い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2019/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2019/12
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2008/01/17(木) 23:47 コミックレビュー
メタルスライムが仲間にならない…
レベル46に達してしまったよ…
結婚前なのに…
最早、ラスボス倒せるよ、簡単に。


という訳で本日紹介するマンガはコチラ。
デュアルジャスティス
幻冬舎刊/竹山祐右氏


[あらすじ]
古より神は天から大地を見守り、大地の人間もまた天を仰ぎ感謝の祈りを捧げた。
しかし時として人は天を忘れ、その隙をつき邪なる者達が地の底より幾度となく這いずり出た。
その都度、神は大地へ天の使いを送った。邪悪を祓い、人々の心に再び天を抱かせるために…

そして現代。
邪なる者達が、地から這いずり出てきた。
そして、その邪悪なる者達を倒す為に天の使いが現れた。
そして、2人の人間が天使の力を与えられ、悪に立ち向かうのだ!


[内容補足と感想とか]
という訳で、人が天を忘れてしまった為に、怪物が現れる様になってしまった現代。

DSC04370.jpg
怪物出現

怪物の正式名称は悪魔獣(デモノイズ)といいます。
この怪物を前にして人間に為す術なし!?
いやいや、ご安心を。
怪物がいれば、当然ヒーローが現れるのだ!
という訳で、颯爽と登場するヒーロー。

DSC04371.jpg
ヒーロー見参!

しかも、2人も同時に…、だ。
1人でも安心できるのに、同時に2人。
こんなに心強いコトがあるか!?
という訳で、怪物は瞬殺…


DSC04372.jpg
仲悪い

とはいかなかった。
というか、いがみ合い始める2人。
実は、この2人、毎度毎度一緒に現れては喧嘩を繰り広げるのだ。
そもそも彼らに力を与えたのは天使なのだが、力を与えた天使は別なんですね。
当然、天使同士は知り合いらしいのですが、この2人は互いの正体を知らないんですね。
でまぁ、協力するドコロか、ドッチが悪魔獣を倒すかでモメる始末。

DSC04373.jpg
その間に怪物は…

しかも言い争っている間に悪魔獣に逃げられるという失態。
ヒーローは1人で充分ってコトか…


さて、この2人のヒーロー。
当然、人間が正体な訳なのですが、片側の天空特警アヴァロンの方。
言動がマジメでお堅い性格。
その正体は、なんと!

DSC04375.jpg
アヴァロンの中身

名前を瀬守源路(せがみ・げんじ)といい、名門私立高校に通う、地元で恐れられている不良だったのだ。
狂犬やら鬼やらとあだ名され、恐れられる源路なのだが、アヴァロンになっている間はまるで別人。
そもそも源路は、元来、至極マジメな人物だったのだ。
ところが、とある事件をキッカケにして、周りが不良のレッテルを貼ってしまったのだ。
そして彼の選んだ道は、周りのレッテルどおりの生き方だったのだ。
つまり彼は普段、本当の自分を隠して、狂犬と恐れられる不良を演じているのだった。

DSC04377.jpg
本来の源路

そしてアヴァロンでいる間ダケは、本来の自分に戻れるのだった…


さてもう1人のヒロインである、美少女天使パレストリーナ。
当然、彼女にも人間としての生活がある訳で。
その正体は、源路と同じ高校の生徒会長だったのだ!

DSC04376.jpg
パレストリーナの中身

名前を湖奈川美月(こながわ・みつき)といい、とある財閥の令嬢だったのだ。
高校での成績は常にトップであり、文武両道の才媛だったのだ。
父親が亡くなっている彼女は、いずれは家業を継ぐコトを期待され、幼い頃から幅広い教育を施され、そして常にその期待に応えてきたのである。
そんな彼女は、当然学校でも一目置かれる存在であり、お堅い性格でとおっていたのだ。
こちらもまた、パレストリーナの時とは真逆の性格なのだが、それもそのハズ。
こちらもまた、パレストリーナの時の方が、本来の性格だったのだ!

DSC04378.jpg
本来の美月

周りに期待され、それに応えて生きている彼女は、皆の前でハメをハズす訳にはいかず、本来の自分を押し殺して生きているのだった。
だからパレストリーナになった時は、本来の自分に戻ってハッチャけるんですね。


さて源路と美月ですが、同じ高校に通っている生徒会長と不良。
当然、何かと諍い合う訳ですが、争っている時の言い分は、アヴァロンとパレストリーナの時とは逆のセリフになる訳で。
「アヴァロンを見習って素行を正せば?」
「天使みたいにハッチャければ?」
といった感じにね。
この辺り、お互い正体を知らないからこそのセリフなのですが、正体を知っている読者からみると面白い訳で。
ちなみに、変身中は特殊な力が働いているので、正体は誰にもバレないようになっているらしい。
変身中を見られればアウトで、その時は2度と変身出来なくなるらしいです。


で、そんな2人の戦いを描いたマンガなのですが、敵もどんどんパワーアップしてくるんですね。
初めは悪魔獣との戦いだったのですが、魔徒(デモノイア)と呼ばれる、悪魔獣を創り出していた存在。
まぁ、要するに神に対する悪魔であり、地に封じられていた存在って訳なのですが、そいつらが登場するんですね。

DSC04380.jpg
魔徒の1人、黒翼のファルコ

全く協力しないアヴァロンとパレストリーナは、このファルコにこてんぱんにやられた挙句、「簡単に終わらせては面白くない」と言い残されてしまいました。
完全にファルコの敗北フラグがたったトコロで、次巻へと続く。


さて、このマンガの面白さといえば、当然、似たもの同士の2人でしょうね。
方や不良の皮をかぶったマジメ人間。
方やマジメ人間の皮をかぶったハッチャけ娘。
変身中も中身同士でも喧嘩が絶えないのですが、その言い分が180°変わるのが面白いんですね。
正体を知らないからこその展開なんですけどね。
その辺りがよく出来ていて巧いなー、と。


最後には強力な敵が出てきたダケに、今後は協力プレーを迫られる展開になるのかもしれませんが、正体がバレる展開は勘弁願いたいモノだ。
せめて最終回(もしくはその近辺)まではとっておいて欲しいな、と。


2人の主人公は、どちらも周りの人間が考える人間を演じて生活しているという点で、似たもの同士なんですよね。
まぁ、人間誰しも演じて生活している部分はあるのですが、この2人はソレが極端すぎるっていうか。
だからね、普段の生活で、本来の自分を出せない鬱憤を変身中に晴らしている感じですね。
そうして、普段の生活でソレが出来ない悩みの描写が、また面白かったり。


最後に。
私がお気に入りのコマを紹介。

DSC04379.jpg
エロ表情

このコマだけ見たら、エロマンガに見えますよね。
だからこそ、気に入っているのです。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”松ヶ丘エンジェル” 「オー スーパージャンプ」2月号の話
コメント一覧
Hiyuki
紹介を見たときはさほどでもなかったんですが、この前これが載ってる雑誌(オンラインだったんですね)の1話だけ無料だったんで見てみたところ、以外(失礼!)と面白いですね。

このコンビの絡みはなかなか良いです。結構興味出てきました。
URL 【 2008/01/21 22:29 】 編集
名無しG
>Hiyukiさんコメント有難うございます
正反対の似たもの同士というコンビですね

個人的にはこういうノリが好きなので気に入っているんですけどね
正体が解らないからこそ本当の自分を出せるという…
そのギャップを楽しむ作品だと思っています
URL 【 2008/01/23 05:04 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する