い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/12/21(金) 08:42 サンデーGX
何か最近、パソコン本体に加えてマウスまで調子が悪くなってきた…
最早限界かもしれないなー。
どうしようかな…


さて本日は「サンデーGX」1月号の感想を。


[お年玉プレゼント]
賞品としてはPS3が欲しいわけだが、かといって作品的には既に読むのを放棄したマンガだというのがネックなんだよなー(だから毎回感想書いていない)
という訳で、やまむらはじめ氏の担当しているPSP希望で応募したので、誰もコレを希望しないように。


[MARCH STORY]
要するにアレだろ?
同種の力を使って同種を退治しているというタイプのマンガ。
今回の話を読んだ限りでは、真新しさは全くなく、どこかで読んだコトのある様な展開ばっかりだなぁ、という印象ですね。
かといってキャラに魅力を感じるわけでもなく、とりたてて面白い描写があるわけでもなく、どこかでオリジナリティを出すか、惹きつける何かがないと厳しいかと思います。


[神様ドォルズ]
今回の特集ページは「サルかみVol.2」です。
コレってアレだよね。
冬コミにこのカッコウで来いっていうネタふりだよね?
たぶん、何人かは実際にこのカッコウでいくんだろうなぁ。
自らいけないのが残念でならないな。


さて本編。
何というか…
シートベルトで強調された日々乃さんの巨乳が素晴らしいですなー。

まぁ、イロイロとありましたが、舞台は匡平たちの故郷へ…
この村では何が待ち受けているのだろうか。
案山子のヒミツや、隻のヒミツ、匡平の過去なんかも明らかになるのかな?
楽しみだ。


さて新コーナー「今月の詩緒」。
このコーナーでは、詩緒の羞恥シーンを紹介しようと思います。
今回の詩緒の羞恥はコチラ。

DSC04141.jpg
詩緒の赤面シーン

今回のこのシーンは、匡平が詩緒をからかっている様でいて、実は元気付けているんだなーと思われるのが良いですねー。
一連のシーンの中には詩緒のヘソチラがあったりして、注目のシーンだったりします。
このカットを選んだのは、一連のシーンの中で1番気に入っているから。

次号もこのコーナーをやるかどうかは不明/未定


[エンジェル高校]
♪なんでもないようなコトが~♪幸せだったと思う~♪
そんな感じの冒頭シーン。
ルキオが生きていた頃に気になっていた女の子、登場です。
とはいえ、このマンガのヒロインになるのかは不明ですが…

さて、天界生活でも新キャラ登場。
おっとりイメージの風紀委員長・マリアさん。
推薦されたからには何か根拠があるのかもしれません。まぁ、押し付けという可能性も否定できませんが、実は怒ったら怖いのかもしれないし、規則に厳しかったりするのかもしれないし、芯が強いのかもしれません。
イメージ的には締め付けがあまくなりそうだからという理由で推薦されたと思いますが。
しかし、校門まで飛んでいけばいいのでは?と思いましたが、羽の使用って制限されているんでしたっけ?そんなコトはなかった気もしますが…

天界の学校の課外授業は地上で人間の観察!
第1話からキーワードになっていた観察の実態とは!?楽しみだな。


[CODE-EX]
このタイミングでこの話を挿入したってコトは、誘拐解決の過程で由真と克紀との関係に何らかの信頼関係が出来るってコトなんだよね?
でなければ単なる作者の都合か。ページ数少ないし…


[ジェネコミ応援団]
さて6回目となったこのコーナー。
今回は単行本が発売されたばかりの花見沢Q太郎氏への応援として、北河トウタ氏が登場。
北河氏の作品では”怪盗ブルマー”(少年画報社刊/全1巻)がバカすぎて面白かった記憶があります。
そんな北河氏の赤イラストですが…
赤の持つカワイらしさが失われている気がしないでもない。代わりに艶っぽさが全開で、ソレはソレで良いのですが、ね。

花見沢氏からのお返しイラストは小春(”小春チェンジ”)なのですが…
肝心の小春を憶えていないので、何ともいえないですね…
しかし花見沢氏らしい、カワイイ感じのイラストではある。


