い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/10/21(日) 06:18 サンデーGX
毎月17~20日って、発売するマンガやらマンガ雑誌やらが多くないですか?
私は毎月この間と、25~30日の間の2期間に結構な額を使うんですよね~。
購入マンガの発売数が多いから。
何かあるんですかね、決算とか。
金額もそうなのですが、読む時間の確保も大変ですよ…


さて本日は「サンデーGX」11月号の感想を。


[神様ドォルズ]
案山子日報、面白すぎ!
いや、毎度お馴染みのこのマンガの紹介ページなのですが…
また担当がいい具合に暴走してますなー。
今回もまた”機動戦士ガ○ダム”ネタです。
しかしこういう優遇のされ方を見ると、このマンガは当分は安泰だなーと思えていいですね。
後、炭酸カルシウム氏による4コママンガが載っているのですが、コレがまた面白い。

DSC03675.jpg
4コマ目

コレは解るなー。
まぁ、今ではエロマンガを買おうが少女マンガを買おうが、恥などなくなりましたケドね。
雑誌を表で出すか、裏返しで出すかは、自由だ~~!
雑誌 is フリーダム  雑誌 is フリーダム
でも、裏返しで出して、会計後表にされたら、恥ずかしさ倍増やで?


さて本編の感想を。
詩緒対詩緒モドキ(仮)がメインですね。
「いぢめ甲斐がある」って、やっぱり詩緒はそういうキャラなのか。
しかし緊迫感全開なバトルのハズなのに、詩緒はその雰囲気の中でも真っ赤になったり、おバカな行動やったり、面白いカワイイなぁ。

「匡平から、離れろォオ!!」「ここも離れろ。」は面白いな。
面白いっていうかイイ♪その時の詩緒と日々乃の表情がまたね、良い。

街中で戦って大勢に見られちゃったり、特に空張刑事に目撃されちゃったりと、結構物語が発展してきたのかも。
匂司郎の後始末とやらがどのくらい出来るのかが楽しみですな。


[REC]
よくみると畑田(妹)って、3本髪の毛が突っ立っているのね。
コレもアホ毛の一種なのでしょうか。
よし、これから彼女はQちゃんと呼称しよう。

しかし落し物の多い妹だなー。アレか!?ドジっ娘なのか?
今回は総じて面白かったな。
Qちゃんのシャワーシーンというサービスを作りつつ、実際は赤とQちゃんが雪解けに向かって(?)いきそうな感じを上手いコト描いているなー、と。兄との雪解けは難しそうではあるが。

そして最後の電話。
ドッチが受かっているのだろうか。
赤だったら雪解けは難しくなりそうな気はする。
まぁ、その場合、赤の努力や実力をみての雪解けってコトになりそうではある。
逆にQちゃんが受かっていたとしたら、どうなるのかは予想がつかないな。
どちらにしても、何らかの役で競演というコトになるのは間違いないと思うが。

大穴はどちらも落選というルート。


[コイネコ]
連載史上初!ナオさんの大活躍がはじまります!!
…えーっと、今まで活躍していませんでしたっけ?
まぁ、記憶にはないけれども。

手始めにミカヅキ瞬殺でボスに成り上がり。
まぁ、人間形態と猫形態、結果は見るまでもないな、うん。

何やら良いコト言ったのに、結局はナオ節全開になってしまう辺りがこのマンガなんだよなぁ。
まぁ、それでいいのだけれども。

シリアスな展開が続いたけれども、ようやくこのマンガらしさが戻ってきて一安心。っていうか「これからも~~」とか書いてあるが、そろそろ終わりそうな気がするのは、私の気の所為?
しかし今回で藤枝にバレた訳だし、ミカヅキのコイネコ化も現実味を帯びてきたのではないでしょうか?


[ジェネコミ応援団]
さて第4回目の今回は小野寺浩二氏に、大石まさる氏からの応援メッセージ。
大石氏といえば「ヤングキングアワーズ」で”水惑星年代記”を連載中の作家さんです。

さて肝心の応援イラストなのですが…
完全に大石節満載すぎますね。
もはや完全に別キャラだろ、コレは!!
このまま大石氏の作品に出てても気づかないレベルだよ、もう。
橘先輩をメインにしているトコロをみるに、大石氏もめがね坂を登っている最中なのでしょうかね?

小野寺氏からのお返しメッセージイラストなのですが、誰ですか?コレ?潮かな?
しかしヤッパリめがねっ娘を描くのですね。

尚、小野寺氏が登場した理由は、単行本が11/19に発売予定だからです。


[スピリチュアルぱらだいす]
不動産会社の社員の気持ち、よく解るなー。
しかし美月は聞き方が悪い。
初めから3万以下の物件を求めればいいのであって、初めのセリフは余計だよね。だから社員が隠すんだよ。
っていうか、高校生に売却ってどーなのよ?

