い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2021/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2022/01
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2006/03/21(火) 19:43 野球関連
とりあえず一言。

日本優勝おめでとう!!

という訳で見事日本が初代王者に輝きました。
今回の決勝戦についての私見を少々。


まずは決勝について。
いきなり初回に4点取った時は「キューバも大したコトはないな。」とか思いましたが、その裏、先頭打者が打ったホームランを観て、そんな考えは吹き飛びました。

8回に藤田選手がホームランを打たれて1点差に迫られた時、キューバの底力を痛感しました。

9回表にイチロー選手のヒットで川崎選手が生還した時、私は吼えました。この時、日本のファンの大半は「主審がボブ・デビットソン氏ではなくてよかった」と思ったんじゃないかと思います。解説や実況の人もそう言ってました。

9回裏、1点返されたものの、大塚選手がラストを三振で締めくくり優勝が確定した時は声にならない雄叫びをあげていました。

試合後の日本チームのシャンパンファイトの時のイチロー選手のハシャぎっぷりは凄く印象に残っています。あんなにハシャいでいるイチロー選手は初めて見ました。この大会はそれだけの価値があったんだと再認識させられました。


さて、次回開催は3年後だそうです。
今回はいろいろと問題も多かったです。
組み合わせの事、審判の事、投手の球数制限の事、開催時期の事…等々。
しかし問題は正せばいいのです。3年間で問題を緩和し、次回はより良い大会になればいいなと思います。

1野球ファンとしてこの様な大会を観る事ができて本当に幸せだと感じた日でした。

私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”こち亀”1450回記念 「サンデーGX」4月号感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する