い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2019/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/01
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2007/12/18(火) 23:51 ヤンチャン烈
この雑誌ももう通巻2桁に突入なのか。
当初は3号誌になったらどうしようかと思っていたのに。
しかしまぁ、軌道に乗ってきているようで安心ですかね。


という訳で本日は「ヤングチャンピオン烈」Vol.10の感想を。


[感想バックナンバー]
Vol.1感想
Vol.2感想
Vol.3感想
Vol.4感想
Vol.5感想
Vol.6感想
Vol.7感想
Vol.8感想
Vol.9感想



[恋愛ジャンキーSS]
どうやら今回で最終回みたいですね。
まぁ、相変わらず本編は続くみたいだし、私は本編を読んでいないし。

今回は主人公とヒロインのHは無し。
しかしキチンと濡れ場は作っていて良いのではないでしょうか。

こういう、関係はまだまだ始まったばかり。という感じで終わる作品は嫌いではないので、今回の話は概ね満足ですね。


[SCHOOL MATE]
今回はもうね、扉イラストからしてお腹いっぱいですよ。
何です?この、起きたてエロエロ紗月は!

今回はロケの話かと思ったのですが、その前段階の話。
今回は紗月の魅力がたっぷり&赤面妄想、挙句に未来にバイブで攻められエロエロと、大満足の出来ですなぁ。

紗月が怖ろしいのは、未来の宿題が終わらなかったら、愛しの珠樹と旅行が出来なくなる…、というその1点からきているに違いない!
恋する女の子は怖ろしいのだ!


[鬼脚のイロハ]
何が前代未聞の競馬マンガだ!
要は競走馬を擬人化したマンガじゃねーか。
既に競馬のマンガじゃねーよ。

しかし…
どう見ても人と同じに見えるが、交配とかそういうのは可能なのかな?異種交配になるのか?その辺りの興味は尽きない。

しかし初めは単なるバカマンガかと思いましたが、コレがなかなかどーして、結構読ませる出来になっているのが良いね。
初レースでは最高の結果を出したが、その後は実力が出せずにいたイロハの再起という、展開的に熱くなりそうな感じではあるし、晴継とイロハの信頼関係(と色恋関係も?)等も楽しみだしね。


[まじらぼ]
まず、設定の奇抜さが良いね。
ヒロイン3人もシッカリとしたキャラ設定をしているし、またその設定を活かしたネタ作りもしているし、オチもシッカリしているし。
とりあえず4コマとしてはマトモな部類ではないでしょうか。

難点を挙げれば、4コマらしく凝ったサブタイを付けて欲しかったかな。
後はもう、この設定とキャラでどのくらいのネタを作れるかでしょうね。
安易な新キャラ(並びにゲストキャラ)のオンパレードにならないコトを願っているよ。


[ばらんす]
Cuvie氏の、こーいうハートフルな話が大好きですね。
シンミリ系も良いのですが、ソッチ系だと最後に悲しいコトになる場合が多いですからねー。

しかしこの2人…
というか主に安達の方。
1番後ろとはいえ、他のクラスメイトもいる教室で度胸あるなー。
授業中にパンツ魅せやるし、チャイムが鳴ると同時にキスだもんなー。

まぁ、最後はチョーシにのりすぎた、ってコトで。


[魔法のアイドル ミルキー&ピンキー]
エロバカ…
他に言いようがない…


[とっても☆ダブルリッチミルク]
今回はどの辺りから妄想だったのでしょうか。
湯気でメガネが曇った次辺りからでしょうかね?

っていうか、風呂に入るのにメガネは外すと思うのですがどうなんでしょうか。
最低でも私は外していますが…
ほとんど何も見えなくなりますケドね…


[お嬢様!ご機嫌麗しゅう!]
コレ…
何ていったらいいですか?
展開が強引すぎだなーという印象しか出てこないなー。
何であそこからエロにもっていくかなー。
強引すぎるにもほどがあるよ…

まぁしかし、ワガママお嬢のバカワイさと、執事の苦労は面白かったので、その部分は良かったかな、と。


[獣臣蔵]
前号の予告編の感想で、主人公が女の子にしか見えないとか書いたら、本当に女の子だった。

忠臣蔵を萌え風アレンジでやってみようという試みがどう出るのか楽しみなのだが…
残念なコトに私は大元の話を知らないんで、どうアレンジされているのかが解らないという…
だから単純に話を楽しもうと思っています。


[WAVE]
まぁ、とりあえず…
主人公?の堀川高文っていうのはアレだよね?
某生扉の人がモデルなんだよね?

しかし途中から始まった上に、ロクロク説明もないモノだから、話がよく解らないな…
いや、確かに、しばらくぶり再会したという設定で、過去を振り返るという描写で断片的に物語を纏めてはいるのだが…
多少の特集ページくらい組めなかったのだろうか?


[ヴォイニッチホテル]
あ、何か初めて続きそうな感じかな?
それとも何事もなかったかのように別の話になっている可能性もあるしなぁ。

とりあえず、何のイロケも感じないぱんつを有難うです!


[恋愛そんぽ!]
さて前回、エリカに顔射している場面を目撃されてしまった滝沢ですが…
いや、世の中そんなにアマくはなかったですね。
まさかの契約解除!

いや、この展開は面白い。
その上、さらに傷心のサトが…
って、何か新キャラみたいなのが出てきた…
ひょっとして、この女の子が、サトと講師の関係を仕組んだのかな?
講師は滝沢と同じで恋愛損保にはいっているとか。そしてこの少女は彩女と同じ感じなのかも…


[松ヶ丘エンジェル]
前回で終わったのに何で?と思ったら、販促用のマンガだった。
コミックは1/18発売予定。

こんなチョーシで宣伝になっているんでしょうか?
いや、確かにたったの8ページで、このマンガの雰囲気は充分伝わってきましたが…


[コンビニん]
さてこちらも最終回です。

代理店長の中身があんなだったとは…

そして最後までこのマンガらしくドタバタで終わりましたねー。
一ノ谷が男に戻れないだろうというのは想像の範囲内でしたが、まさかソレを上回る展開ですか。
田村さんも満更でもなさそうだし…
メデタシってコトでいいのかな。


[EVILIVE ~イビリブ~]
ベル子も戻り、華原との仲も進展?したし、何やら最終回みたいな雰囲気でしたが、結局はひと段落着いたダケみたいですね。
新しく登場した悪魔みたいなのも気にかかるし…
アレですかね?
志貴とベル子が悪魔退治をする様な話になったりするんですかね?


[Descentes d’Organes (デサント・ドルガンヌ)]
夢の中では、男の子以外の顔が化け物じみている描写が印象的ですねー。


[お母三国志]
この人のマンガは何本読んでも、そのセンスが肌に合わない…


[読者ページ並びにコメント欄 他]
読者ページのコメントより
>今号最終回だけど、(以下略

目次欄より
>”僕と彼女のホント”は休載させていただきます



……

ギリギリまで粘った挙句に落っことしたんだろうなー…


次回予告より
土居坂崎氏、再び降臨!
しかもタイトルからしてパロ系ハッチャけマンガっぽい。
ヤバい、メチャクチャ楽しみなんですが…

さらには北河トウタ氏も参戦でさらに楽しみな要素が増えている!
正直、もりしげ氏はどうでもいいです。



最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”華なりと”2巻 ”史上最強の弟子 ケンイチ”27巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する