い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/10/23(火) 07:29 コミックレビュー
最近の私のお気に入りのカップ麺はUFOのきのこヤキソバ。
ちょっと前に某カップヤキソバがリニューアルし、マズくなってしまったので好きなカップヤキソバがなくなってしまったのですが、このきのこヤキソバが久々ヒット!


さて本日紹介するマンガはこちら。
SCHOOL MATE
秋田書店刊/あづまゆき氏


[あらすじ]
新米の中学教師・藍川珠樹。
彼の悩みの種は妹の未来だ。
未来と、隣に住んでいる漆原紗月はグラビアアイドルなのだ!
ただでさえ頭が痛いのに、何とこの2人は珠樹が受け持つクラスの生徒でもある。
家でも学校でも2人に(っていうか主に未来に)ふり回される日々。
珠樹に安息の日は訪れるのか!?


[内容補足と感想とか]
まぁ、内容補足とかいってもこのマンガのストーリーなんかあってないようなモノですので、基本的にはキャラの紹介がメインになると思います。

さて珠樹の妹の未来。
DSC03676.jpg
未来(みく)

ちょっとナマイキで、勝気で強気。
いつもワガママを言って珠樹をふり回す困ったチャンです。
ただ、実際はお兄ちゃんが大好きで、構ってもらいたいお年頃なんだと思います。要するにツンデレですね。
その気があるのか、それとも好奇心旺盛な思春期特有のモノなのかは解りませんが、お兄ちゃん(珠樹)に裸で迫るコトすらあったりします。
まぁ、ちょっと背伸びしたいお年頃の、オマセさんなんですよ。
未来はそんな感じの女の子ですね。
個人的にはそんなに好きではないので、紹介はこのくらいで…
まぁ、胸が小さいのを気にしている場面はそれなりにグッとキたとか何とか…


さてもう1人の女の子。
未来の幼馴染で、藍川家の隣に住んでいる漆原紗月。
DSC03677.jpg
漆原紗月(うるしばら・さつき)

未来とは違って、おとなしい感じの女の子です。
コレでも未来と同級生で、中学に進級したばかり。
この胸で、中1。新中1ってコトはだよ?少し前までは小学生。つまりランドセルを背負っていたんだよ?この胸で…
何という素晴らしさ…
じゃなかった、けしからんな、コレは。
ちなみに大人しくって、引っ込み思案な女の子だからね。
例えば痴漢なんかに遭遇しちゃっても

DSC03678.jpg
痴漢が…

声が出せないんだね。
この時はね、表情がヤバいくらいにヤバかったね、うん。
巨乳の上に大人しいからね、狙われちゃうんだね。
こういう時は勇気を出して声を出そうね。もしくはホッチキスを持ち歩いて相手の手をおもいっきり挟んであげようね。まぁ、このブログを見ている女性はほとんどいないので、こんなコト書いても意味ないケドね。

さてそんな紗月は、実は珠樹が大好きなんだね。
傍からから見ていると丸解りだよ!ってくらいに解り易い。
たぶん、本人(珠樹)以外は気づいてる。まぁ、未来は完全に気づいているしね。
まぁ、見ていて悶えるレベルでのカワイさで、悶々としてくれるのが嬉しいトコロ。
好きが高じて、しかも言い出せないまま、夢にまで見てしまう始末。

DSC03684.jpg
紗月の夢の中

しかも珠樹とラブラブする夢なのかと思ったら、ちょっと違った。
いや、確かにラブラブする夢なんだケド、デートとかじゃなくって、胸を揉まれて喜んでいる夢。
つまり淫夢。そんな夢を見て、触られたのが嫌じゃなかった自分に気づいて、自分はHなんじゃないかと悩んで、珠樹の顔が見られなくなって…
と、ちょっとこの辺りの紗月はヤバいんですが。
尋常ならざるカワイさです。私の心が陥落寸前。相手は中学生なのに。
えー。私はロリコンじゃないんだケドなぁ。見た目は既にロリの域ではないんですけれどもね。
未来は貧乳に悩んでいるという萌えを見せてくれましたが、紗月は巨乳コンプレックス気味みたいですね。
ソレはソレで良し!美味しくいただけるから。

そんな紗月ですが、学校のオリエンテーション合宿では熱を出して倒れてしまうんですね。
珠樹は担任として、紗月の看病をするコトに。
汗で身体が濡れてくる紗月。看病するのは珠樹。
えーっと、ちょっと待てよ。
汗で身体が濡れるのはマズい。汗で身体が冷えるからね。

あ、余談ですが汗をかけば熱が下がると思っている人がいますが、その知識は間違いです。
熱が下がる過程で汗が出るのであって、汗をかけば体温が下がる訳ではないです。
逆にムリして汗をかこうとすると体力が奪われて悪化する可能性すらありますよ?

