い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2020/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2020/10
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2007/11/08(木) 05:31 コミックレビュー
「週刊少年ジャンプ」のカレンダーが売っていたので、今年は”魔人探偵脳噛ネウロ”のモノを購入してみた。
後は毎年買っているイチロー選手のカレンダーを購入予定なのだが、昨年までは売っていた店に今年は置いてない。
そしてどの店に行っても置いてない。
やはり予約しないとムリなのか?
しかし、カレンダーの話になるとは、もう今年も残りわずかというコトですね。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ハコイリ
秋田書店刊/Cuvie氏


[あらすじ]
都内の大学に通う田中光一。
そして名門校に進学するため上京してきた綾瀬紫苑。
紫苑の家は、2人の地元ではかなりの名家である。
そして光一の母親は紫苑の家の使用人だった。
しかし、実は2人は相思相愛の仲だったのだ!
だが、光一が先に上京するコトになり、別れ際に紫苑は約束をしていたのだ。
「次に会ったら処女をあげる」と。

そんな2人は、東京で感動の再開を果たす。
そして、いざ!という時になるのだが、邪魔者が現れて…?


[内容補足と感想とか]
はい、という訳で、今回紹介するマンガえっちぃマンガです。
えっちぃドコロか、相当なエロさ。
どのくらいのエロさなのかというと、18禁でないのが不思議なくらいです。


ってな訳で、上京する際に紫苑から「再開したら処女をあげる」とか言われていた羨ましい状態の光一クン。
このマンガは再開したシーンは端折って、約束を果たすシーンから幕を開けます。

DSC03781.jpg
初めのページがイキナリ、コレ

ってな感じで初っ端からエロ展開!?まさかの18禁モード突入!!?
といった感じなのですが、そうは問屋が卸さない。
何といっても紫苑の家は地元ではかなりの名家。当然、紫苑のお婿さんは時期当主。
光一は綾瀬家の使用人の息子。不釣合いな家柄。

そんな訳なので、2人の仲をジャマする者がいるんですね。
そのジャマモノというのが―――


DSC03782.jpg
ジャマモノ登場

綾瀬家の前代当主、つまり紫苑の祖父なのです。
という訳で、このじじいから逃げつつ、紫苑との約束を果たそうとするんですな。
しかし、相手はヘリを乗り回し、ボウガンで矢を射ってくるツワモノ。
当然、窓のある部屋では行為は不可能!

紫苑は当初、「初めては一流ホテルの高層階の部屋がいい」などといっていたのですが、そんな場所では不可能です。
めいいっぱい妥協して光一の部屋で。となった訳ですが、そこも襲撃されてしまいました。
そして愛の逃避行が始まったのです。
逃げる光一&紫苑、追うじじい。
そしてその逃避行のさなか、紫苑が

DSC03783.jpg
逃避行中

こーんなコトを言っちゃったりなんかして。
ちなみにこの場所はビルの陰です。所謂、大都会の死角ですね。
逃げ場はない。ヤル場所もない。
だから、しばらく見つかりそうにないこの場所で―――

という訳で、紫苑と光一は結ばれました。メデタシメデタシ。







とは、なりませんでした。
いや、確かにこの時は結ばれるのです。
当ブログでは紹介しませんけれども。っていうか紹介できませんけれども。
結ばれるんです。そりゃもう、そういうコトがあった。と仄めかす様な「もやもやトーン」を使って誤魔化した訳ではなく、濃厚なシーンが描かれていますからね。

え?結ばれたのならメデタシメデタシなんじゃないかって?
いや、ココで終わればめでたかったんですがね。
このマンガには続きがあったんですよ。


紫苑が上京したのは進学の為なのですが、実はもう1つ目的があったんですね。
もう1つっていうか、ソッチがメインというか。
その目的っていうのが―――


DSC03784.jpg
真の目的

婿探し!
つまり結婚相手を探しにきたのだ!
え?相手は光一じゃないのかって?
いや、そうなんですけれどもね。
実際、紫苑は光一一筋で、他の男なんか眼中にないんですよ。じゃあ、なんで婿探しに来たのかっていうと、口実なんですね。
つまり光一を追って東京に来るためのデマカセ。
そうまでして光一に会いにきたんですよ。
光一以外の男と婚約させられるかもしれないというリスクを負ってまで、光一に会いたかったんです。いじらしいじゃないですか。カワイイじゃないですか。応援したくなりますよ。

