い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006/04/05(水) 12:12 コミックレビュー
はい、という訳で”武装錬金”の最終巻が発売されました。
今回は最終巻に収録されている描きおろし「武装錬金アフター」の見所を書いてみようと思います。
武装錬金
集英社刊/和月伸宏氏


[あらすじ]
戦いが終わってその後をコメディーチックに描いています。
そんな中で斗貴子の傷のヒミツが明かされたりしています。
まあ、しかしそんなのはオマケ程度なので、各キャラのその後を純粋に楽しむ話、ですね。


[見所]
この話の見所はまず、カズキと斗貴子の、観ているこっちが恥ずかしくなる様なラブラブっぷりですかね。
カズキが「斗貴子の傷に触れたい」とかヌかして、そこから始まる愛の逃避行(違)が観ていて面白かったかな、と。

でもまあ、この話の最大の見所は毒島の素顔が明らかにされたトコロでしょう。
毒島は常にガスマスクをしていて素顔がわかりませんでした。
DSC00939.jpg
毒島


「毒島は美少女だ。」「いや、ショタな男の子だ。」と散々議論されていました。
ちなみに私は顔が訳ありの女性だと思っていました。もしくは美人や美少女の類ではない女性かな、と。
理由は、和月氏にはそういう前科があるから、ですが。

そんな訳で今回初披露の毒島の素顔をご覧下さい。







DSC00938.jpg
毒島華花

………えっと。
和月氏、グッジョブ!!


私のつまらない文を読んでいただき有難うございます。
コメント:4   トラックバック:0
日記的な雑記 「週刊ジャンプ」18号の”こち亀”に関して
コメント一覧
t@
武装錬金は呼んだことありませんでした、あるのは知ってたけど

ガスマスクの下がコレですかw

ではでは

URL 【 2006/04/06 09:26 】 編集
名無しG
>t@さんコメント有難うございます
素顔がこれだと分かってから読み返すと
それはそれで萌えるモノがあります
URL 【 2006/04/07 00:19 】 編集
名無しさん
ガスマスクの下の素顔が俺の予想どおりで安心したしました
URL 【 2006/04/16 01:01 】 編集
名無しG
>名無しさんコメント有難うございます
予想通りでしたか
和月氏の場合
素顔を隠しているキャラはだいたい訳有りだったので
今回のはちょっと意外でした
URL 【 2006/04/16 13:33 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。