い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2006/01 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2006/02
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/12/17(月) 05:00 コミックレビュー
いやもう、毎年毎年この時期はホンキでイヤになる。
何がって、多忙を極める仕事、部屋の大掃除、そして諸々の余計な出費…
心身に加え、財布の中まで冷え冷えですよ。
そんな時こそ、熱いマンガを読んで心くらいは熱くならなくては!


という訳で、本日紹介するのはこのマンガ。
史上最強の弟子 ケンイチ
小学館刊/松江名俊氏


[作品概要]
いじめられっこ・白浜兼一は強くなるために武術を学ぶ。
同級生の風林寺美羽に紹介されて入門したトコロは、さまざまな武術の達人が集まる危険な道場だった。
過酷な修行をこなして強くなりつつ、平穏な生活を望む兼一であったが、本人との思惑とは裏腹に闘いに巻き込まれ、闘う日々を送る。


[当ブログでの関連の記事]
20巻の記事
21巻の記事
22巻の記事
23巻の記事
24巻の記事
25巻の記事
26巻の記事


”史上最強のガイデン 松江名俊短編集”の記事
姫野真琴外伝の記事(短編集収録作品)



[内容補足と感想とか]
さて前巻の内容ですが、新白連合対カポエイラチームの闘いが始まったトコロまででしたね。
新島発案の「S・F・I作戦」が炸裂し、相手の選手のうちの1人を葬り去りました。
しかし、その作戦により宇喜田がほぼ戦闘不能状態に陥り、新白連合の戦力はジークフリートとキサラ(と頭脳のみの新島)のみになってしまいました。
相手のカポエイラチームは未だ4人が健在です。
という状況で27巻に突入。


さて人数的にはカポエイラチームの方が優勢ですが、新白連合にはチベットで修行を積み、さらにパワーアップしたスーパージークフリートがいます。
ジークフリートといえば変則カウンターの使い手で、相手の攻撃を無力化しつつ反撃をするという、後の先をとる闘いをするファイターです。
そしてスーパー化したジークフリートは、その変則カウンターに磨きをかけ、攻撃を無力化する技をほぼ完璧なレベルに仕上げていました。
コレには兼一の師匠たちも絶賛の嵐で、いずれ達人の道に達するだろうとまで言っていました。
そんなスーパージークフリート、圧倒的な強さで相手チームの2人を瞬殺。

DSC04117.jpg
1撃で2人撃破

スーパージークフリートは、この闘いに参加している人間の中では最強なので、このまま新白連合がすんなり勝つのかと思いきや。
実は、スーパージークフリートはチベットで修行した後、不眠不休でこの島にたどり着いた為に、身体が限界を超えてしまいました。
すなわち―――


DSC04118.jpg
スリープかラリホー?

戦いの最中にもかかわらず、眠ってしまいました。
いくら不眠不休とはいえ、闘いでの緊張感や高揚感などもあるだろうに、その場で眠ってしまいました。
こういう辺りにも大物になりそうな予感がしますね。


という訳で、残った戦力はキサラのみ。
そのキサラも相手チームの紅一点・アイシャとほぼ互角に交戦していました。
しかしスーパージークフリートが戦線離脱したコトによって2対1での闘いになってしまいます。
完全に劣勢だったのですが、ココでキサラが覚醒!
以前に美羽と共闘した際に陥っていた感覚を思い出したのです。
その、美羽の動き―――舞う鳥のような動き―――を使った攻撃でアイシャを撃破!

DSC04120.jpg
アイシャ敗北

そして、キサラ対相手リーダーの一騎打ちが始まりました。
キサラは美羽の動きで闘うのですが、ソレはあくまでも美羽の動きを借りているのであって、本来のキサラの闘い方ではなかったのです。
アイシャクラスには通用したモノの、リーダークラスになると通用しませんでした。
そこでキサラは美羽の動きを借りるのではなく、自分の動きとして昇華させたのです。
その結果―――



DSC04121.jpg
一種の萌え…、かな?

キサラがコワれました。
いや、まて。
闘いの最中に「にゃあ」って…
いや確かに、外伝では文化祭のコスプレ喫茶でノリノリでネコミミメイドになっていたけれども。
殴られすぎで頭がどーにかしてしまったのでしょうか…
残念なコトになりました…


って、違いますね。
美羽が舞う鳥の動きなら、キサラの動きの根源はネコ。
つまりキサラはネコの動きを取り入れるコトによって、自分のワザを手に入れたのです。
それが猫拳。
いや、キサラはテコンドーの使い手で、ネコの動きを取り入れたので、ネコンドーと名づけられました。

DSC04123.jpg
ネコンドー

強いぞ、キサラ!
萌えだぞ、キサラ!!

こうしてネコンドーを会得したキサラの活躍によって、新白連合はからくも勝利を収めました。

DSC04124.jpg
新白連合勝利


さて次の試合は古代パンクラチオンチーム対モンゴル・ブフチームだったのですが、とある事情によって古代パンクラチオンチームの代わりに叶翔が登場。
モンゴル・ブフチームを瞬殺し、兼一に宣戦布告をします。
こうしてベスト4が出揃いました。
ちなみに叶翔の対戦相手は新白連合です。
しかし、叶翔の危険を感じ取った新島は

DSC04125.jpg
某星では白旗は「殲滅する」という意味らしい

棄権してしまいました。
棄権だから危険…

いや、危険だから棄権ですね。
こうして叶翔、決勝進出。


さてもう1つの準決勝は梁山泊チーム対チームジェミニです。
チームジェミニはカストルとボルックスの姉弟のチームで、カストルは兼一に恨みがあるので、ヤる気満々です。

…だったのですが、兼一と闘いたい叶翔が棄権しろと命令。
ソレに従いたくないカストルと、叶翔の闘いが始まる―――!?