[REC]
カラーでシャワーシーンというのが、お約束すぎてナイス!
扉ページも松丸が王子役ではない辺りが面白くて良い。

さて本編は同日発売の単行本8巻からまんま続きという親切設計。最近ではありがちすぎる手法ではありますが。

まぁ、私もアニメにハマっていた時期は、アイドル声優という存在がどうかと思った時期はありますよ?
厳密にいうと演技力0なのに主役クラスに抜擢されているのはどうかと思った訳ですが。
だからアイドル声優を下に見る人の気持ちは解るんですよね。
最近ではそういうコトをやらないと食べていけないんだなーと思う様になりましたが。

さて桃花のアイドル声優嫌いは、どうやら相当に根深い様ですな。
アイドル声優を下に見ているんじゃなくて、アイドルに対するコンプレックスからきていたのか…
しかしこの展開は…
松丸が何とかしなけりゃならない気もするが、松丸が何とかしたら赤のライバルになりそうだな(恋の方面での
あ、楽しみになってきた。


[メルカノ。]
うわー、カケル、私生活もメール生活も大変な事態になってますなー。
まぁ、醜聞事件の方は首謀者の行く末が見えますが、恋愛事件簿の方は先が全く見えないので、楽しみですね。


[コイネコ]
ミイコ…
カッコつけて登場も、あえなくカラスに敗北…
人間形態であるコイネコの方が有利っぽいのに、情けない…

さて新コイネコですが…
アレ?コレって、ひょっとしてメス女の子なのか?
いや、どーみても男の子だとばっかり。
しかし、単なる新キャラなのかと思いましたが、どうやら人間に恨みがある様子。
ってコトは、人間に恋したらコイネコになるっていう根底が覆される訳なのですが、このキャラが登場したコトによってコイネコの謎もまた1つ明らかにされていくのだろうか。


[スピリチュアルぱらだいす]
扉ページは完全に心霊写真だな…、いや、悪霊写真と言った方が適当か。
しかし美月は人のコトは言えないよね。
「いいから、さっさと来い!!」のトコロなんか、完全に悪霊だよね。

確かに写真屋にエロ写真持っていっても現像されないどころか、ヘタすると警察に通報されるからね。犯罪的な写真だとね、どうしてもね。


[ガールズザウルスDX]
BL話です。
知立がBLの標的に!
ところで、相手は誰なんだろうか?相手のみ架空のキャラというのも変な話だ。

ところでBLを愛するのが腐女子だとしたら、ユリを愛する男は腐男子というのだろうか?
ソレとも…
腐兄(ふけい)?


[新吼えろペン]
黒幕の大物が…
「秋葉原で演説」「口癖が「ああ、そう?」」「マンガは文化」…
どう考えてもモデルがあのお方ですな…

そして「描く武装」「描く開発」「描く抑止力」など、ネタ的にヤバいのが多いなー。
ま、だからこそ、面白いんですけれどもね。


[GXラウンジ&次回予告]
作家への質問コーナーが面白いな。
面白いのは各作家の回答なんだけれどもね。

原尾氏、えの氏、広江氏辺りの回答が簡単すぎて笑う。
そしてやまむら氏は2つとも、後半部分は蛇足な回答ではないでしょうか。


次号から榎本ナリコ氏の新連載が開始されるみたい。
どうやら読みきりが好評だったみたいですが…
個人的にはそんなに好きになれない作品だったので、そんなに期待はしていないですね。
まぁ、安易にネットネタに奔ったり、ネット用語を乱発さえしなければ問題はないと思いますが…、ね。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”探偵綺譚 石黒正数短編集” ”華なりと”2巻
コメント一覧
Hiyuki
>このカッコウで来い
謎の変型巫女服でしょうか?
それとも案山子の着ぐるみ?は物理的に無理か…、足無いですし。

>シートベルトで強調された日々乃さんの巨乳
ただでさえすごいのに、どうなっちゃってんでしょう。春が楽しみです。(話数からすると単行本が出るのはそれぐらいですよね?)

>「今月の詩音」
次回もお願いします。
URL 【 2007/12/23 18:35 】 編集
名無しG
>Hiyukiさんコメント有難うございます
玖吼理のコスプレです
着ぐるみではなくスウェットを頭までかぶって
ネコミミ付けたダケの簡易コスプレです

日々乃さんの巨乳は見てのお楽しみというコトで…
2巻は来春発売予定らしいですが
どの辺りまで収録されてるかは解りません…

「今月の詩緒」はコーナー化するかは未定ですが
詩緒の赤面自体は何らかのカタチでやるとは思います
URL 【 2007/12/24 05:18 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。