い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2020/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2007/11/09(金) 08:49 コミックレビュー
1巻表紙→獅子堂美華
2巻表紙→月夜野由佳
3巻表紙→朝比奈里緒

主人公、形無しです。
既に杜夢が主人公だと忘れそうになります。というか、表紙を見て買うと騙されます。何という詐欺マンガ…


という訳で本日紹介するのはこのマンガ。
GAMBLE FISH
秋田書店刊/原作:青山広美氏/作画:山根和俊氏


[作品概要]
名門校・獅子堂学園。
その学園に転入してきた白鷺杜夢。
彼はある目的を持ってこの学園にやってきた。
その目的とは、この学園を潰すコトらしい。
目的の為にギャンブル勝負を繰り広げる杜夢。
閉鎖されたエリート学園で狂気のギャンブル勝負が幕を開ける…


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて前巻の展開をおさらいしておきますと、杜夢が受けた次の勝負はビリヤードチャンピオンとのビリヤード勝負。
ビリヤードは素人の杜夢は菜摘の伯父である、樹村プロに師事を仰ごうとするが、ギャンブルに手は貸せないという理由で拒否される。
だがしかし、その場に賭け球では有名な裏専門の五木島が現れた!

という辺りでしたね。
という訳で、自分の技を見せ、樹村プロに勝利した五木島。
その技というのは、普通では考えられないショットだった。
だが、五木島は本来なら狙って出来ないハズのショットを決めて見せたのだ。ちなみにイカサマではないです。五木島の実力。
つまり、五木島は本来では考えられないショットに磨きをかけていたのだ。
うーん、裏プロっぽいですね。

DSC03795.jpg
自信満々の五木島

ソレを見ていた杜夢は、この五木島に教えを請うコトを思いつく。
わずか数日でチャンピオンに勝てる実力がつくハズはない。
勝つ為にはイカサマが必要。だから勝つ為には何でもやる、この五木島の力が必要だと考えたのだ。
そして五木島に勝負を挑む杜夢。

DSC03796.jpg
五木島と100万勝負


その後、杜夢は五木島との勝負に見事勝利し、五木島に勝つ技を教えてもらうコトになりました。

DSC03797.jpg
師弟関係…?

なお、勝負の内容はご自分の目でお確かめください。


さて、こうして杜夢の特訓が開始された訳ですが、当然数日ではチャンピオンに勝つ実力など得られません。
そこで五木島が用意した策の1つがイカサマキューです。

DSC03798.jpg
インチキ第1弾

何でも高圧の圧縮空気が仕込んであって、トッププロの倍以上の速度で球を撞くコトが可能になるのだとか。
コレを使えば、最強のブレイクショットが可能になります。


さて、相手の朝比奈里緒なのですが、杜夢の父親に恨みがあるらしいのです。
何でも実家の温泉旅館が杜夢の父親の詐欺にあい、全財産を奪われ、そのショックで父親は死んでしまったのだとか。
そんな訳で杜夢に対しても並ならぬ憎悪を持っているんですね。


こうしてビリヤード勝負が始まりました。

DSC03799.jpg
中学校の体育館じゃないな

当日は、五木島も業者になりすまして会場にもぐりこんでいます。

DSC03800.jpg
コスプレ?

ビリヤードは精神面がプレイに影響するらしいのです。
まぁ、確かに緻密なショットを要求される場面も多々あるだろうし、そんな場面で緊張したり、動揺していたりすれば、手元が狂ってミスショットを誘発します。
そんな訳なので、試し打ちで例のイカサマキューを使い、朝比奈の動揺を誘おうとします。

DSC03801.jpg
試し打ち

彼女(チャンプ)の「心(ハート)」を打ち砕け(ブレイクショット)ッ!!!!
などという、ちょっとイカしたセリフが炸裂。
何です?この、朝比奈陥落の伏線は!?
チャンプ(朝比奈)のハートをブレイク!ですからね。
さすがに学園ハーレムを目指す男は言うコトが違いますね。

という訳で、杜夢のギャンブルが開始されました。

DSC03802.jpg
ギャンブル開始


しかし、会場の観客(生徒とOB、並びに父兄)は完全にブレイクショットされていましたが、当の朝比奈はさして動揺した感じを見せません。
そして試合が開始されました。
杜夢がブレイクショットをする為には「バンキング」で勝たなくてはなりまえん。
バンキングとはビリヤードでの先攻を決める方法です。
ここで勝たなければ、イカサマキューも宝の持ち腐れです。
ここでも確実に勝つ為に、五木島の策が炸裂します。

DSC03803.jpg
インチキ第2弾

朝比奈のキューにナノテクの糸を接着させておき、ショットの瞬間に引いて力加減を狂わせる作戦です。
杜夢のブレイクを見て動揺し、失敗したと思わせる完璧な作戦です。
だがしかし!
そこに「お待ちなさいッ!!」という声が響きます。