DSC04128.jpg
「YOMI」同士の闘い


一方その頃。
デスパー島の主・フォルトナ及び、観客のマフィア達の逮捕を目論むFBIの作戦が開始。
島に潜入していた、逆鬼の自称婚約者・ジェニー達の活躍により無力化した防衛網を突破し、爆撃開始。
さらに島内部では兼一の師匠達の協力を得たFBI捜査官達の闘いが始まった。

DSC04127.jpg
逮捕作戦開始

という訳で、混乱を極める島の行方は―――?
そして「DオブD」の結果は―――?


といった辺りで次巻へと続く。


さてこの巻のメインはスーパージークフリートと、キサラの覚醒でしょう。
兼一や谷本、武田と違って、この2人は達人クラスの師匠がいません。
かといってソレでは差が広まってしまいます。
どうするのかと思いましたが、無事にパワーアップを果たしました。

ジークフリートは完全に独学で達人へ近づきつつありますねー。

そしてキサラ。
美羽の動きを参照に、自分の型を作り上げました。
その名もネコンドー。
このワザの発動中は、正にネコそのものです。
というコトはですよ?
これから先、キサラは闘う度にネコ化するんですよ?
「にゃあ」とか言っちゃったり、毛づくろいしたり…
萌える闘いですよ。
何という素晴らしき設定ですかって話ですよ。

ところでキサラは、アイシャとの闘いで、足が短いコトや、胸が小さいコトをバカにされ―――

DSC04119.jpg
胸が小さいコトを気にして(以下略

涙目になっていました。うん、カワイイですね。


この巻はほぼ全てが新白連合対カポエイラチームに費やされていましたが、場外戦では朝宮龍斗と美羽の会話とか、古代パンクラチオンチームと兼一との友情話とか、今後に重要になってきそうな出来事があったり。
そして遂に動き始めたFIBと師匠軍団。
この島の行く末は決定したも同然ですな…

そして兼一と叶翔の決勝戦と。
次巻も楽しみですね。


[オマケに関して]
さて、毎巻恒例「初版限定カバー裏イラスト」ですが。
今回は美羽の単独イラストですね。
ちょっとセクシー?なファッションをキメてくれた美羽ですね。
ヘソ出し・ワキ魅せ、パンツの紐も見せちゃってますよ。


巻末オマケマンガは2Pと少なめです。
内容はしぐれさんがアニメのDVDを製作するマンガです。
前巻に続いて宣伝要素が強い感じですね。
しかし、DVDというのは、あんな風にして作られているんですね。う~ん、職人技だ…(違うから

後はしぐれさんと美羽のイラストが1枚ずつあります。


そんなこんなで27巻紹介終わり。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:6   トラックバック:0
「ヤングチャンピオン烈」Vol.10感想 12/15放送の”エンタの神様”の感想
コメント一覧
どうもw智です。
俺も今日27巻買いました。
いやはや、この先が楽しみですね~w
ですが、3ヶ月に1冊だったんですか。
俺は途中から(23巻が発売されたころから)3冊ぐらい一気にコツコツと買ってきたので何ヶ月に一冊とか全然気にしてなくて、てっきりジャンプ系漫画と同じ2ヶ月に一回かと思っていたんで「次(28巻)の発売は2月の中旬だな」と思ってたんで一ヶ月先(3月の中旬か下旬頃)となるとちょっとがっかりです;
ですが、この先が気になるんでがんばって待ちたいと思います。
次回(28巻)の更新もがんばってくださいw応援しています。
URL 【 2007/12/18 19:45 】 編集
名無しG
>智さんコメント有難うございます
1巻にだいたい10話収録なので
計算上3ヶ月に1冊ペースとなるのかなと
このマンガは単行本のオマケやら何やらも多いですし…

まぁ私は雑誌で読んでいるので
28巻収録分の展開は知っているんですけれどもね

応援有難うございます
28巻のレビューでも書きたいコトは多々ありますので
ご期待?くださると嬉しいです
URL 【 2007/12/20 07:46 】 編集
是非!28巻もがんばってください。
ぁ、あと俺もたまにケンイチの単行本発売日が待ちきれなかったらコンビニで立ち読みとかやっちゃいます;;
いまはたしか・・・、YOMIのカストルとかボリス・イワノフとかが・・・。いったら他の見る人に続き教えちゃうことになっちゃいますね;
それではw
URL 【 2007/12/21 22:41 】 編集
名無しG
>智さんコメント有難うございます
私は立ち読みではなく雑誌を購入しています
28巻は新白連合と○○の決着あたりまでかなと思います
今やっている分は29巻収録かな
URL 【 2007/12/22 21:41 】 編集
そうですか
まぁ、待つのみですねw
URL 【 2007/12/23 17:04 】 編集
名無しG
>智さんコメント有難うございます
好きな作品の発売日は待ち遠しいですよね
URL 【 2007/12/24 04:56 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。