い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007/12/23(日) 04:48 その他のマンガ
”雨格子の館”の続編のタイトルは”奈落の城 一柳和、2度目の受難”に決定!
3/6に発売予定!
公式サイト
第1弾の廉価版も同時発売!
この機会に2本まとめていかがですか?


さて本日は”OTAKU LADY”第3話のレビューを。


[感想バックナンバー]
第1話
第2話


[ストーリーと感想とか]
さて本当に大好評なのかは解りませんが、大好評につき増刊号にまで進出したこのマンガ。本当に大好評ならそのうち連載もあり得ます。楽しみです。まぁ、今の竹下氏に週刊連載出来るのかは解りませんが。っていうか”かるた”の再開まだ?


さて今回のお話はコミックユートピア(コミピア)に参加するお話です。

DSC04166.jpg
コミピア会場

コミピアというのは、8月と12月に開催される日本最大の同人誌即売会のコトで―――

って、要するに現実世界でいうトコロの「コミックマーケット(コミケ)」というヤツですね。
私はよく知らないのですが、この固有名詞は使えないみたいですね。だから似た名前で誤魔化しているのでしょう。
まぁ、とにかく、前回の話で宅間さんが作った同人誌を売る話です。
宅間さんはサークル参加としては初めてで緊張している模様ですが、恋子さんは全く緊張していません。
しかもサークル参加どころか、即売会自体初めてだそうです。
同人に興味なかった訳ではないらしいですが。
まぁ、気持ちは解らんでもない。っていうかよく解るというか。
私もねぇ、今年の夏に初めて行った訳ですが、初めて行く時って1人じゃ行きにくいんですよ。怖いっていうか。
特に恋子さんは隠れていた訳だからねぇ。一緒に行く人がいなかったんでしょうね。

まぁ、とにかく、そんなこんなで会場入り。
スペースに行き、1人ハシャぎまくる恋子さん。対照的に宅間さんは落ち着いているというか、緊張している様子。

DSC04167.jpg
ハシャいでいる恋子さん

ちなみに宅間さんの作った同人誌は男性向け18禁2次創作です。
要するにヲタ男クンの夜のオカズですね。
元作品は流行を追いかけている訳ではなく、こだわりの10年以上も前の作品です。
となりのスペースの人も同じ作品を描いていました。

DSC04168.jpg
隣のサークルの人

隣の人は愛須(アイス)先生といい…
見た目はロリ入っていますが、10年も同人誌を描いているベテランです。
内容はやっぱり18禁なので年齢は28以上かと思われますが、18未満で18禁を描いていた可能性も否定しきれないので、実年齢は不明です。
本人自ら作品キャラのコスプレまでして、相当に気合が入っています。


さてそんな感じでコミケ…、じゃねーな、コミピアが開始されました。
開幕ダッシュの地鳴りが響き渡ります。ソコまでしてエロマンガが欲しいのでしょうか。理解出来ません。
会場はたくさんの人でごったがえし、恋子さん達の両隣のスペースは大盛況ですが、恋子さん達のスペースは閑古鳥が鳴いています。

DSC04169.jpg
カッコー

開場から1時間が過ぎても1冊も売れません。
恋子さんの怒りはMAXに近づきつつあります。

DSC04170.jpg
怒り限界値寸前

愛須先生の作った本の出来がいいのかと思い、見てみる恋子さん。
その驚愕の中身は―――


DSC04171.jpg
ロリエロ本

鉛筆描き、画面真っ白、ロリメインのマンガでした。
同人誌ではよくあるコトです。
某最大手の少年マンガ誌でもよくあるコトです。
なお、このマンガの作者の竹下氏は1部では有名なロリコン大王なので、この描写には気合が入っていると思われます。
まぁ、とにかくそんな本ばかり売れて、自分達の本が売れないコトが気に入らない恋子さん。

DSC04172.jpg
恋子さんイライラ鰻登り

コスプレして客引きしているから売れるんだと思い始める恋子さん。
そこまでして売りたいのか?と。
だがそこは大人な恋子さん。
思い直して考えます。
本を売りたいダケなら、もっと流行のマンガをネタにするんじゃないか、と。
10年も同じマンガを描き続けるのは、本当に作品を愛していないと出来ないんじゃないのか、と。
自分達は客の呼び込みもせず、ただ座っているダケで、本を売ろうとしなかったんだ、と。

