い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2019/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/01
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2007/11/13(火) 22:26 コミックレビュー
某サイトの過去ログを遡ってみていたら、パソコンの前で眠ってしまいました。
何をやっているんでしょうかね、ホントに。


さて本日紹介するのはこのマンガ。
はかいしん るるこ
マッグガーデン刊/村山渉氏


[あらすじ]
黒沼完太(くろぬま・かんた)18歳、専門学校生。
花屋でバイトをしている。
そんな完太の前に、ある日突然「自分は破壊神だ」と名乗る女の子が現れた。
彼女の名前はガルルディアダルグス。
封印を解いたほうびとして自分の僕として忠誠を誓うコトを許された完太。
しかし、ガルルディアダルグスはかつての力を失っていた。
こうして何だかんだで、ガルルディアダルグス(るること名づけられた)は、完太の家に居候するコト。
こうして奇妙な同居生活が始まった…


[内容補足と感想とか]
えー、本屋で表紙を見た瞬間に、購入を決意しました。
私としては珍しくもなんともない、表紙買いですね。


さて、本作の主人公の完太クン。
花屋でバイトをしながら1人暮らしをしている専門学校生です。
このテのマンガとしては珍しくもなんともない、1人暮らし。
まぁ、高校生ではなく、専門学校生であるというのは珍しいかもしれませんが。
そんな完太クンはある日、バイト先の店先で行き倒れている猫を見つけます。
何かを飲み込んで喉につっかえたみたいです。
ソレを吐き出させてみると、見たコトのない何かの種みたいなモノだった。
しかもソコから女の子が出てきて、自分は破壊神だ!と名乗ったのだ。

DSC03835.jpg
ヒロイン登場

しかも目の前にいた完太を下僕にするという。
何でも自分を封じ込めた魔導士を探し出し、復讐するのだという。

DSC03836.jpg
目的

イタい娘だと思った完太は、積極的に関わらないようにしようとするのだが、ソコはソレ。
とりあえず布を巻いているダケの服を何とかしようとして、家にあった姉の置いていった服を着せました。
ちなみに表紙で解るかと思いますが、セーラー服です。
完太…
お前はよく解っている…

その後は、完太の家に居つく気満々の破壊神に、チョコレートとご飯を与えたら、なつかれました。
1晩すれば帰る気になるだろうと、その日は泊めるコトにした完太クン。
何上手いコトやっているんですかね、ホントにマッタク。
1人暮らしの自分の家に女の子を泊めるだなんて!
何という一大イベントなんだ!っていう話ですよ。
しかもねぇ、破壊神(長い名前なのでるること呼ばれるようになった)は、長いコト封印されていた影響で、暗いトコロが恐いらしいんですね。
姉の部屋で眠らせようとするのですが、
「暗いとこにひとりはヤダ」
とか言っちゃってね、一緒に寝ようとか言い出すんですね。この時のね、カワイさったらないですね、うん。

DSC03837.jpg
1人は恐い

そんな訳で、手をつないで寝るコトに。

って、え~~!!ですよ。
何コレ?出会ったその日に一緒に手をつないで寝るとかね、何という一足飛ばしかっつう話ですよ。
まぁ、るるこの方は何事もないかのように寝てしまうんですけどね。
女の子と一緒に手をつないで寝るとか、男の方はドキドキ感で眠れませんよ。
次の日寝不足ですよ。
全く羨ましい話ですよ。
ホントにマッタクね…

DSC03838.jpg
寝姿

何事もないかのように寝てるーーー!
ちょっとホンキで何とかしてくださいよ。
コレは違うだろ!
私はこんなシーンが見たいんじゃないんだ。
ドキドキ感で眠れねー!っていうシーンが見たいんだ。
その上ね、女の子が寝返りうったりして、前がちょっとはだけちゃったー。みたいなシチュが見たいんだ。
主人公と一緒にドキドキしたいんだよ!
ソレなのに、このマンガときたら、ホントにマッタク…


という訳で、るるこは完全に完太の家に居ついてしまいました。
という訳で、このマンガはるること完太の生活を描いたマンガなんですけれども、ラブコメっていう感じじゃないですね。
どちらかというと、るるこの成長を描いた感じでしょうか。
るるこは元々破壊神で、地球とは違う世界で暮らしていたので、その辺りの常識とかそういうモノが、完太達とは違うんですね。
その上、元々感情というモノが乏しい。
しかし、かつて魔導士に封じられた時に、力を奪われ感情を与えられた。
その変化に戸惑いながらも、一歩一歩成長していくるるこを描いたマンガ。

とはいえ、感情豊かな上、完太に抱いている感情がわからずにもやもやしているるるこを見るのは楽しいし、何といってもカワイイ。
まぁ、恋愛要素的なモノはほとんどないのですが、それでも第3話にそういう話はありました。
花屋のバイトで知り合った客の女の子に、鉢植えのやり方を教える話なんですけれども、その女の子と完太が楽しそうに会話しているのを見て、ヤキモチ妬いているるるこはカワイかった。

DSC03839.jpg
ヤキモチ

心の中では「自分以外にやさしくしちゃダメ」とか思っているのに、声に出して言えないんですね。
普段は何でもかんでも直球にモノを言うクセに。
肝心なコトは言えない。
コレがカワイさでなくて何だというのかね?
態度が完全に恋する女の子のソレですよ。


さて、この話のラストは完全なハッピーエンドとは言えません。
最後は力を取り戻したるるこの力が暴走して―――

っていう展開なんですが、ラストがちょっぴりもの悲しい。
しんみりっていう感じじゃなくて悲しい。

ただ、最後のオマケページで、ハッピーエンドヴァージョンの別エンドが描きおろされているので、まぁ、良かったかな、と。
というか、思い直すくらいだったら初めからコッチにしておけよって感じですがね。

後は、カバー下マンガのるるこがカワイすぎる…
この本冒頭のカラーページに描き下ろされている、るるこが完太に宛てて書いた「るるこのーと」の話なのですが…
ノートの内容といい、そのノートを見られまいとして必死になるるるこがカワイかったり。


作者も認めるるるこのカワイさ。あなたもおヒトツいかがですか?


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”あゆまゆ”2巻 ”白球少女”1巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する