っと、話を戻して。
つまり、風邪のときは汗をそのままにしておくのは危険なんだよ。
拭かなきゃならないんだ。そして看病しているのは珠樹…


DSC03680.jpg
何故、このアングルで描く?

…という訳で、珠樹が服をヌギヌギさせて身体のいたるトコロを拭いちゃうよ?
胸を拭いている時なんか、「ピクンッ。あっ。」とかいうカワイイ反応が拝めちゃうよ?
いや、このシーンはエロかった…
どのくらいエロかったかというと、勃った。いや、マジで。

その時、未来はというと…


DSC03681.jpg
エロピンチだ!

暴漢に襲われてピンチに陥っていました。
普段は強気な未来ですが、暴漢に襲われて貞操の危機!?
どーなっちゃうの?
結末はご自分の目でお確かめください。


…と、主要キャラ2人を紹介してみました。
え?何?紹介に差がありすぎる?
気の所為じゃないですか?
まぁ、私の好みの問題が存分に反映した可能性は否定しませんが、基本的には平等に扱ってますよ?
だって相手は中学生ですもの。
何かあったら犯罪ですよ、犯罪。
こんなのに萌えとか萌えとか言っている場合じゃないですよ。
いくら胸が大きくても、どんなにえっちく見えても中学生。
何かを感じる訳ないじゃないですか。勃ったケド…
そんなねぇ…、ガキンチョに…







DSC03685.jpg
!!?


DSC03687.jpg
!!!?

ユリじゃないですかー!
ユリはイイですよね、ユリは!
やっぱりユリの至高はキスですよね!
何ていうか、私の線引きなのですが、それよりイっちゃったらユリじゃないんですよ。レズなんですよ。
だからユリの至高はキス。そして一見じゃれあいに見える感じの触れ合い。せめて胸揉みくらいまででしょう。
まぁ、コレは私の思い込みっていうか線引きなので気にしなくても結構です。
まぁ、ドッチも好きなんで構わないんですけれどもね。中間はいらないけれど。

まぁ、このシーンは撮影の一環で、ホントにユリっていう訳じゃないんですケドね。
その後、珠樹が見ていたのを知って、真っ赤になってテレてしまう紗月でご飯が3杯くらいはイケそうだったり。


さてこの作家さんなのですが、
「づ」名義だと→一般作
「ず」名義だと→18禁成人マンガ
という風になっているんですね。
まぁ、作風はほとんど変わらないし、絵柄も全く変わらないんですケドもね。
しかし今まで「づ」名義でこんなにエロい作品はなかったのではないでしょうか。
全部読んだ訳ではないので確かなコトは言えませんが、ある意味で「ず」名義でもおかしくないような作品ですね。
特にこの巻最後に収録されている7話の最終シーンはちょっとシャレにならない気がします。
未来が珠樹にスカート+ノーパンで迫るシーンなのですが…
最後のページの1コマ目、ちょっとスジが描かれてない?しかもノーパンでの…

まぁ、この作品はあまり深く考えなくても楽しめる作品で、かといっても中学生くらいの女の子の心の不安定さっていうのを描きたいらしいので、その辺りの心の機微っていうのも楽しめたらなー、と思いますね。
未来がアイドルやっているのは珠樹に見て欲しいっていう願望の現われだろうし、要するに構って欲しいんですね。
そこに兄弟以上の、要するに恋愛感情があるのかどうかは解らないけれども。
まぁ、その辺りも含めて、楽しみな作品ですね。


最後になりましたが、このマンガで私が最も気に入っているキャラの紹介を…
そのキャラとは…


DSC03682.jpg
神楽あさひ

元グラビアアイドルで、今は未来達のマネージャー。
時に優しく、時に厳しい、未来達の良きお姉さんみたいな感じの女性です。
元グラビアアイドルだけあって、スタイルは抜群。
ちなみに人気絶頂の中、突然引退したので、まだ19歳なんですね。
コレで19歳とか反則だろ…
いや、胸がとかじゃなくって態度がね。
しかしあさひさんはイイ♪
その内、彼女の過去が明かされたりするのだろうか。それもまた楽しみですね。
それにしてもあさひさん。

DSC03683.jpg
ヤバいです、イロイロと…

まだまだ充分イケますよ?
なんなら私が…

って、何言ってるんだろうね、私は。


といった感じで紹介終わりです。
しかしこのペースだと、1年は次巻がでないな。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”あまガミ”第2話「くらすめゐと」 「サンデーGX」11月号感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。