い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/10
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/08/08(水) 07:02 チャンピオンREDいちご
久々に高校時代の友人とバカ騒ぎ。
押入れの奥からファミコンを引っ張り出して、”くにおくん”シリーズで白熱。
私と同世代の方なら、この楽しさは理解してくれると思う。
昔はリアルファイトに発展したものだが、流石に今では白熱はしてもリアルファイトには発展せず。
しかし、こういう時にファミコンで盛り上がるのが我々のアホなトコロなのかも。PSではなくファミコン…


さて本日は「チャンピオンREDいちご」Vol.3の感想記事を。

チャンピオンREDいちご
秋田書店


[感想バックナンバー]
Vol.1感想
Vol.2感想


[別冊付録 いちご学園更衣室]
着替えシーンをテーマにしたイラスト集ですね。
参加メンバーの名を連ねると

佐藤健悦氏・現津みかみ氏・いのうえ空氏・仏さんじょ氏・F4U氏・カイシンシ氏・空中幼彩氏・小梅けいと氏・清水栄一氏×下口智裕氏・松本ドリル研究所氏・松山せいじ氏・まりお金田氏・みさくらなんこつ氏・みづきたけひと氏・みなもと悠氏・宮下未紀氏・YUKIRIN氏

以上17+1名です。
名前を見れば解るかと思いますが、かなりの豪華メンツ。
こういうイラストって、単行本に収録されないコトも多いので、この付録の為に購入しても損はないと思える豪華さ。
秋田書店、侮りがたし…

個人的にはユリっぽさ全開のイラストの小梅氏と、状況がものスゴいレベルでの妄想をかきたさせられるイラストのみづき氏と、涙目がポイント高すぎなイラストのみなもと氏の3枚が気に入っています。
後、松本氏と、YUKIRIN氏はヤリスギ!です。もう少し控えめ路線でいってほしかった。


[表紙]
そろそろ「オール読みきり」っていうキャッチコピーは外した方が…
明らかに連載マンガの方が多い訳だし…

今回もまた、駒都えーじ氏の表紙イラスト。
今回は白スクの女の子。
何かこう、活発な感じがビンビンに伝わってくるイラストですなー。
個人的にはスク水には何の反応もしないのですが、女の子自体には反応してます。

ちなみに関係ないけど、某エロマンガ雑誌が、駒都氏(こつえー氏名義)のイラストタオル+スク水全サをやっている。


[VITAセクスアリス]
前回のプレビューを経て、本格連載開始。
どうやら人外生命体と人との戦いを描く作品になる様だな。
ヒロインはどうみてもヲタ入っている、偉そうタイプの女の子。

話自体には何の真新しさも感じないし、戦いよりも萌え描写に力が入っていきそうな予感たっぷり。
後、この雑誌を読んでいる層に合わせてなのか、ヲタネタが満載で、”らんま1/2”ネタや”ボルテスV”ネタなどがあるが、個人的には安易なパロネタは感心しない。
いや、嫌いではないし、面白いとは思うけれど、あからさまに前面に押し出すのはどうなのかと。


[おとまりHONEY]
前回に引き続きカラー有。
人気はまずまずといったトコロなのでしょうか。

委員長の健気な努力には敬服する。
前回は夢オチだった朝の風景が、今回は現実になっている。
家事は得意そうだな。

松田は、明日の準備をしろといっている割には、自分は準備を怠っている。だからあんな失敗をするんだ。
というか、昼食の時間になるまでカバンにブラジャーが入っているコトに気づかないなんてある訳ねーだろ。
カバンに弁当入れているし、午前中にも授業はあったハズだろうし。

柳川は鋭いというか、ギャルゲーのやりすぎだな。
しかしこの妄想力、漫画家か原作者になってその才能をいかんなく発揮してもらいたい。

委員長は一緒に風呂に入るとかではなくて、1番最後に入るべきだな。


[メイドいんジャパン]
超絶変態マンガ、再び!
相変わらずお母さんのキャラがブッ飛びすぎていて、他がかすむ。

そしてツンデレ&ユリお嬢様の本領発揮の第2話。
お風呂でのレズレズ(本当は男と女だケド)体洗いシーンは勃つには充分すぎるほどの破壊力。
メイド×2の立ちションシーンは、ある意味1番印象に残る。

そして!
最後のスカートの下はノーパンという状況でのエロさが光ります。
しかしまとめ父よ、娘に「メイドのパンツの中」を語って聞かせるとは、何たるマニアック。
「ひじきの森」とか「フェイスハガーの裏側」とかアホな表現はやめてくれないモノか…
父の言う「特別な希望」が、まさか成美のパンツの中にあるとは思ってもいるまい。

