い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/01 12345678910111213141516171819202122232425262728 2017/03
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/12/13(木) 06:27 その他のマンガ
「週刊少年サンデー」2・3合併号で”DEATH NOTE”の続編?が連載開始したのですが…
いや、単なる劣化コピーか、もしくは壮大なネタか、はたまた大真面目にパクっているのか、それとも開き直りかは判断できかねますが…、ね。
とりあえず成り行きを見守ろうかと思います。


さて本日は”美少女いんぱら!”第35話のレビューを。


[感想バックナンバー]
1・2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話
11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話
21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話
31話/32話/33話/34話


さて今年もあの時期がやってまいりました。
ソレを反映し、このマンガでもそのネタです。
そうです。皆さんご存知、お歳暮です。
いや、ホント参りますよね、いらん出費がかさみますからね~。

って、違いますね、はい。
という訳で、今回はこのマンガ2回目のクリスマスです。
なお、昨年のクリスマスは11話です。


さてクリスマスといえばプレゼントな訳ですが、そのプレゼントで稼ぐお方がいますね。
そうです。クールビューティこと、安永先生です。

DSC04094.jpg
クリスマスはプレゼントを貰うダケ

プレゼントをいただいたら用無しという、あいかわらずのシビアさですね。
たぶん、いつか背後から刺されると思いますが。
そんな安永先生のクリスマスのすごし方は毎年一緒です。
昨年もそうでしたね。

DSC04095.jpg
実家ですごす

実家で親(=愛する人)とすごすのです。
何というか、貢クンへの言い訳の様な、口実の様な気がしないでもないですが、実家ですごすのです。

DSC04096.jpg
クリスマスイヴのすごし方

何かこのコマでは、安永先生の人間らしさというか、優しさみたいなモノが描かれていますね。
この人にもこういう一面があったのかと、少し安心しました。
というか、父親の言葉がちょっとアレなのですが…。
しかし、普段が普段ダケに、何か裏があるんじゃないかと疑ってしまうのが哀しいトコロですかね。
ちなみに、母親が死んでから3年経つと言っていますが、実は昨年は実家の父とすごすと言っていたんですよね~。

証拠


さてクリスマスといえばプレゼントばかりではありません。
恋人同士が盛り上がる夜です。
という訳で、我らが京ちゃんも、元彼と何やらいい雰囲気になっています。

DSC04097.jpg
元彼

この彼氏、名前をカズヤといい、飼い猫でオ○ニーをしているトコロを目撃され、フラれたという過去があります。その後も奇行を繰り返し、京ちゃんの男運の悪さ伝説を更新し続けている元凶でもあります。
そんなカズヤとイヴデート。
これは復縁の兆しでしょうか。
クリスマスの夜に、奇跡は起こるのか―――?


DSC04098.jpg
昔話

コイツかーーー!
京ちゃんと教室えっちをやらかした羨ま…けしからんヤツは。
まぁ、京ちゃんと教室でヤったコトよりも猫オナの方が1000万倍くらいはバカな行為なのですが。
しかしこうして昔話に華が咲き、ヨリを戻せそうな雰囲気ですね。
京ちゃんの男運の悪さ伝説も今回でお終いなのでしょうか。
あ、間違えた。コイツと一緒だとさらに拡大しますね。
ま、とにかく、ヨリは…


結論を言ってしまうと、戻りませんでした。
何故戻らなかったのかは、ご自分の目でご確認ください。
とりあえず、この男が度を越えた変態であるというのが変わっていなくて安心でした。


さて昨年はクラスの生徒のみでパーティをやったのですが、今年は一味違います。

DSC04099.jpg
弾馬先生買出し

何と、弾馬先生の家で、弾馬先生・蒼ちゃん・チャーちゃん・名倉さんの4人でパーティです。
自分の家に女生徒3人も連れ込むとか、クビ…、とまではいかなくても謹慎にでもなればいいのに。

などと思っていると、全読者私の祈りが通じたのか、警察官に呼び止められました。
要するにアレですね、生徒(=未成年)を連れ込んであーんなコトをしようとしているのがバレたんですね。うん、ザマー。

…という展開がよかったのですが、この警察官は超能力など持っていないので、そんなコトが解るハズはありません。
では、何がいけなかったのかというと…


DSC04100.jpg
「てんてい~」じゃないよ…

弾馬先生の後ろに酒を飲んで酔っ払っている名倉さんがくっついていました。
コレは言い逃れは出来ませんね…
未成年に飲酒させた挙句、今から家に連れ込もうとしているんですからね…