美華さんです。
美華さんは既にこのセリフがキメゼリフみたいになってますね。
五木島のイカサマに気づいたのか!?
と思いましたが、違いました。

DSC03804.jpg
作戦自体は失敗

気づいたわけではないのですが、キューの交換を持ちかけます。
なんでも公式戦でのみ使う勝負キューらしいのです。
この勝負は公式戦ではないけれど、「必ず勝たねばならない」戦いなので、勝負キューを使えと言うのです。
こうして作戦はもろくも失敗し、それどころか朝比奈は気合充分、油断も心の迷いも吹っ切ってしまいました。

という訳で、元々の実力は朝比奈のほうが上なので、バンキングで負けました。
さてこの勝負の勝利条件の1つにブレイクナイン達成というのがあります。
ブレイクナインというのは、ブレイクショットの時に9のボールを落として勝利するコトです。成功率は3%ほどの難技なのだそうです。
しかし、五木島には、このブレイクナインを成功させる秘策がありました。
ラックスポットシールという、ビリヤードの球を正確に置く為に貼るシールがあるのですが、ソレに細工して杜夢が打つ位置からは100%ブレイクナインが成功し、朝比奈の打つ位置では9のボールはほとんど動かないような球配置にしてあるんですね。

DSC03805.jpg
インチキ第3弾

こうして朝比奈のブレイクナインは不可能かと思われましたが、朝比奈の執念が勝ったのか、何と他の球に当たって、そのままポケットイン。
つまり、

DSC03807.jpg
成功率3%なのに…

第1撃でブレイクナイン達成。1番難しい条件をアッサリとクリア。
杜夢、イキナリ後がなくなりました。
そして実力はホンモノのチャンピオンはとまりません。
次のゲームでは、ブレイクショット後に難しい配置になり、チャンスかと思われましたが、そこも難なくクリア。
こうして調子に乗ってきた朝比奈は次のゲームでマスワリを達成し、いよいよ杜夢は後がなくなってしまいました。

DSC03808.jpg
マスワリ達成

しかもこの状況に直面し、五木島が杜夢を見限ってしまいました。

DSC03809.jpg
五木島、離脱

完全に劣勢。何もしなければ敗北は確実。
この段階にきて、ようやく杜夢が動き出します。
そして杜夢が動いた結果、朝比奈はショットを失敗。
ようやく杜夢にチャンスが訪れます。

DSC03810.jpg
杜夢の策の結果

まぁ、何をしたのかはご自分の目で確かめてもらうとして、この策の結果、朝比奈は球を落とせない配置になってしまうんですね。
しかしソコはチャンプの実力。
セーフティという技があって、コレはポケット出来ない時の技で、要するに相手に難しい配置を残す技なんですね。

DSC03811.jpg
セーフティ

転んでもタダでは起きないチャンプ。9の球で8の球をガード。
そもそも杜夢はこういう場面を想定した練習はしていない。
五木島の作戦で、バンキングを取り、ブレイクナインを達成。
その後、やはり五木島の策でマスワリを取る為の練習しかしていないのだ。
つまりは真っ直ぐ撞く練習しかしていないのです。
完全に終わったかと思われましたが、杜夢は一筋の光明を見出します。
この巻の初めに五木島が見せたゴキブリショットでした。
実は、杜夢は五木島のショットを動画に収めており、コッソリと練習していたのでした。
そしてこの場面で、その難しいショットを炸裂させます。

DSC03812.jpg
勇気のショット

まぁ、ゴキブリスペシャルというのがどういう技なのかは、やっぱり自分の目で確かめていただくとして、この場面でそのショットを放つという勇気、覚悟。
コレがギャンブルで勝つ秘訣なんだそうです。

こうしてようやく、1ゲームを奪取しました。
杜夢の反撃の始まりです。
しかも、このショットを見て五木島が帰還しました。

DSC03814.jpg
五木島帰還

まぁ、ブレイクナインはいいとしても、マスワリは五木島がいないと達成は不可能です。
ようやく、杜夢の勝利の条件が整いました。
まずは、イカサマキューでブレイクナインを達成。

DSC03815.jpg
ブレイクナイン達成

まぁ、ラックスポットシールのイカサマもあるので、コレ自体は簡単なコトなのです。
しかし、2度も杜夢のパワーブレイクを見せられた朝比奈が、杜夢キューに疑念を抱きます。

DSC03816.jpg
バレた…?

