い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2020/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/08
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2007/07/24(火) 21:52 その他のマンガ
さて私の好きな漫画家といえば、竹下氏だというのは、周知のコトと思います。
そんな竹下氏が「コミックマーブル」Vol.2にて新連載を開始しました。
捨てる神あれば拾う神あり。某紙で連載していた”かるた”を打ち切られた後、再開もままならないままでしたが、ここで新連載です。
という訳で、本日はこのマンガのレビューを。


コミックマーブル
竹書房刊



[ストーリー]
舞台は某高校の1-B、入学後の自己紹介シーンから始まります。
このマンガのヒロインと思しき女の子、鈿女縁(うずめ・ゆかり)の自己紹介が終わり、

DSC03034.jpg
鈿女縁(うずめ・ゆかり)

主人公の自己紹介シーンへと移行します。
そんな主人公の自己紹介。
DSC03020.jpg
神楽

この、見るからにヒネてる主人公の自己紹介はコレで終わりです。
もっとイロイロとアピールした方がいいという先生のアドバイスにも「すぐ転校するから」と言い放ち、コレでお終い。
クラスでの評判は最悪です。

何でも既に20回くらい転校しており、ココも直ぐにいなくなるのでどーでもいいと思っているらしいです。
あまり人に関わらない様にしています。
しかし、彼の本心は、そうではありませんでした。

DSC03021.jpg
屋上に社

こんな自己紹介で友人が出来るハズもなく、放課後、1人、屋上で黄昏ている神楽クン。
今まで通った学校の友人達を思い出していました。
DSC03022.jpg
今までの友人達

転校後に交友がなくなった経験が、彼を孤独にしている様です。
見るからに寂しそうです。
すると―――


DSC03023.jpg
社が…

社が怪しげな雰囲気になってきて、そこから

DSC03028.jpg
もはやお約束すぎ展開

裸の女性が出てきました。
何でも神楽クンがこの女性を呼んだとのコト。
当然、何のコトか解らない神楽クン。
あまりの出来事に呆然とするばかり。
ところが、

DSC03025.jpg
当たり前のように学校に通っている

他の生徒や先生達は動じるドコロか、さも迷惑であるかのように馴染んでいます。
何でも、この「八百万市」の全ての学校の屋上で祀られている神様らしいのです。そして生徒の願いに応えて降りてくるらしいのです。
なんつー設定だよ、オイ。
大人たちは「厄介なコトになるから呼ぶな」といっているらしいので、疫病神みたいですね。
ちなみに彼女の名前は天神天(あまかみ・あまね)。祀ってある神様のうちの1人(本来、神は1人ではなく1柱と数える)だと思われます。

そんな天さん。
DSC03026.jpg
神楽、視線は胸元へ

地上に降りたのは100年ぶりだそうです。
つまり年齢は100歳を越えている…。ずいぶんと若作りですね。
などというボケは置いておき。
自分は呼んでいないと主張する神楽クン。
確かに声に出して願い事は言っていません。
誤爆でしょうか。
しかし、願い事は声に出さなくてもいいらしいのです。
つまり。

DSC03027.jpg
確かに願っていた

心で思っていたのがそのまま願い事ととられた様です。
人の心を感じるコトの出来る天の前で隠し事は不可能。
神楽クン、真っ赤になって否定するもムダです。
こうして天は神楽クンの押しかけ女房友人になりました。

しかし100年ぶりに地上に来た天さん。
女子生徒のスカートが気になって仕方ないご様子。
早速、先ほどの縁のスカートをチェック!

DSC03029.jpg
ハレンチごっこ?

さらにスカートの下、パンツに興味を示す天さん。
最近の女子はそんな下穿きをはいているのか。と興味津々。
いや、確かに100年前の日本ではパンツを穿いている女性はいなかったかと思いますが。
つまり、天さんはノーパン。いや、確かにノーパンですが。そういう描写があったし。
ノーパン……

いや、素晴らしいです。ノーパン、グッド!(意味不明


さて、縁が「他の人のパンツはもっと大人っぽい」と言ってしまったから、さぁ大変。個人的には嬉しい。

DSC03030.jpg
素晴らしい見開きです

皆、嫌がっているだろ。と、止めに入る神楽クン。
しかし、口でなんと言おうと、心が読める天には通用しません。
DSC03031.jpg
男子は喜んでいる

ま、当たり前ですね。
コレで喜ばない男は不能か○モです。
しかし、女子はホンキで嫌がっているので、止める神楽クン。
しかし、この場にいる生徒達が、神楽クンの「何」か解らない天は、神楽クンと生徒の関係を聞いてきます。
ソレに対する神楽クンの答えは「クラスメイト」でした。
まぁ、本当のコトですが。

クラスメイトというのが何か解らない天は「クラスメイトとは何か?」と聞いてきます。
返答に困る神楽クンに代わって、縁が答えます。

DSC03032.jpg
スカート押さえてちゃ、いやん

クラスメイトとは友達である、と。
そうして天は、このクラスのクラスメイトになりました。
しかも、セーラー服に着替えます。

DSC03033.jpg
天、セーラー服Ver.

こうして神楽クンの受難の日々が始まる!?
って辺りで次回へ続く。次号10月発売予定。


[感想とか]
さて、セーラー服に着替えた天。
パンツは穿いているのでしょうか。(そこかよ!
しかし、アレだけ興味津々の様子だったので穿いているかと思います。
どのデザインを参考にしたのかは解りませんが。
しかし!上は確実にしていないと思われます。だって知らないし。
見るからにしてないし。

…。

……。

天、ノーブラ。天、ノーブラ。


私は、作品を過去作と比較したりするのはあまり好きではないのですが、”Happy World!”の、初期の頃を髣髴とさせる感じでしょうか。
あの作品は、根幹にあるテーマが変わらないまま、途中で作風が変わってしまった為、当初のドタバタから一転、最後はシリアス全開の、ちょっと重い話になってしまいましたからね。
そういう意味では、作者が言う様に、あの作品で出来なかったコトをやる方向になるのかな。


この作品は作者の作品としては珍しく、メインヒロイン(天)が巨乳系ですね。
いや、メインは縁かもしれないけれども。
とにかく作者は有名なロリコンですからね。
縁がメインでもおかしくはない。おかしくはないっていうか、そっちのが自然。
まぁ、でも、天のおかげで適度にオイロケ要素もあるので問題ないですね。この作品がラブコメになるのか解らないし。


あ、そうそう。
このクラスの担任が某マンガの宮原先生にしか見えないのですが、姉妹か何かで?

しかし、次は10月かぁ。
間が空きますね。
ソレまで今回の内容を憶えていればいいが…
ま、忘れていたらこの記事を読み返せば思い出すケドも。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”美少女いんぱら!”第26話 ”フューチャー・イズ・ワイルド(コミック版)”
コメント一覧
Hiyuki
ドタバタ学園ラブコメなんて言葉は無いですが、そんな感じでしょうか?
確かにHappyWorldの最初を思い出しますね。

>このクラスの担任が某マンガの宮原先生にしか見えないのですが、姉妹か何かで?

いや、作者のささやかな抵抗かと。かるたでもありましたし。
URL 【 2007/08/03 19:50 】 編集
名無しG
>Hiyukiさんコメント有難うございます
ドタバタものは間違いないと思いますが
ラブコメになるかどうかは解らないですね
ただまぁ雑誌コンセプト的にはラブ要素は必須なので
ラブコメにならなければ打ち切りは必至ですかね

先生に関してはお遊びかたまたま似通ったというトコロでしょうね
リベンジ出演というのも有ですが
URL 【 2007/08/04 10:01 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する