと読んでいたいマンガ・終わって欲しくないマンガそ 」
【 2006/12/02 16:49 】
← SINKINGDOM

「 _ 【90点】萌えないけどめっちゃ面白いメイド漫画「それでも町は廻っている」 それでも町は廻っている 1 (1)(石黒 正数)萌え漫画じゃありません!!メイド漫画っていったら皆やっぱり萌え萌え漫画想像しますね。まぁ当然です。それか…エマみたいな正統派メイド漫画。「 」
【 2007/01/14 05:27 】
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。