い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/01/30(水) 23:22 ヤンキンアワーズ
”クイズ雑学王”がゴールデンにうつってから初めてリアルタイムで観た。
ゴールデンにうつるとクソ化する番組が多い中、この番組はそんなに変わっていなくて安心。
しかしまぁ、これから変わっていくかもしれないですけれども。

そして”クイズヘキサゴン2”という番組を初めて観た。
あまりのクソっぷりに2度と観ないコトを誓う。
何というか…
あの番組を観ていると、それダケで頭が劣化しそう。


さて本日は「ヤングキングアワーズ」3月号の感想を。


[ジオブリーダーズ ミニ画集]
描きおろしの成沢が良すぎ。
シャツのヒモのハズれ具合が見事に適度なエロさを醸し出していてとても満足。


[コンビニDMZ]
雨宮さん…
体重が減って喜んでいる場合と違いますがな…
しかし雨宮さんって、ホントにヨゴレなのね…
ペットフードを前にして悩む描写は、勝の役目でも良いと思うのですが。

人の命は金額には代えられないが…
部下の命を救うためとはいえ、トンだ出費ですね、中佐。


[エクセル・サーガ]
エクセルがエルガーラを助けたと思ったら、イキナリ、キス!
何だこの展開は?と思ったら、そういうコトか、と。
その後も自分で空気を奪ったコトも忘れてエルガーラに檄!
コレでこそエクセル!やはりこのくらい破天荒、全てはイルパラッツォの為!でなければね。

そして美咲と秘書の入浴シーンと、サービスにも余念がないのが良い。
そして遂にエクセルは本部に帰還するのか?
四王寺は本部を突き止めるのか?
次回が楽しみでならない。


[ワールドエンブリオ]
ネーネが吸収するのは棺守ではなく記憶!
なんというか、衝撃の事実って感じでしょうか。
しかし、ソレを聞いてショックを受けるモノの、結局はネーネの成長の為に利用しようとする陸。
コイツは黒いなぁ…

そして街中での戦いへ。
犠牲は避けられない気がしますが、どうなるのでしょうか。
というか、陸は戦えるのだろうか?


[それでも町は廻っている]
まぁ、宇宙人が出てくる世界観なのだから、雪女がいてもなんら不思議ではないな。

どれか当たっているといいけど…
→デスノートかい
の流れは面白かった。
しかし、あの字ではどれもハズれでしょうなぁ。
辰宮四郎あたりが正解な気もしますが…

実は神社の神主・八代さんの能力は本物ではなかろうか。
祈祷をしたら苦しんだっていうコトは、やはり相応の能力があるんでしょうね。

しかし―――
片方が年を取らない、その上年月の感覚が違うと、こうした悲劇が起こるのだな。
そして最後のオチが良かったな、と。


[惑星のさみだれ]
プリンセス・アニマ…
なんか疎ましがられている上司みたいだ。
しかし何故、ノイだけため息をつかなかったのだろうか?ちょっと気になる。

しかしアニマ…
何考えているのか全く解らないな。
キャラは強烈なんですがねぇ…

そしてヒミツのコスプレ撮影中に呼ばれて公開羞恥な白道が良い。
アレは笑った。

そしてダンス、クラスチェンジ。
その力、圧倒的…!
やはり全ての騎士にクラスチェンジ可能なのか、それともダンスのみなのか。
そこが問題だよなぁ。
8体目(とそれ以降)の力に対抗するにはクラスチェンジが必要だろうと。

この作品は毎回面白いので大好きなのですが、今回は特に面白かった。
こういう密度の濃い話はとても良い。


[オニギリ!!!]
いや、第1回目を読んだ時はどうなるか思いましたが、今回のを読んだら、このマンガは大丈夫なんじゃないかと思いました。
てっきりククリは毎回変身して敵を倒すのかと思いましたが、どうやらそうにはならないみたいだし、その状態でどうやって倒すのかっていうのも工夫されていて面白いし。

話としても、姉弟の死を描くコトで、ククリの成長を描いているしね。
まぁ、人の死をもっての成長を描くという手法は、1歩間違えれば危険な方法になりかねないのですが、今回のは良かったのではないでしょうか。


[並木橋通りアオバ自転車店]
うん、読後感がとっても良い。
お下がりは弟や妹にとってはセツジツな問題かもしれませんが、同性の兄弟ならマシではないでしょうか。
異性の姉弟だったりした日には、イロイロと問題が…
問題が!(何かあったらしい


[ドボガン天国]
今回の話は…
何かありがちな、ペットを飼うなら責任を持てっていう類の話なんですけれども…

捨てるのは人間の傲慢ですと言いたいのかもしれないけれども、私にはペットを飼うコト自体が傲慢に感じられるので、共感のしづらい内容だったなぁ、と


[水惑星年代記]
こういう話、好きなんですよねー。
ちょっとした冒険心にあふれているっていう感じで。

初めのシーンを読んだ時は、娘を亡くし、定年して故郷に帰ってきた…
っていう感じのシンミリ感がタップリだったのになぁ。
まぁ、別の意味でシンミリ感がありましたが。
カエル少女もカワイくって良い。


[月刊サチサチ]
いや~、この話、好きだなぁ。
全体に漂うノーテンキさがすごく良いよね。

ちなみにワカサギ釣りはね、釣れない場所でいくら釣っていてもムダですね。
釣れないと思ったら、サッサと場所を変えるコトです。
しかし…
ヌシ級!?っていうシーンはウケた。


[べじたぶる]
えー。
今回の話を要約すると…

森見明日氏「バレンタインにチョコレートを送れ。ただし手作りはNGで」

という風になる、と。
そういうコトでよろしいでしょうか?

さて冗談はおいておきまして。
このチョコの話、どの辺りまでホントの話なのでしょうか?
意外と恐ろしいな…


今回はマリィがカワイすぎでしょー。
ワイシャツ一丁一枚絵がグッドすぎな上に、「寒いから…、特別」のセリフがイイ♪ですな。


[恐怖の宴]
人の死を予見できる人間の話。
どうやって死ぬハズの人間を救うのか―――?

というありがちすぎる話に辟易気味だったのですが、その後の展開が秀逸すぎました。
まさか、この話をこんな感じで料理するか…
って感じで。

死ぬコトは変えられない、ではなく、変えてはならない。
変えれば不幸にしかならないというアイデアが面白かったな、と。

後、警察の優秀さがおかしい。
指紋の検出はいいけどね、犯罪歴のない人間の指紋をどうやって照合したのだろうか?


[アワーズホットライン]
今年も直筆スケッチプレゼント!

石黒氏のイラストからは、何やらヤル気のなさが伝わってきますが…

山東氏のイラストは…。何でさみだれ?目標が似せるって…

真田氏もつられたかのようにふくろうの騎士って…

森山氏。レナのレースクイーン、グッジョブ!

竿尾氏のは、別にしばりじゃない気が…。本編でもありましたよね?

大石氏。今年の目標「エロス」。期待しています。


さて私は悩んだ末に、小野寺氏ので応募するので、皆さん、希望しないでちょーよ。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「コミックヴァルキリー」Vol.10感想 ”恋花温泉”5巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。