い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2020/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2020/05
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2007/07/09(月) 10:07 ヤンアニ嵐
毎度毎度思うコトなのだが、DVDを付ける雑誌は何なのだろう。
私としては、そんなモン付けるくらいだったら値引きして欲しいのですが、そーいう意見は少数なのでしょうか。
後、最も重要な話なのだが、そーいう付録のある雑誌は読みにくくて困る。特に立ち読み時は、ページが捲りづらいのが不快。


さて本日は「ヤングアニマル嵐」No.8の感想を。


[巻頭グラビア]
個人的な感想を申し上げますと、2次元というのは2次元だからイイのであって、ソレを3次元で表現するコト自体にムリというか不可能があるんですよ。
2次元で良いモノが3次元でも同様に良いかというと、そんなコトは決してありえないのが現状です。
という私の考えを踏まえて、このグラビア企画に対する私の評価を察してください。


[ラブホいこうよ]
いや、もうね、ナース軍団のエロいコト、エロいコト。
勃たせるな、という方がムリってモンでしょう。
ちなみにお気に入りのシーンは、達也が優子の胸を後ろから揉むシーンですねー。
アレは、何ていうか憧れと共に心にクる。心にっていうか、下半身にクるんだけれども。

休み中ずっと仕事する気か?とか言っておきながら、結局は海でも仕事をさせるというオチ。
ババァ、策士やな。


[ふたりエッチ]
まぁー、個人的な考えを述べると、双方の同意の下であれば、いくつでヤってもいいと思うんですよ。
ただ、将来のコトを含めた上で、避妊するかどうかは真剣に考えた方がいい。
10代での妊娠は誰にとっても喜ばしくないコトが多いからね。
一時の快楽に身を任せると、長い間後悔するコトになるかもしれないよ?
後、避妊方法を勘違いするな、とは言っておきたい。
膣外射精=避妊。では無いコトは知っておけよ。


…と、少しマジメに語ってみたトコロで、この作品の感想なのですが…
特に言いたいコトは無いな。
ただ、1つ思ったコトは、法令でとか道徳的に許されないというのは、言い訳でしかないかなーと。


[かの女は忍具ムスメ!]
またしても魅力的なキャラが登場。
その名は松坂幸太―――

ではモチロンなく、滝川玲奈。
活動的で、勇ましくて、でもオバケは苦手。という感じでしょうか。
問題は、前回の感想で書いたカスケに想いを寄せているかどうかという点なのですが、見た感じ玲奈→幸太っぽいなー。
気絶から立ち直った辺りでは玲奈→カスケっぽいケド。

つくも神の名前は月音(つくね)に決まりましたか。
つまりアレですね?バンパイアに言い寄られたり、夢魔に迫られたり、雪女に付き纏われたりするフラグですね(いや、マンガ違うから)。


[オレたま ~オレが地球を救うって!?~]
美奈与はH大好きっていうか、かなりの達人?
口でゴム着けるとか、どんだけ(以下略&自粛

チ○コからエマニエルの手が出てきたシーンだケド、笑いもあるケド、何ていうか痛くないのかなーとか考えてしまった。
というか見ていて痛くなってきた。

最後のオチは良かったかな。


[Gがセ界を統べるまで]
馬鹿め、中日しか見ていないと、横浜にやられますよ?
最近は疲労の為か、ボロが出てきたのか、巨人の先発はチョーシを落としてきてるしね。


[クラック・ハウンド]
新連載。
この話を説明してみると
秘密裏な国家組織が、表に出せないような事件を解決する類の話というコトでしょうか。
今回の事件は、セイントという麻薬みたいなモノが絡んでいるという感じなのでしょうか。
扉ページの煽りをみるに、辛いコトを忘れられる薬なのかな。

最後の「設定の引き算」という言葉も気になるな。


[ぎゃんぶる太平記G]
師匠のは黒歴史じゃないじゃん。ノロケ?じゃん。


[巫女姉妹]
最終回。
結局、何が面白いのか最後まで解らなかったが、最終回。
たぶん、無告知で次号からこのマンガが載っていなくなったとしても気づかなかったと思う。


[恋花温泉]
4巻の感想で書くの忘れたのですが、4巻の表紙は野々花オンリーではなく、初めて萌花が登場していた。
野々花以外の初登場が萌花であるあたり、解っているというか何というか。


野々花は、秋山のコトになると怖いな。
しかし、ちょっと涙目なのがポイント高い。

楓花は、世話好きっていうか、お節介っていうか。
ガサツなんだケド、面倒見がいいから、今まで相当損してきているんだろうなー。
今回で瑠梨香と冬川は上手くいくといいけれど、楓花にも春がきて欲しいかなー。


[御石神落とし]
髪の毛が美人の条件っていう件に関しては同意する。
1番の条件かどうかは置いておき、髪の毛が艶っぽいとソレだけで惹かれるのは事実。

またしても憑依娘の登場で益々面白くなりそうな今シリーズ。
ひょっとして最長シリーズになるかもしれない。
展開は楽しみでならない。


[14(ジューシー)]
恋愛というのはオッパイだ!
新たな学説!

サッカー部のキャプテンよぉ、リエコをマネージャーにしておきたい気持ちは解る。
だがしかし、説得してマネージャーにしておくとは何たる浅知恵。
ココは、女子サッカー部を男子サッカー部の付属にしてしまうのが最良だろう?
そーすれば合同練習という名目であーんなコトやこーんなコトが。
更には技術を教える時に手取り足取り(ゴニョゴニョ


[笑)4コマ御殿]
ドさんの作った4コマ、サイコー。
起承転結が完璧で、しかもオチが素晴らしい。



最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”あゆまゆ”1巻 7/7放送の”エンタの神様”の罵詈雑言
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する