後、作者コメント「女性の乳首を描くと青少年をみだりに興奮させてしまうので、男の乳首で勘弁してください。」
えーっと。
まとめの乳首なんかよりも、スカート+ノーパンの方がよっぽど興奮するし、乳首の隠し方があまいというかダメすぎ。
髪の毛で隠すというのは古典的な方法だが、個人的にはこの隠し方は全く反応しないので…
あ、興奮させないという効果はあったというコトか。


[えんじがかり]
初めのサイレントシーンがかなりの秀逸さ。
えんじの楽しさが良く伝わってくる。
こういうのを描けるのは、かなり強力な武器になるのではないか。

なんかね、ほのぼの感がスゴく伝わってくるし、話全体に温かみがあるし、めちゃくちゃ好みの話ですね。


[ジャージとセレブとたんけんたい]
”ベクター・ケースファイル”コンビの新作読みきり。
新境地に挑戦!!などと煽ってはいるが、結局は薀蓄マンガの域を脱していないという意味では、今までのマンガと代わり映えしない。

物事に動じないマイペースお嬢様が素敵♪

ところで、最後の展開だが、穴に落っこちた時のコマでは周りに木なんか生えていないのに、都合よく木に引っかかるのはご都合主義だから?


[キミキス ~スウィートリップス~]
まぁ、何というかツッコんでいいですか?
というのが正直な感想。
自分の許婚を間違えるとか、ギャグの領域なんですケド…

いや、確かにね?
切ない展開やら、最後のキスにこめた想いやら、ひょっとしたらこの先大逆転の展開が待ち受けているかもしれないといった希望があるかもしれない。
全体的に切なさで満ちているこの話は嫌いではないよ。
でも、やっぱり許婚を間違えるっていうのは、ギャグだろ?


[おかわりナポリタン]
話としてどーのこーのではなく、肝心のサービスシーンで全くイロケを感じない画力が最大の欠点ですね。
この画力で、水着を描くのは厳しいのではなかろうかと。
別に話の流れが嫌いな訳ではないので、サービスシーンを入れるのをやめ、萌えはシチュエーションで勝負して、ストーリー部分に力を入れたほうが良いのではないかと…


[MAEBARI美少女決戦!イマジネ・バナー]
あー、新キャラですね。
たぶん、仲間になる感じの。
そしてエロ描写が凄まじいレベル。


[セーラー服と重戦車]
なんつーか、解りやすいやられ役だなー。
前回も書いたが、私は戦車に興味ないし、好きにもなれないし、魅力を感じない。

今回の話にしても、あー、なんかスゲーミサイルがあって、何か知らんがゴムボートで襲撃を吸収したと。
そんな感じでいいのかな。

まぁ、第1話みたいに、主人公側の傍若無人っぷりが出てこなければいいかな。
あくまでも相手側に非があるという状況が描いてあれば、相手がやられても文句は言わないよ。


[ラブユメみっくす]
ネコミミ少女との入浴シーンがメイン。
エロさを感じない入浴シーンは好感もてますし、けんすけも今のトコロやましい気持ちはないようだな。
みもるとの入浴を嫌がるのは当然だな。だって迫ってくるし…


[ねこたく]
もう、アレだな。
主人公のコトは「リュウセイ=ダテ」と呼称しよう。


[ペンギン娘ちょびっとH]
このマンガ、本編読んでいないと解らないんですが…(ちなみに私は未読です)

番外編だから問題ないのかもしれないけれど、こういう機会に描くべきは、本編を読んだコトのない人が本編に興味を持ってもらう話であるべきだと思うのですね。
この話、登場キャラが多すぎて、把握しきれない…
主人公?のさくらと択捉ダケ出せばよくない?
という感じで、ごちゃごちゃしすぎな印象が拭えない。
折角海に来ているのに、温泉の話というのもおかしい。
海である必要がないなら、初めから温泉旅行にしておくべきだったな。

後、さくらってのはレズなのかな。
しかしユリ好きの私ではあるが、最後のシーンが余計すぎて好きになれず。
ユリとレズの中間はいらんのですよ…

コレを読んで本編に興味を持つのはムリだな、私には。
まぁ、絵自体のレベルの高さは認めるが、内容があまりに薄っぺらいなー。完全に絵に頼ったマンガだな。


[まほかん]
状況説明も不充分なまま、ノリとキャラだけで話をススめている感じかな。
新聞部の女の子の包帯もあざといというか何というか…


[厳守!きまり学園]
スク水に対する熱い思いは受け取った。
理解できないが、思いはホンモノ。何というこだわりか!

