い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/01/21(月) 06:02 サンデーGX
寒いなー、寒い。
何か今冬1番の寒さらしいですね。
暑さよりは寒さに強い私ではあるのですが、寒いモノは寒い。
鍋が美味しく感じるのは良いコトではあるのですが。


さて本日は「サンデーGX」2月号の感想を。


[世界制服(ユニ・フォーム)]
えーっと。
読みきりの時に書いたコトと同じですね。
何というか、流行のモノを取り入れるのはかまわないのですが、そういったモノを前面に押し出す様な作品は何とかならんのか、と。
それから所謂ネット用語、2ch用語、ニコ用語の乱発をやめろ。そういう人間に媚びているのだろうか?

話の方なのですが…
中学生の頃に考える様な設定を堂々と商業誌でやってしまう点に関しては拍手を送ってもいい。当然、敬意の拍手ではないが。

まぁ、総じていうと、ストーリー部分の面白いと思われる部分を補って余りある不快な部分が多すぎて、私には合わない作品ですよ、と。


[神様ドォルズ]
さて今回の「案山子通信」は、暗密刀と玖吼理によるキャラ&用語説明。
コミック2巻が3/19に発売予定だそうで、おさらいの為にというコトですね。
いつものネタ全開テイストと違って、それなりに役にはたつ。
まぁ、文体が相変わらずで、それなりには楽しめるのだが。
というか、人物紹介の1番最後に藤間が入っているあたりに、このコーナーのネタの意地を見た。重箱の隅をつつきすぎだよ…


さて本編。
故郷の村に帰ってきた匡平たちを出迎えたもの。
それは、靄子と由良子の姉妹!
いや、新キャラですよ、新キャラ。
しかもドッチもかなりの魅力があるよ。
っていうか、靄子は、何を嬉々として○付言葉を発しているんだ。素晴らしいじゃないか。

由良子は由良子で、詩緒にベッタリの、まさかのユリなのか?これまた素晴らしい!
っていうか、全編を通して由良子にいぢられまくりな詩緒が良いですね、うん。

裏山での日々乃と靄子の会話が良いですな。
心を垣間見られて嫌がっている日々乃はカワイイ。
靄子の記憶と、捨てざるを得なかったのであろう夢は、哀しさそのもの。ソレを見て泣いた日々乃の心が表れている様だ。


[今月の詩緒]
前回、試験的にやってみたのですが、要望があったので今回もやります。

DSC04395.jpg
なすがまま状態

今回から登場した杣木姉妹。その妹の由良子。
妙に詩緒にかまっているっていうか、詩緒を愛してやまないユリ?な人。
まぁ、ペット扱いといえなくもないけれど。
そんな由良子に振り回されてタジタジの詩緒なのでした。
この後、日々乃と由良子の間で大岡裁判みたいになったり、終始由良子に抱きつかれていたり、成長の度合いを確認されたりと、どこでもそういポジションなんですね。
このコマを選んだのは、腕の動きがカワイかったからです。


[REC]
自ら封印した過去、アイドルユニット・プリティボイス♪
その忌まわしい過去が、今になって甦る!

まぁ、この試練を乗り越えられれば、彼女は成長するのだろうが…
自分が周りに助けられているっていうのを認知しない限りムリだな。
まぁ、そういう展開になると思うし、そうなれば兄妹の関係も少しは良くなるのではなかろうか。

赤の態度は、ショック療法的なモノだと思うのだが。
しかしブラックな赤は、ソレはソレで良いモノだな、たまには。


[エンジェル高校]
ほう、地上に行く時は、上に向かって飛ぶのか。
そして下を見ないで上を見る、と。
ソレはアレですね?上にいる女子生徒のスカートを合法的に見放題、と。
いや、だって。ルキオが「上を見て」って言われた時にさ、明らかに上に女子生徒がいるよね。しかもスカートで。まぁ、そんな部分が気になる私がどーにかしているのかもしれないが。


[新吼えろペン]
職業交換サイトに登録する炎尾も炎尾だが、そんなトコロに登録するスパイがいるのに驚きを隠せない。
もっと驚きなのは、交換でやってきた炎尾をイキナリ前線に投入するスパイ組織ではあるが。
機密情報とか、そういうのはどうなっているのだろうか?

日本人は自分の仕事を休む気がない、か。
私はどうやって休もうか、どうやって楽しようかを常に考えているけれどもね。


[メルカノ。]
いや~、すれ違いはラブコメの基本ですよね。
そして他の女の子と一緒のトコロを目撃されるのもお約束。
しかもお約束どおりに見た目がアレな状況…
素晴らしいですな。

まぁ、遥香は翔流をスカウトに来た訳で、となると仕事でコンビを組むコトになる訳だけれども、最初の仕事はやっぱり醜聞の犯人探し(ボコる)になるんだろうなぁ。



[ジェネコミ応援団]
既に7回目になったこのコーナー。
今回は士貴智志氏の登場です。
コミック2巻が発売したイダタツヒコ氏へのメッセージ。
2人の関係はといえば、”XBLADE”というマンガ(3巻が2/22発売予定)の原作者と作画者です。
まぁ、その作品自体は未読なんですけれどもね。
士貴智志氏の作品はいくつか読んでいて、美麗な絵が特徴ですね。オススメは”みんみんミント”(講談社刊/全1巻)だったりしますが。

さて肝心のイラストですが。
士貴氏の方は、この作品の不気味な感じが出ていて良いのではないでしょうか。
イダ氏の返しイラストの方ですが、何やらカワイイ感じに描かれていますが、そういう作品なのでしょうか?


