い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/01 12345678910111213141516171819202122232425262728 2017/03
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/11/30(金) 03:56 その他のマンガ
さて「スーパージャンプ」24号では”現代都市妖鬼考 霊媒師いずな”の第3話が掲載されました。
昔「週刊少年ジャンプ」で連載していた”地獄先生ぬ~べ~”に出演していたキャラが主人公のマンガです。
まぁ、本編では明言されていないので、別キャラとして再構築したという感じではありますが。
そんな訳で、本日はこのマンガのレビューなどを…


[感想バックナンバー]
第1話
第2話


[ストーリーと感想とか]
さて今回の話はカルト教団の話。
近所の住民からは不気味がられている家がありました。
その家では教祖(男)と複数の女性が共同生活をしておりました。
何でもその教祖は「どんな不幸な女性も幸福にする」というふれこみで女性と暮らしているらしいのです。
まぁ、現実世界でもよくある話です。

DSC04011.jpg
カルト教団

さて、この中の女性の1人の妹が姉を連れ戻しにやってきます。
DSC04012.jpg
信者の妹

まぁ、姉妹ですから姉の心配をするのは当然です。
しかし、姉は「騙されていない」「自分は幸せだ」と言って、教団を抜けるコトはありませんでした。

何としても姉を救いたい妹の前に現れたのは、怪しげな雰囲気と露出度が多すぎな衣装をまとった占い師でした。

DSC04013.jpg
主人公だヨ

はい、というわけで主人公のいずなの登場です。
このいずなはこの世のものではない存在のからんだ悩みを抱える人を探しては、それなりの代金で解決を持ちかけているんですね。
つまり、今回、この妹が引き寄せられたのは、カルト教団に人外の存在が関わっているというコトなのです。
しかし、姉がカルトに騙されているので、いずなも同類だと思ってしまいます。
かといって姉は助けたい。
そこで、いずなを利用しようと企みます。


はい、というわけで、いずなの潜入捜査が始まりました。
不幸を装ってカルト教団に潜入。
この教団の教祖は仏掛聖師(ふっかけせいし)と名乗っています。

DSC04014.jpg
教祖様

…。

……。

………。

……えー。
名前で解った方もいらっしゃるかと思います。私も名前を見た瞬間に展開がヨメました。
ツラも名前も、歩くセクハラ、生きた猥褻物陳列罪ですよね。

で、この教祖が女性を幸せに出来るようになったのは1年くらい前のコトらしいのです。
何でも「ヤマコ」という神が枕元に立って「自分は女性を救う神であり、救う為に力を貸してほしい」とか言ったんだそうだ。
そうして仏掛はヤマコと一体となって、女性を幸福にする力を得たらしいのです。
そして、その「女性を幸福にする力」とやらがコチラ。



DSC04015.jpg
見た目が18禁だな…



……

……もはや、何も言いたくないのですが…
なんかもう、見るからにしゃs…
いや、何でもないです。

さて、ち○こヅラの頭からあふれ出てきたモノは、エクトプラズムなんですね。
このエクトプラズム、白濁の粘液で、成分は人体組成に近い蛋白質なんだとか。



……

もはや、完全にせい…
いや、やっぱり何でもないです。

さて、この白濁液を使って、どうやって幸せにするのかというと…

DSC04016.jpg
いずなピンチだ

身体に塗ればいいらしいのです。
飲めばさらに効果がUP!
何ていうプレイ?(答え:○○飲)
そんな訳でこの液体を飲まされそうになってしまったいずな。
しかし、その時、闖入者が…

先ほどの妹が、心配になって家の前でうろついていたトコロを信者に捕まってしまったんですね。
こうして潜入捜査がバレ、ピンチは拡大してしまいました。
そして始まる、幸せの儀式。

この液は、ヤマコの体液が混じっており、女性に快楽を与える効果があるらしいんですね。
だから、この液をかぶった女性は理性を失ってしまうらしいんですね。
で、幸せの儀式っていうのは、要するにこの体液を使って…

えーっと。察してください。そういうコトです。
で、捕まってしまったいずなも、体液の餌食に…?

DSC04017.jpg
エロピンチだ!


いずなは無事に解決できるのか?貞操は守れるのか?
という辺りでレビューは終わりです。

えー、今回のエロさは異常です。
本誌に進出してチョーシにのったのでしょうか。
ヤケにエロい。
充分ご使用できます。
そりゃもう、このブログではこのくらいの紹介が精一杯であるくらいに…


という訳で、レビューは後編へと続く……


……の、か?


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「ヤングキングアワーズ」1月号感想 ”美少女いんぱら!”第34話
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。