い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/01/07(月) 04:26 コミックレビュー
元日に書いた(というかアップした)記事において、今年の目標に「毎日更新」とか書いていながら、予想どおり1週間もたたずにノー更新デーが出来てしまいました。
いや、まぁ、言い訳すると、高校時代の友人と遊びに行った帰り、夜中の2時頃に道に迷って山道をひた走っていたんですよ…
まぁ、無事帰ってきてからゲームをやっていたから、更新する時間自体はあったんですけどもね…


ってな感じで本日紹介するマンガはコチラ。
美晴・ライジング
小学館刊/大谷じろう氏


[あらすじ]
天野美晴、17歳。
大手スーパーの「ライズマート」のソフトボール部に入部。
かつては名門だったチームだが、いまや2部リーグ降格寸前の弱小チームだ。
そんなチームで、美晴はソフトを始めるが…?


[内容補足と感想とか]
高校時代、IHに出場経験のある美晴。
高校時代のポジションはサード、中学時代にはピッチャーだったらしいです。
そんな美晴は大手スーパーの「ライズマート」に入社。
そしてソフトボール部に入った。

DSC04240.jpg
天野美晴(あまの・みはる)

長野出身というコトで何か親近感を感じますが、ライズマートの本社は東京にあるので、舞台は東京になります。
このチームは、日本女子ソフトボール1部リーグで6年連続日本一に輝いたコトもあるのですが、ソレもいまや過去の話。
今では2部降格寸前の弱小チームとなっていたのだ!
なお、主将はオリンピック代表に選ばれた経験もあります。

落ちぶれた原因は会社にあり、要するにかつて景気が良かった頃の様にスポーツ方面に力を入れなくなってしまったんですね。
しかも前監督(6年連続日本一の名将)は、入社予定だった有力投手を手土産に別のチームに移籍してしまったんですね。
もはやチームの存続自体が危うい!?


そんなチームに監督として抜擢されたのがこの男。

DSC04241.jpg
新監督!?

名前を一場幸輝(いちば・こうき)といい、かつて甲子園で準決勝までいった選手なんですね。

DSC04242.jpg
甲子園で活躍

しかし、甲子園の連投が原因で肩を壊し、選手としての道が閉ざされた彼は、必死で勉強をしてこの会社に入社。
その後はやり手として活躍していました。何でも販促部のエースとまで言われている逸材らしいんですね。
会社側としても、ソフトボール部の監督を招聘する気がないらしく、要するに手近で済ませようと、そういう感じなんでしょうね。
それに加えてやり手の彼を左遷的な意味を込めての厄介払いといった感じでしょうか。
ま、とにかく彼に監督就任命令がくだった、と。

しかし彼は、その扱いが気に入らない上に、野球部のエースだったという自負がソフトボールを見下すコトになってしまうんですね。

DSC04243.jpg
上から目線?

この言葉に、ソフト部一同ブチ切れ!
なんだかんだで、ソフトボールで対決する流れになってしまいました。
勝負の方法は投手・美晴、打者・一場で行われるコトとなりました。
なお、美晴が勝ったら一場は名前ダケの監督、一場が勝ったら監督として認められる、と。

さて勝負は3打席勝負、ヒットが出たら一場の勝ち…


だったのですが、

DSC04244.jpg
超強気

ソフトボールをあまくみている一場は、1打席で充分だと言いきります。
ところが、いざ勝負をしてみると一場は美晴の球にかすりもしないで敗北。

DSC04245.jpg
3球3振

ソフトボールと野球は違う―――

バッテリー間の距離が短いソフトボールでは、球速が遅かったとしても、体感速度は野球と同じかそれ以上!
その上、野球とは違った下手投げの球筋。
野球との違いに翻弄された一場は、何も出来ずに敗北。
この事態に直面し、ソフトをあまくみていた一場がホンキになります。

DSC04247.jpg
ホンキモード

始めはストレートのみで勝負していた美晴ですが、ホンキになった一場は、やはり甲子園で活躍した実力があり、全力で投げないと失礼にあたるというコトで、勝負は白熱してきます。
ストレートに加え、ライズボール、チェンジアップを駆使する美晴。
徐々に全ての球種に対応しつつある一場。
緊張感溢れる勝負の行方は―――







ま、ご自分の目でお確かめください。


さて、結果はともかくとして、勝負を通じてソフトボールの面白さに目覚めた一場。

DSC04248.jpg
やっぱり上から目線?

高らかに監督宣言をし、ホンキです。
ソフトボール部の再興は、この新人監督の手に委ねられました。

そんな一場の始めての仕事は、オープン戦の指揮。
ところが、このオープン戦の相手が因縁の相手だったのだ!
相手チームはコグレ化粧品。
このチームというのが、前監督が移籍したチームだったのだ。
しかも、前監督が連れて行った、ライズマートに入るハズだったという有力投手というのが、美晴の高校時代のチームのエースだったのだ。

DSC04249.jpg
ライバルエース?

そんな因縁のチームを前にしてヤル気0のメンバー達。
この試合自体を中止にするとまで言い出します。
しかし、一場は、そんな相手だからこそ、試合をするべきだと主張。

DSC04251.jpg
ヤル気ナッシング

こんなバラバラ状態で大丈夫なの?

って辺りで次巻へと続く。


という訳でソフトボールのマンガです。
弱小ソフト部の再建はなるのか?
一場の腕の見せ所ですが…
イキナリ前途多難で大丈夫なんですかね。
まぁ、チームメイトは中々の逸材ぞろいみたいにも思えますが…
なんといってもチームに一体感がない。バラバラ状態。
この辺りを美晴がどうまとめるかっていうのがポイントになりそうですね。


さてこのマンガは結構なオイロケ描写があるんですね。
そりゃもう、ほとんど無意味にぱんつやら裸やらが描かれますからね。
まぁ、当ブログは健全路線をひた走っているので、紹介する訳にはいかないのが残念でなりませんね。
まぁ、気になる方はご自分の目で確かめていただくってコトで。

え?何?
いまさら遅い?
何のコトです?ぼくちゃん、全く身に覚えがないなぁ~?
そんなねぇ、小学生が見ているかもしれないのに、


DSC04252.jpg
ショートのさやかさん

こーんなエロ画像を載っけられる訳ないっつーの!!
察してくださいよ、ホントに…


最後にキビシイ意見をいうと、話はいいとして、試合の描写にはそんなに期待していなかったりします。
何せ、描写にスピード感や躍動感といったモノがあまり感じられないんですよね。
もうちょっとこう、スポーツしているっていう感じの描写に出来ないモノですかね?


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”マイティ・ハート”1巻 「ヤングアニマル嵐」No.2感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。