って、ばぁやが再登場したのに、この前のイキオイはなし。
残念ですなー。あの壊れっぷりは面白かったのに。

今回、美月が霊に拘る理由が判明した訳だけれども、それ以上に玉置の想いが良い感じに描けていたのではないでしょうか。
まぁ、そんなシーンも完全に美月に壊されたんですけれども。

最後に登場したのがお兄ちゃんなんですかね。
危険ってどんな理由なんでしょうか。
私としてはくだらない理由が良かったりするのですが、深刻そうな感じではある。
そろそろ物語が大きく動き始めてきたのかな。


作者コメントがまたレベル高すぎです。
>歯科助手さんて美人率高くないですか?(中略)そんな美人さんが口の中に指をつっこんでくるんですよ!いやらしいなぁ

こう考えると歯科医も楽しくなるかも!?
まぁ、私は虫歯とは無縁で、歯医者なんか10年以上行っていませんけれどもね。


[エンジェル高校]
ルーダス=天国の運動会!
何か拍子抜けだな。
しかも妨害ありかと思いきや、結構さわやかじゃないか?

しかし堕天使高校のハルが女の子だったとはー。
いや、完全に予想外でした。
しかもひょっとしてフラグイベント?
まぁ、ラブコメにはライバルが必須ですからね、その位置にハルがいるというのも面白くてイイ♪な、うん。


[ガールズザウルスDX]
荒畑…
彼はまた1つ、アッチの世界へといってしまわれた様です…

って、知立(母)かぁ。
いや、確かに荒畑の好みの体型ではあるが、完全に予想外だったなぁ。

しかし今回の遥は相当にエロスだな。
荒畑を誘惑しているシーンではセリフがヤバめだし、その後は知立に揉まれているもんなー。
っていうか知立よ、後ろから揉むなんて、何て羨ましい…
遥の表情といい、セリフといい、何たるエロス!今回はこのシーンダケでも充分に満足ですよ。


[眠れる惑星]
という訳で最終回。

現世は夢、夜の夢こそ真。
最後のシーンを見ていたら、この言葉が浮かんできた。

結局夢だろうが現実だろうが、2人が幸せそうに笑っているのを見て、コレでよかったんじゃないかなー、と思う次第。
まぁ、最後までよく解らない話だったなー、とは思いますけれどもね。


[CODE-EX]
何か今回、海老原がイイ感じじゃないか?
照れて焦っているトコロが…
それも2回もだ―――!

さて、克紀はようやく、由真と一緒に暮らすコトの素晴らしさに目覚めつつあるようだな。
いい傾向です。
お風呂に入っているトコロの想像なんかな、どーでもいいんだよ。実際につきススみ読者の目を潤すのがオマエの役目だろーが!

師匠も登場し、克紀が狙われてと、だんだん面白さが増してきたな。


[ラブふぃっと]
4月号に登場した作家の再登場です。
今回もまた、変態全開の素晴らしいマンガです。

まぁ、前回の作品をうろ覚えなのですが、今回の方が変態度が上ですな。
確かに男の行動を振り返ってみると、ストーカーだ。
どうしてそのコトに考えがいかなかったのだろうか。
まぁ、男のモノローグの所為なのですが、コレがまた彼氏だろうがストーカーだろうが違和感がないから上手い。
確かにストーカーっていうのは、こういう風に思い込んでいるモノだからなぁ。

今後も登場するかもしれないなぁ。
コレがシリーズ化すると、やはりこのデブ(チカ)が案内役になってくるのだろう。
まぁ、チカが案内役である限り、本人の恋愛話はなさそうだから、ソレもまた良いのではないでしょうか。
っていうか、再登場どころか連載化を強く希望します。


[新吼えろペン]
よくもまぁ、こういう話を考えられるなぁと、感心する。
アイディアが面白いですね。
まぁ、こんな様な、自分の描いた絵で戦うゲームがメインのエロマンガはありましたけれどもね。

もう今回は笑いっぱなしですよ。
1回戦の、炎尾の自画像が複雑すぎて相手が描ききれなかったっていうのも面白かったし、2回戦の流れ星戦も面白い。
特に「名指しで殴りやがった!」のシーンには大ウケでした。

これはもう、次回が楽しみでなりません。


[次回予告]
長き休載期間を経て”メルカノ。”復活!
昨年の6月号以来の登場ですね。いや~、長かった。
どんなだったかうろ覚えなのですが、確かミュウが告白して、返事待ちってトコロで何の前触れもなく休載になったんでしたっけ?
イキナリ辛いシーンから始まりそうですな…


って、”ラブふぃっと”の藤那トムオ氏の読みきりが掲載予定なのか。
しかも今回と同じシリーズ。
いや~、楽しみですね~。
もうこのまま連載になってしまえ!


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”SCHOOL MATE”1巻 10/20放送の”エンタの神様”の罵詈雑言
コメント一覧
Hiyuki
>案山子日報
早く見てみたいというか、単行本には載るんでしょうか、これ?
話を聞くたびに見たくなってきます。
単行本掲載希望のメールでも送ろうかな。
URL 【 2007/10/21 18:58 】 編集
名無しG
>Hiyukiさんコメント有難うございます
非常に残念なのですが
1巻を見る限りでは収録される可能性は低いですね
私としてもこのネタが収録されないのは
もったいないと思うのですが…

アニメ化してファンブックか何かが
出れば収録されるかもしれませんが…
URL 【 2007/10/23 07:52 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。