い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/08
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/09/20(木) 05:51 コミックレビュー
最近、身の周りが忙しくなってきました。
これからの2週間が山場っぽいです。
それさえ乗り切れば、少し落ち着けるかもしれません。
まぁ、周りで多少環境が変わるので、慣れるのにまた時間がかかりそうではありますが。


さて本日紹介するマンガはこちら。
史上最強の弟子 ケンイチ
小学館刊/松江名俊氏


[作品概要]
いじめられっこ・白浜兼一は強くなるために武術を学ぶ。
同級生の風林寺美羽に紹介されて入門したトコロは、さまざまな武術の達人が集まる危険な道場だった。
過酷な修行をこなして強くなりつつ、平穏な生活を望む兼一であったが、本人との思惑とは裏腹に闘いに巻き込まれ、闘う日々を送る。


[当ブログでの関連記事]
20巻の記事
21巻の記事
22巻の記事
23巻の記事
24巻の記事
25巻の記事

姫野真琴外伝(短編集に収録)


[この巻の内容と感想とか]
さて前巻までで「DオブD」も初戦が終わり、いよいよ戦いが本格化してくるあたりまででしたっけね。
さて、そんな中、1人の男が戦場に復帰します。
「DオブD」の会場に侵入する際に、乗っていた船ごと撃墜され、生死不明だった、あの男です。
そう、ハーミットこと、谷本夏です。
しかも復活したのは谷本ダケではありませんでした。
兼一の弟子の1人・馬師父の実兄で、谷本の師匠。かつて兄弟対決に破れ死んだと思われていた馬槍月です。

DSC03336.jpg
師弟揃っての復活劇

こうしてまた、武術の実力者がこの島にやってきました。


さて肝心の「DオブD」ですが、兼一達の次の相手は、謎の青年・我流X。

DSC03337.jpg
対戦相手

まぁ、謎のとか言っていますが、正体はバレバレです。
約1名を除き、皆正体に気づいていますが、ソコはソレ。主催者自ら見て見ぬふりなので、特に問題なく試合が始まります。
困ったのは兼一達でした。
何せ、相手は身内です。しかも出場した理由は、インチキをして出場していた達人を排除する為。目的は終わっています。
当然、棄権をし、1勝確実だと思っていたのです。ところが。

DSC03338.jpg
謎の青年の攻撃

吹き飛ぶ兼一達、静まり返る会場、喜ぶ主催者。
兼一は、試合前に、じじいと「優勝したら美羽と交際可」という約束をしていました。
交際を認めたくないが為に攻撃しているのだと憤慨する兼一。
しかし、実際は違いました。
実はコレ、じじい流の修行らしいんですね。
何でも力を極力抑えて(0.0002%らしい)特訓する方法らしいのです。
まぁ、%にいささか誇張があるような気がしないでもないですが。
この強さで0.0002%とか、考えられませんからね。
というのは置いておき、とにかく合格が貰えるまで続く特訓らしいのです。0.0002%状態での手加減なしなので、ヘタすれば死にますが。

そんなムチャな方法に、1度は逃げ出そうとするものの、美羽と一緒に闘う決意をする兼一。


DSC03339.jpg
一緒に闘う

何かこう、兼一は成長したなー。とか美羽との距離が確実に縮まっていてイイ感じだなー。などという思いが駆け巡るシーンです。
こうして実戦形式の修行が始まりました。

さて、修行の経過は自分の目で確かめてもらうとして、結果として兼一たちはじじいに攻撃を当てるコトに成功します。

DSC03340.jpg
攻撃ヒット

さて、試合のほうがどうなったのかというと、この「DオブD」は20歳未満が参加資格でした。
ちなみに我流Xは20歳です。
何か気づきませんでしょうか。
ソウです。20歳未満は20歳を含みません。つまり―――


DSC03341.jpg
失格

衝撃の結末。何と我流X、ルール違反で失格。
こうして兼一たちは勝ちススむコトとなりました。


さてチーム梁山泊は勝ちましたが、問題は新白連合です。
前巻で、「YOMI」の叶にヤラれて、戦力になるのがキサラと宇喜田しかいません。
DSC03344.jpg
新白連合の戦力

相手は、1回戦を圧倒的な力で勝ちあがってきたカポエイラチーム。
勝ち目は薄いです。
その危機に立ち上がった人物がいます。

DSC03345.jpg
チームのブレイン

宇宙人こと、新島です。実際の話、この新島。頭は回りますが、腕力は全く期待できません。逃げ足はとっても速いのですが。
そんな新島が参戦。ほとんど意味はないかと思います。
しかし、実は、もう1人、参戦する人物がいました。
この巻の冒頭で生存が確認された谷本……