しかし不良軍団、ヅラだったのか。
しかもあの素顔…
何故、こんな道に来てしまったのか…

個人的には山月記ネタが好きだなー。
何故、獣娘を演出するのにこの作品をもってきたのか。解る人の方が少なそう。


[猫神やおよろず]
柚子の温泉シーン、いらないよね?
いや、サービスシーンという意味では必要なのかもしれないが、なくても全く問題ないシーンだし…

2人のオヤジどもはバカだな。
まぁ、7歳の時点では2人とも男の子に見えたかもしれないが、今となっては繭が男役でも仕方ないよね。見た目がね。

メイ子は、何か想いが飛躍しすぎじゃねー?
何で突然ユリ化してるのよ?


[山の学校はOH!バケバケ]
扉ページの煽り文がなかったら、説明不足なマンガであるコトは間違いないかと…
っていうか、何で煽り文で説明してあるの?
そこからして間違っているだろ?

さて。
絵は問題ないレベルだと思います。
かといって絵に頼った感じではなく、オチもそれなりにシッカリしているので楽しめます。
萌え有、笑い有で、中々のモノではあるのですが、それだけに全体的な説明不足の部分がもったいない…
ページ数の都合で省くのなら、説明部分ではなくキャラ数にしておくべきだった。


[AIKa R-16 ~school mission~]
…。
……。

えーっと。
オッパイ!オッパイ!!

っていっておけばいいですか?


[ちょっきんぱにっく]
雑誌の袋とじを開ける話。
雑誌名「チャンピオンBLUEみかん」とキャッチコピー「すべてが未完!?」に笑った。
収録作品は”HUNTER×HUNTER”とか”男坂”とか”シャーマンキング”とかになるに違いない。

どんだけ不器用なんだぁーっ!
これ以外のセリフは出てきません。
そしてなんというツンデレっぷり。


[すんらぶ 私立鳳瑠璃学院中等部]
扉ページの全開パンツ…

しかしこのプロポーションで中学生はないだろ?中学生は…
なんつーか反則的…

終始史絵がカワイすぎます。
そして構図が挑発的すぎる…
1番のお気に入り描写はコレですがね。
何というか、目線と表情とポーズの絶妙のコラボが素敵すぎるから…

後はエロマンガ1歩手前展開は相変わらずです。
「シュッ シュッ シュッ」っていう効果音はエロすぎじゃねー?

次号は未掲載らしい。
残念だ…


[お着替え・魔法少女 あゆみちゃん!]
魔法少女っていたらさぁ、変身シーンでムダに半裸になってくるくる回ったりするのが正統派だと思うんですよね。
そんなお約束を逆手に取った快作。

何という公開ストリップ!
何というユリシーン!!

着替えシーンのみのマンガがココまでスゴいとは…
恐るべし。


[恒例の降霊がコレ]
いやー、全員男に見えたのはココだけのヒミツ。

感想は特になし。


[かいけつ・少女]
死んで目が覚めたら女の子になっていました。
どこかで聞いたコトのあるような始まり。
内容はミステリー。

ダイイングメッセージはありがちすぎて、少しミステリが好きな人なら直ぐに解るレベル。
容疑者も3人ですが、そのうちの1人しか出てこないので、怪しさを演出するという意味では説得力に欠ける。
まぁ、何気ない描写で犯人を特定させるのはマンガや映像のミステリでしか出来ないので、そういった意味では犯人特定の過程は良かったかな。

まぁ、このマンガは謎解きよりもレズシーンの方が良いレベルなので、変にミステリ路線をいくよりもサスペンス路線の方が向いている気はする。

しかし文芸部の2人よ…
そこまで知っていて何故ダイイングメッセージが解らないのか…


[最後に]
いくつか作品を削ったが、ほぼ全部書いてしまった。
削ったのは読んでいない作品。
理由は…
察してください。

今回は付録のイラスト集が豪華すぎて、本誌がかすんで見えますが、それでも今後に期待を抱かせる作品がいくつかあったのは事実。
エロと萌えが上手いレベルで融合してきているのが嬉しいかな。
個人的には”すんらぶ”が好きなのですが、もう少しエロ度を控えめにしてくれればいうコトなし!のマンガなんだがなぁ。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”美少女いんぱら!”第27話 ”Present for me ~石黒正数短編集~”
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。