い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2020/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2007/09/21(金) 23:13 サンデーGX
プロ野球もいよいよ大詰め。
セ・パ共に上位3チームの争いが熱い!
近年では珍しくこの時期にセ・リーグが熱戦を繰り広げている。
我がヒイキ球団・横浜も後1歩だったんだがなぁ。最後に力尽きた感じですかね。


さて本日は「サンデーGX」10月号感想を。


[神様ドォルズ]
巻頭カラーで登場も、前回の続き&見開き扉はいいとして、何故カラーで匂司郎の料理シーンをやる!?
なんというイロケのないカラーページ…
誌面のムダ遣いとはこのコトだ!
しかし、匂司郎は意外と家庭的?見た目とは裏腹に万能的だ…

阿幾を殴り続ける匡平と、ソレを見て驚きの表情を隠せない日々乃と詩緒…
まぁー、あんな狂ったかのような表情見せられたらねー、そりゃ驚くわな。普段温厚な人間ほど怒らせると恐ろしいという見本だな。

その後の、日々乃の、受けいれてくれたかのような微笑がまたね、あんな表情されたれねー、安心できるよね、うん。

久羽子の下乳はいいのだが、何故コレをカラーでやらんのだ…
という感想のほうが大きいかな。
そして阿幾が居候決定?ある意味最狂のコンビになりそうだ。

さて、今月の詩緒のコーナー。
今回の詩緒の失敗だが、目を回しながらクルクル回っているシーンはカワイイ。
そして、ありがちな失敗をヤラかすのが楽しい。

匂司郎の仲間は、詩緒と同じ顔。
双子なのか、それともクローン?
楽しみな存在ではある。ちなみに男なのだろうか。女の子だったら僕っ娘というコトになるのだが…


前回はマトモすぎた相関関係図。
今回は、また以前のようなギャグチックに戻って面白い。
しかし阿幾と匡平って、やっぱりそういう目で見られているのね…
しかも案山子の会話シーンでの宇輪砲のセリフ「何このツンデレカップル?」は大笑いですね。


[エンジェル高校]
その場しのぎな校長が面白いですね。
なんなんだ、この愛らしさは。見たまんま子供みたいなんですが…

「絶対に勝ってみせる!!」「そのためにもあなたの協力が必要なのよ!」
えーっと、このセリフに違和感を覚えるのは私ダケでしょうか?
これはもう、勝つというか勝てって言っている様なものだ…
しかし、来たばかりのルキオに頼らなきゃならないほど人材不足なのだろうか。先行き不安になりそうな。

やはりサリのカワイさが光る。
そしてイキナリ怪我したっぽいな。前途多難だな。


[Rec]
畑田に妹がいて、しかも声優嫌いの声優。なんという後付設定か!
声優嫌いっていうよりも、所謂アイドル声優が嫌いみたいではあるが。
いや、確かに気持ちは解らなくはない。
ビジュアルがウリの声優は、もはや声優とは呼べん。実力があるならまだしも、微妙な実力しかないのに、演技以外の部分で人気が出て、主役級を演じている声優は意外と多いんじゃなかろうか。最近はどうだか知らないが。
ソレが許せないのだろう、と思う。
雪解けは…、難しいかもなぁ。

後、ヲタが目にクマがあるなんて、当たり前のコトじゃないの?


[コイネコ]
最後の柱の煽り文「これ本当に”コイネコ”ですか?」
今回のこの話はこの言葉が全て。

最近のシリアスモード全開が、終わりを予感させてならない。
このまま藤枝との関係も気まずいままで終わるのかな?
そんな訳ないとは思うが、うーん。


[ジェネコミ応援団]
さて今回は”コイネコ”の真島氏へのメッセージとして、鈴城芹氏が登場。私は作品未読どころか、作者名初めて聞いた。
まぁ、こういう機会に新しい作家を知るっていうのが、この企画の根底にあるのだろうし、知らない作家が登場するのはいいのです。
いいのですが…
ファンの方には申し訳ないですが、この方の作品を読んでみたいとは思いませんでした。
何といっても絵に惹かれるモノを感じないので…
後、萌え4コマっぽい感じが、私を遠ざける。


[スピリチュアルぱらだいす]
やっぱり橘はそういう役ドコロなのか。
めがねっ娘ナース…、か。破壊力はありそうだが、私にはあまり効果はない。

っていうかさ、もう美月自身が心霊現象ってコトでいいじゃん。
もはや人間の領域超えてるよ…
コミックの宣伝ページは見ているダケで気が狂いそうだ…
まぁ、購入すると思うケド。

最後はマクモニーグルが良いトコロ見せたかと思ったが、単なる偶然で片付けられた…
っていうかあのバカ猫は、腹をすかす度にあんな近所迷惑な奇声を発するのか?
あ、だからデブっているのか。


[CODE-EX]
克紀のプラス発言。
きっと本人は深く考えず、思いつきで言ったのかもしれない。
でもきっと、その言葉は由真の心境に変化をもたらすきっかけになる―――。かもしれない。
僅かではあるが、距離が縮まったのかな。

しかし、どう考えてもいい未来にならなそうな事件に巻き込まれそうな予感。
あまり鬱な展開にならなければいいが…


[ガールズザウルスDX]
知立って成績良かったのか。こう言っては何ですが、意外でした。
っていうかさ、知立の母は、何で息子の成績を知らないのだろうか。
学年で30番以内(この言い方だと大抵は26番~30番のどれか)に入っていればかなりのモノだと思うのだが…

遥と知立って、距離が縮まりそうで、全く縮まってないんだよなー。
っていうか、遥が黙っていれば、簡単に縮まりそうな気がする。

しかし覚悟のない遥がこの状態だとすると、普段知立に迫っている遥って覚悟っていうか準備万全状態なの?


[新吼えろペン]
高校のマン研部員が4人もいて、誰も炎尾に気づかない。気づかないどころか知らないっていうのはいささか問題ではないか?
第一、編集が「炎尾先生」って発言している訳だしねぇ。

高望は編集者向きではなかろうか。


[GXラウンジ]
島本和彦氏へのインタビュー記事です。面白いです。

しかし、以前から気になっているコトがあって、この雑誌は以前からコミケ限定の小冊子の宣伝を繰り返し行っているけれども、限定にしないで通販とかやれよと思う。
何で地方の人とかに配慮しないのかが疑問。
だってそうだろ?
絶対的にコミケに行けない人のほうが多いと思うんですね。この本が欲しくてもさ。
そんなの大っぴらに宣伝するなよ。
※別の出版社では通販をしているトコロもある。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”史上最強のガイデン 松江名俊短編集” ”史上最強の弟子 ケンイチ”26巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する