[スピリチュアルぱらだいす]
会えない時間が想いを募らせるんだよ。
って、キツネ、まさかの女の子!?
美月のオカルト初体験とか、ショックで真っ白な横地とか、美月兄の忠告なんかがあって、かなりの密度の濃さなのですが、最後のページの橘先輩が全てを持っていってしまったな。
カワイイな、おい。流石にめがねっ娘の描写の力の入れ方が違いますな。

しかし、今回の事件は、玉置が霊能力を持っているコトがバレてしまうかもしれないが、どうなるのかな?


[コイネコ]
人間に恨みがあるのに、コイネコになれるっていうので、このマンガの新たな局面なのかとも思っていたのですが、どうやら違った様で。
まぁ、話としてはミイコの活躍を作って、キレイにまとまってはいるのですが、こうなると、この新キャラって何の為に出てきたのかな?

藤枝の初恋の君っていう訳でもなさそうだし、恨みでコイネコになった訳ではないとなると、本当に何で登場したのか解らない…
ネタに困っての新キャラなのだとすると、このマンガの行く末が心配だなー。
こんなにキャラがいるのに、既存のキャラだけでは話が作れなくなったという意味ですからね。


[CODE-EX]
何か新キャラが登場した。
まぁ、今回の話ではおおっぴらに自己紹介的なコトはしていないのだけれども、まぁ、どんな人物かはだいたい把握した…
っていうか、アニメを観ていないと解らないとかヌカすのでしたら、トンだクソマンガ認定しますがね。
いやまぁ、初めっからコラボを謳ってはいた訳ですが、アニメが観られない読者への配慮は必要でしょ?

しかし光太郎…
何というニブさか…

克紀は、由真が周りにどう思われて生きてきたのかを知った訳で、コレが信頼を築くキッカケになったりするんだろうなぁ。

ライダースーツの由真はカッコ良くって良い。
っていうか、バイクに乗れたのか…
って、前も乗っていましたっけ?


[ガールズザウルスDX]
今回の話って、要するにほぼ全てが知立の妄想な訳でしょ?
バカな男ですなー。っていうか、妄想の中でもこんななのか。

しかしね、イエローは体型的に西春遥(真の姿)でしょ?


[ラブえあー]
今、イチオシのラブギャグマンガが4度目の登場です。

今回もまた、笑わせていただきました。
細かい部分での伏線の張り方が巧いですな。
そして毎回のお約束ともいえる、前半部分のラブっぷりと、後半部分のハッチャけぶりのギャップが凄まじくて面白い。

最初のオチが出てからのトバしっぷりが笑えるし、最後でさらなるオチが待っているのが、また良いし。
途中で2コマほど出たダケのおにぎりクンがおいしいトコロを持っていきましたねぇ、おにぎりダケに。

まぁ、ストーカー化しなかったのだから、良かったのではないでしょうか。一応人畜無害な訳だし。


[GXラウンジ&次回予告]
第1回「あなたはどっち派?」アンケート、その結果発表!
まぁ、乳サイズとか言っていますが、キャラとしての人気が介在している訳で、巨乳派の方が多いとは一概には言えませんね。
巨乳の方が良いけれど、キャラとしては詩緒の方が良いっていう場合だってある訳で。


次回は”神様ドォルズ”が巻頭カラーで登場。
その告知を玖吼理が…

…をジャックして靄子が!
やっぱりこの強烈なキャラクターを放ってはおかなかったか。
このコマのインパクトは絶大ですものね。
この調子で、ネタページも靄子(というか杣木姉妹)がやってくれないモノだろうか?


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”あまガミ”第3話「思ひ出のハンケチ」 1/19放送の”エンタの神様”の罵詈雑言
コメント一覧
Hiyuki
>神様ドォルズ

3月発売ですか。まだでないかなぁとか思ってたら結構あっという間でした。
私がこっちに来て1年の記念に早速買います。
まあ、結局は買うんですけどね。

今週の詩音も良い感じです。確かに手の動きがGood。
新キャラにもいじられて、詩音はいじられキャラ街道爆進ですね。

また期待しています。
URL 【 2008/01/21 22:35 】 編集
名無しG
>Hiyukiさんコメント有難うございます
3月発売予定だそうです
半年に1回のペースで出ると思われます

詩緒は初登場時以外は完全にいぢられポジションですね
まぁ連載開始時に作者がその様に言ってましたからね
約束どおりというか予定どおりなのでしょう

[今月の詩緒]コーナーは
要するに画像を使うか否かの差くらいしかないんですけれどもね
URL 【 2008/01/23 05:08 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。