ではありません。

DSC03342.jpg
この時点ではまだ東京にいる

不死身の作曲家こと、ジークフリートです。
このジークフリート、チベットで修行をしていたんですね。そしてようやく合流。
しかも合流の際に飛行機から飛び降り、迎撃ミサイルを掻い潜ってくるという、パワーアップぶり。

DSC03343.jpg
飛行機からダイブ

こうして戦力が整いました。
こうなると俄然輝きだすのが新島です。早速相手の分析を開始。相手に心理攻撃を始めます。

DSC03346.jpg
アイシャは胸ないケド、カワイイからね

こうして彼我戦力を比べ、作り上げた作戦が

DSC03347.jpg
作戦名S・F・I

宇喜田を捨て駒にした作戦、S・F・I。
こうして戦いが始まりました。ちなみに戦いの形式はバトルロイヤルです。
ところが、捨て駒として突撃した宇喜田はアッサリと返り討ちにあってしまいました。

DSC03348.jpg
万事休す…?

作戦失敗?どーするの?
結果は自分の目でお確かめを…

といった辺りで次巻へと続く。


さてこの巻にはミドコロが多いですね。
まずは何といっても兼一&美羽VS我流Xですね。
まぁ、闘いとはいっても修行の一環なのですが。
とはいえ、ヘタをすれば死ぬレベルでの修行です。我流Xの力加減にはいささか疑問がありますが、そこはあまり問題ではないです。
共闘し、絆深まる兼一と美羽、なんだかんだ言ってもきちんと修行になっているバトル、確実にパワーアップする2人…
熱いですねー、いや実に熱い展開。
この闘いの最後で、美羽が兼一を信じて全てを任せたシーンは、本当に良いですね。


後はまぁ、空から降ってくるジークフリートですね。
ミサイルを掻い潜りつつ、空から落下し、且つ着地での受身の上手さなど、達人の域に近づきつつある予感を感じさせてくれます。
パワーアップしたジークフリートがどんな闘いをするのかにも注目!ですよ?


[オマケに関して]
さて、毎巻恒例「初版限定カバー裏イラスト」ですが。
今回は新白連合の隊長達の特訓風景ですかね。
いつもと違ってオイロケは控えめです。


巻末のオマケマンガは、26巻と同時発売の短編集の裏話的実録マンガといった感じでしょうか。
ちょっと宣伝要素が強めですかね。


そんな辺りで26巻の紹介終わり。
また次巻、27巻の紹介をお楽しみに。



していただけると嬉しいです。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:6   トラックバック:0
「サンデーGX」10月号感想 ”スターオーシャン”リメイク決定
コメント一覧
るんるん
このまんがだいすきです
名無しGさんの解説付きで読み返すと
さらにおもしろさが増します
URL 【 2007/09/20 08:32 】 編集
名無しG
>るんるんさんコメント有難うございます
そのように言っていただけると
記事を書いた甲斐があるというモノです
URL 【 2007/09/21 08:40 】 編集
お初ですw
俺もケンイチ大好きで全巻持ってますよw(短編集以外)
いやぁなんといっても格闘系漫画は大好きですからw
いやぁケンイチの紹介するの上手いですねぇw
このブログ(?)気に入りましたw(お気に入り登録しときますねw)
今後とも応援しますので更新がんばってくださいw
※しってるかもしれないけど「史上最強の弟子ケンイチ 27巻」の発売日は12月前後の予定だそうです。(詳しくは26巻の一番最後のページを見てみてください)
URL 【 2007/09/26 21:47 】 編集
名無しG
>智さんコメント有難うございます
応援有難うございます
そのように言っていただけるのが更新の活力になります


短編集はそうですね
しぐれさんが好きなら買っても損はないかもしれません

次巻の発売もチェック済みです
このマンガはだいたい3ヶ月に1冊の刊行ペースですよね
URL 【 2007/09/28 05:53 】 編集
Hiyuki
ついにこれも私がまだ見ていない話に突入してしまいました。
長老にどうやって勝つのかと思ったんですが反則勝ちですか。

話も盛り上がってきたみたいだし、早く続きをみたいです。
URL 【 2007/10/01 20:38 】 編集
名無しG
>Hiyukiさんコメント有難うございます
反則勝ちっていうかなんていうか
確かに結果としてはそうなんですが…
まぁ元が修行の為の戦いですから…

確かに盛り上がっていますが
このシリーズが終わったら
作品自体が終わりそうな流れっぽいです
闇との戦いで続くかもしれませんが…
URL 【 2007/10/02 18:43 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。