…って、名倉さんは未成年ではなかったんですね。
しかし自分の見た目を利用して弾馬先生を手玉に取るとは…
恐ろしい…


さて本来は3人の予定でしたが、アホ男をフったおかげで、京ちゃんも来るコトになりました。

DSC04101.jpg
京ちゃんも参加

しかしこのコマの京ちゃんは悪そうな顔してますな~。
何ていうか、自分のデートがダメになったから、蒼ちゃんも道連れだ~っていう様な顔ですね。
何という八つ当たり…
意外と黒いな。

さて弾馬先生の家にきたはいいのですが、先客がいました。
先ほど弾馬先生をからかっていた名倉さんです。
チャイムを鳴らすと、名倉さんが出迎えてくれました。

DSC04102.jpg
名倉さんがお出迎え



……

………

…弾馬先生…
遂にヤっちゃったか…

しかしこのマンガで幼女の全裸が拝めるとは思いませんでしたよ…
あ、間違えました。成人女性のおヌードでしたね。

しかし弾馬先生はロリコンだったのか。
あ、ちなみに真相はご自分の目でお確かめくださいネ。


さて最後にチャーちゃんが到着し、コレで全員揃いました。

DSC04104.jpg
チャーちゃんサンタ

緋華ちゃんは呼ばれなかったようで、プレゼントのみ参加というコトらしいです。
まぁ、呼ばれなかった訳ではなく、来たいと言わなかったダケらしいのですが。
そんな訳でチャーちゃんがサンタコスをして、プレゼントを持ってきました。
ちなみにチャーちゃんは昨年もサンタコスをしていました。

さて、そのプレゼントですが、とても大きな袋でした。
どのくらい大きいかというと、そうですね。人が1人くらい入りそうな大きさといえば解り易いでしょうか。
解り易いというか、展開が丸解りですね。

そうです。例のアレです。
プレゼントは、わ・た・し。ってヤツ。

DSC04105.jpg
緋華ちゃん劇場の始まり

既に縛られている(=ラッピング)状態での到着。
何という準備の良さか!って話ですよね、うん。

という訳で、結局いつものメンツが揃ったトコロでパーティの始まりです。
しかし、緋華ちゃんは不満げな様子です。

DSC04106.jpg
不満有?

そういえば緋華ちゃんの家はかなりの資産家でした。
まぁ、見るからにケーキ食って飲料を飲んでいるくらいですからね。
パーティとしては物足りないのかもしれませんね。
うん、ソウに決まってますよね。


DSC04107.jpg
お約束展開

はい、という訳で、またしてもチャーちゃんによるウソの吹込みが始まりました。
タダでさえ勘違いしやすいのに、輪をかけてチャーちゃんがウソを教え込むので手のつけようがないですね…
しかしよくもまぁ、次から次へとこんなウソが出てくるモノだ…
ひょっとしてそういう願望でもあるのでしょうか?
しかし、「狂乱の宴」って何をやるんですかね。気になりますね。


という感じで、今年のクリスマスイヴは更けていくのでした…



さて今回は2度目のクリスマス。
昨年とは違っていつものメンツでのクリスマス。
このマンガでは不可能と思っていたヌードはあるし、安永先生の意外な一面が見られたし、京ちゃんの元彼は相変わらずで安心したし、緋華ちゃんの緊縛はあるしで、おおむね満足な出来でしたね~。


[今回の萌えコマ]
さて、今回の萌えコマですが、コチラのコマで。

DSC04108.jpg
校舎裏に呼び出し

隠れ頭…、じゃなかった菊頭クンに呼び出された蒼ちゃんです。
蒼ちゃんの想い人は弾馬先生なのに…
玉砕が目に見えてますなー。
しかしこの後、隠れ…、じゃなかった菊頭はトンでもない事態に…

ま、そんなコトは置いておき、呼び出されて戸惑っている蒼ちゃんがカワイイのでこのコマで。


私の文を読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”ヒメヤカヒメサマ”2巻(最終巻) ”明日のよいち!”5巻
コメント一覧
Hiyuki
どういう流れで、自宅でパーティーということになったんでしょうか?
前フリはありました?

ネタは網羅されている感じなので、単行本でミルのが楽しみです。

とりあえずチャーちゃんと緋華ちゃんとのコンビは最高ですね。
チャーちゃんの仕込みはどこまでエスカレートするのやら…。

あと、京ちゃんは全ての元カレと縁を切った方が良いです。
禍根を断つのが一番です。
URL 【 2007/12/23 18:25 】 編集
名無しG
>Hiyukiさんコメント有難うございます
前フリはなく既に来るコトは決まっていました
どのようなヤリトリがあったのかは想像に委ねられています

チャーちゃんと緋華ちゃんのコンビはねぇ…
ウソもそうなのですが
まさか緊縛までやらかすとはといった感じです

京ちゃんは…
ムリでしょうね
いっそカズヤの性癖に染まった方が早いかもしれません
URL 【 2007/12/24 05:06 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。