そんな訳で婚約者を探しにきた紫苑。
当然、その相手のイヤミライバルが登場する訳です。

DSC03785.jpg
イヤミなライバル

なんでも警視総監の息子で、名門大学に在学。シュミの株で個人資産は億の単位らしい。
そんな経歴をいたく気に入ったじじいが、紫苑の婚約者として認めてしまうんですね。
そんな訳で、紫苑は半軟禁状態で、光一は紫苑に会えなくなってしまうんですね。

DSC03786.jpg
連れ去られる紫苑

それから話はトントン拍子にススんで、紫苑の結婚式が近づいてくるんですね。
相変わらず紫苑に会えない光一。
しかし、光一に味方する者もいたのです。
紫苑のお目付役の聡子です。
まぁ、お目付役なので綾瀬家側の人間なのですが、聡子の第1信条は紫苑の幸せなんですね。
だから2人に協力してくれるんです。

DSC03787.jpg
光一の決意

そんな感じで、光一&聡子による紫苑奪還作戦が始まる―――?


結末はご自分の目でお楽しみください。


さて、冒頭に書きましたが、このマンガはエロいです。それこそ18禁ではないのが不思議なくらいに。
何といっても毎回毎回、何らかのカタチでえっちシーンがありますからね。
しかし、そんなコト以上に紫苑がカワイすぎます。
光一と行為に興じている時に見せるえっちな表情も、光一の前でのみ見せる笑顔も、光一に会えなくなった時のつらそうな表情も、その全てが紫苑のカワイさであり、光一への愛で満ちているのです。
だからこそ、紫苑が魅力的に見えるのです。


しかし、光一と紫苑が引き離された時にやってくれた、テレフォンえっちのエロさはスゲぇですよ?
あのシーンで3回はイケましたからね。何が?という質問はご遠慮ください。


当初、読みきりで、1話の時点で完結していたんですよね。
だから1話の最後はハッピーエンドになっている訳だしねぇ。
人気があった為か、続編が作られ、ちょっとおかしな部分が出てきたトコロもあるしねぇ。
聡子の存在とか、紫苑が上京した理由とか。
しかしそんな部分を吹き飛ばしてくれるのが、この作品の面白さなんですよね。だから良しとします。



さて、この本には短編が2本収録されています。
”オオカミ少年の恋”と”アブノーマル”です。
こちらもちょっと紹介を。


[オオカミ少年の恋]

DSC03788.jpg


内容はシリアスなラブストーリーです。
詳しい内容は…

読んでください。としか言えません。というか、私にこのマンガのレビューをするのは不可能です。
いうべき言葉が見つからないからです。
嘘をついてばかりの少年と、そんな少年に恋をしてしまった少女。
そんな2人の、悲しくてせつない恋物語です。


[アブノーマル]

DSC03789.jpg


こっちはねぇ、もう完全にエロバカマンガ。実に私好みのマンガ。そう言えばどんなマンガか解っていただけるだろうか?

体育の授業が終わって、用具を片付けている2人の女の子。
片方は学校に対する不満を漏らします。
この学校はブルマを使用しているのですが、ソレが気に入らない様子。
特に嫌なのが、体育の谷崎先生のブルマを見る目なんだとか。

DSC03791.jpg
ブルマがキライな理由

と、そんな話をしていると、後ろに谷崎先生が。
しかも谷崎先生はブルマ信者ときたもんだ。
もう、どんな展開になるのかお解りですね?

DSC03792.jpg
谷崎先生

この女子生徒にブルマの素晴らしさを教育し始めるんですね。
しかももう片方の女生徒はブルマの素晴らしさが解るらしく、積極的に先生に協力し始める始末。
もう、この女の子に逃げ場はない!
そして―――


DSC03794.jpg
性教育ですか…?

谷崎先生による特別授業が始まったのだ。


といった感じの話です。
まぁ、細かいコトは考えず、下半身で読めばいいマンガですね。
後は、途中で挿入されるレズっぽいシーンがお気に入りです。
3回はイケます。「ます」っていうか「ました」ですが。

そんな感じの18禁手前ギリギリなバカエロマンガ。ギリギリっていうか、ギリギリアウトじゃないかと思うのだが。


そもそも今までこの本を紹介しなかったのは、ちょっと迷っていたんですよね。
18禁じゃないとはいえ、このブログで紹介してもいいのかどうかとね。
もう一方でやるべきじゃないのか、とね。
しかしまぁ、掲載雑誌の感想を毎号書いているし、更新ネタがないし、ま、いっかという感じで紹介に至った次第です。

という訳で、読みきりの為に買っても損はしないよ?なこの1冊、夜のお供にいかがでしょうか?


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”GAMBLE FISH”3巻 「コミックヴァルキリーHard」Vol.1感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する