という訳で、恋子さんが客の呼び込みを始め―――


―――ようと思ったら、宅間さんが持ち込んだ荷物を倒してしまいました。
その荷物の中身は既刊本だと思っていた恋子さんですが、違った様子。
その荷物の中身は―――


DSC04173.jpg
荷物の中身

コスプレ衣装でした。
しかも宅間さんと恋子さんの2人分…
恋子さんと一緒にコスプレをしようと思っていたみたいです。
ホンキを出した恋子さんはコスプレして売り込みをするコトに…


という訳で、恋子さんと宅間さん、揃ってコスプレです。

DSC04175.jpg
コスプレ

いや、なんていうか輝いて見えますね。
衣装のみの問題ではないでしょう。
何かこう、何かが吹っ切れたっていう感じの表情ですね。
ま、実際に吹っ切れたんですけれどもね。何がキレたのかはご自分の目で確認していただくとしましょうか。

そうしてコスプレしてスペースに戻る際に、注目を浴びる2人。

DSC04176.jpg
恍惚とした表情

なにやらご満悦な雰囲気ですね。
これはもう、完全に目覚めましたね?
次回はコス参加ですね?楽しみですね!

こうしてコスプレ売り子になった2人。後半はよく売れたようです。
半分以上売れ残ったみたいですが。
恋子さんも長年の呪縛から開放され、晴れやかな表情で帰路につきます。

DSC04178.jpg
帰路につく2人

こうしてまた1歩、ヲタの道に踏み込んだ…
じゃなかった、仲が近づいた2人。
そろそろユリプレイに突入でしょうか?

DSC04174.jpg
ユリキス寸前?

って、何言っているんでしょうかね、私は。
まぁ、とにかくこんな感じでコミケ編は終了です。


さて今回竹下氏が言いたかったコトは

「したことないことするのに、歳なんて関係ない!!」

この言葉に尽きるでしょうね。
コミケ参加もコスプレもスキップも…
何でもかんでも未体験ではもったいない。
人生を楽しむためには何事も経験が1番!
私はそんなメッセージを受け取りました。


まぁ、話としてはコミケネタという、ヲタが主人公のマンガでは通過儀礼とも言うべきネタですね。
恋子さんはコミピア初体験がサークル参加という、1段飛ばしどころか5段くらい飛ばしてしまった感がしないでもないですが、とにかく初参加。
ハシャぎまくっている様子はカワイかったし、隣で自分の同人誌で恥ずかしがっている宅間さんも良かったかな。
コスプレ姿も満足できるし、今回は良かったですね。


そろそろ恋子さんも隠れるのが不可能になってきたのではないでしょうか。
次回の登場も楽しみです。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
キミにメリークリスマス 2007 ”探偵綺譚 石黒正数短編集”
コメント一覧
Hiyuki
第三弾あったんですね。最近氏のサイトを見ていなかったので
知りませんでした。
サイトは相変わらずミク一色って感じですね。
リン・レイが出たらどうなっちゃうんだろう。
完全なニコニコ廃人になって、かるたの再開が…。
などという話はどうでも良く。感想おば。

恋子さんがすっかりリードする形になってますね。
初心者なのに…。

コスプレ時の恍惚とした表情、コスプレする人って注目されるのがいいからするんでしょうね。

宅間さんは衣装をちゃんと2着用意しているなんて…、すっかり仲良しな二人って感じですねぇ。
良いことです。


>こうしてまた1歩、ヲタの道に踏み込んだ…

一歩どころか10歩分ぐらいジャンプしてますね。

次回も楽しみです。目指せ単行本化。
URL 【 2007/12/23 18:46 】 編集
名無しG
>Hiyukiさんコメント有難うございます
確かに冬コミでミク本出すらしいですしね…

コスプレする人っていうのは
目立ちたい/注目されたいというのがあるんでしょうね
元はキャラになりたいだと思うのですが…

コミケ初参加がサークル側ですからね
そのうえコスプレまで…
こうなってしまってはもう抜け出せないでしょうね

単行本はなって欲しいですよね
まぁこのテの作品はウケが良いと思われますので
再登場はあると思いますよ
URL 【 2007/12/24 05:26 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。