誰が撞いてもパワーブレイクになるイカサマキュー。
朝比奈に試し撞きされたら、イカサマがバレる。
しかし、この局面も乗り切った杜夢。どうやって乗り切ったのかは、やはり自分の目でお確かめください。
そして残るはマスワリを達成しての勝利。
マスワリというのは、全ての球を1人で落としきって勝つコトです。
プロでも成功率は4割ほどの難度だそうです。
このマスワリでは、パワーショットが勝利のカギでした。
ブレイクショットで、出来るだけ多くの球を落としておくコトが近道だからです。
しかし、この騒動でパワーショットは使用不可能になってしまい、杜夢ピンチ!
だが、五木島のマスワリ達成の策が発動する―――!?

DSC03818.jpg
インチキ最終章

といった辺りで次巻へと続く。


さて、イカしたギャンブルマンガもコレで3巻目。
彼女(チャンプ)の「心(ハート)」を打ち砕け(ブレイクショット)ッ!!!!
などのセリフが飛び出すなど、相変わらずイキオイは絶好調。

今回の勝負にしても、初めに杜夢の絶対的な有利を示しておきながら、朝比奈にヤバい状態まで追い詰められる。
しかもそんな状況になるまで何もしない杜夢。
ようやく動き始めたのが、朝比奈勝利の直前という状態。
しかし、そこから逆転が始まる。
いや、確かに何のピンチにもならないままに勝ってしまったら面白くないのかもしれないけれど、その「どうやって勝つのかな」という部分が本当に面白い。


さて3巻で気になった部分を少し紹介。
まずはこんなシーンから。

DSC03819.jpg
少年誌…?

美華さんと朝比奈がシャワーを浴びているシーン。
何でもこの2人は幼馴染らしいのです。
とはいえ、2人でシャワー。しかも洗いっこときたもんだ。
コレでイケナイ妄想をするなっていうのがムリってモンでしょう。
しかも朝比奈の方がタチという、完璧っぷり。
しかも朝比奈、手つきがやらしくないですか?
やはりソッチのお方なのでしょうか?
もうね、このシーンでお腹いっぱいですよ。

とか思っていたら、この後のお着替えシーンでは、美華さんとお揃いの下着(デザインが同じで、美華が白、朝比奈が黒)を着用という、完全妄想仕様な描写がまた素晴らしかったです。
いや、眼福満腹。


さてお次はこんなシーン。

DSC03820.jpg
気になるセリフ

えーっと。
ビリヤード勝負の会場に入場する美華さんのシーンなのですが、何か自虐セリフがあるのですが…
「中学生に見えなーい!!!」

…。

……。

もはや誰もが中学校が舞台だというコトを失念していると思いますが、この学園は中学校。
登場人物はほとんどが中学生。
そもそも美華さんダケではなく、杜夢も月夜野も、朝比奈も中学生には見えません。
かろうじて菜摘とキノコ水原が中学生に見える程度の状態です。
やはり、年令詐称でしょうか。
実は美華さんは朝比奈と一緒に学校に通いたいが為に3年くらい留年しているんだよ!
え、え~~!!?

って感じですかね。
実は朝比奈も年令詐称していると思いますがね。


最後はこんなシーンを。

DSC03821.jpg
上を見る朝比奈

特になんでもないシーンに見えますが、実はそうでもないんです。
次巻のネタバレになりますが、実はこの時天井にはある人物が潜んでいるのです。
このマンガを語る上では欠かせないあの人なのですが…

何でこの時誰も気づかなかったのか。
この時、朝比奈だけではなく、ほぼ全ての人が上を見たと思うのですが…
って、よく見ると、観客の中に上を指差している人がいますが、この人は気づいたのでしょうか?

そして、朝比奈のこの勝負服はエロすぎないのか、と。
何か中学生なのに欲情出来るレベルなんですが…
しかもこのポーズが何やらクるのは私ダケでしょうか?
って、何言っているんだ、私は。
しかしこう、上を向いていると自然に胸が強調される訳で…
元々朝比奈はボリュームタップリな訳で…
ビリヤードの球を模した髪留めもイカしてるし…
要するに朝比奈はサイコーだ、と。
ブレイクショットの時に動くポニーテールを見るのはサイコーだ、と。
そういうコトなんです。
ホントに何言っているんですかね。眠気でボケているみたいなので、この辺で終わります。


[参考リンク]
ギャンブルフィッシュ3巻 青山広美(360度の方針転換様)


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:1
11/10放送の”エンタの神様”の罵詈雑言 ”ハコイリ”
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
トラックバック
← 360度の方針転換
ギャンブルフィッシュ3巻 青山広美
「 エクストリームギャンブルの疾走は止まらない!つーか、ブレーキが仕様にないッ!! 480万の大金を賭けたビリヤード世界Jr.チャンピオン朝比奈里緒との大勝負。中学二年生ギャンブラー、白鷺杜夢の悪魔的秘策が黒き翼を広げる。題して「ナインボール完全犯罪!!」……イ. 」
【 2007/11/10 18:14 】