い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2021/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2021/12
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2008/02/02(土) 06:20 ヤンアニ嵐
何やら早くも”HUNTER×HUNTER”が再開する予定だとかなんとか。
嬉しい限りです。
本来なら「3ヶ月も休みやがって」と思うトコロで、「案外と早かったなー」と思ってしまう…
でも、楽しみなんだよなー。


さて本日は「ヤングアニマル嵐」No.3の感想を。


[クラック・ハウンド]
ようやく第2シリーズ開始。
始めに登場したネトゲヲタは、北斗の仕事の再確認と、新キャラ・克美のキャラみせ用の様子。
ところで克美っていうのは女性なのだろうか?
外見は男に見えるのだが…?はて?

あ、神崎さん(前シリーズでのメイド)は準レギュラーな感じで、今後も登場し続けるのか。
”クロサギ”というマンガでいうトコロの黒崎と氷柱の関係の様な感じかな?
仕事には関わらないけれども、私生活の方で関わってくるみたいな。
しかし相変わらず表情と行動が逐一カワイイな。
まぁ、北斗が隣にいたら忘れられんね。「過去は忘れて」じゃねーっつーの。

今回のターゲットはタイトルからいっても、サークルというトコロになるのだろうが、風俗嬢からどう繋がっているのかが楽しみだな。
そして克美の能力も。


[後藤羽矢子の裁判びゅー日記]
えーっと、担当のO野木氏。
「エリート美人がわいせつわいせつ言っているとコーフンしますね」
良くぞ言った!
いやもう、完全に同感ですよ。

今回の話を読む限りでは、××ちゃんという検察官が相当に萌えキャラのように感じられる。
またいつか、この作品に出演する機会があればいいのだが…

ところで検察官エロマンガを描いたらウケるかな?
などと言っているが、そういうマンガは既に実在する。
ま、私が知っているのはマジメな内容ではなく、完全にエロバカ方面のマンガですがね。


[ナナとカオル]
えーっとさ。
今回の感想で「超絶エロス!」以外に何と感想を書けばいいのでしょうか?

カオルしか頼れる人がおらず、不安な中でだんだんと言いなりになっていくナナと、ソレに付け込んでだんだんと大胆になっていくカオルが素晴らしいですね。
こうしてSとMに分かれてしまうんだろうなぁ…、っていうのがよく解る。

そして!
かつてココまで、視姦のみをじっくりねっとり、丁寧に大胆に描いた作品があっただろうか?
最低でも私は知らない。そもそもエロ漫画誌ではページの都合で出来ないし。
とにかく今回は、ナナがボンテージ衣装をカオルに見せるシーンに大半のページを費やしており、しかもカオルに見られてだんだんと興奮し、エロスになっていく過程を、ナナの心情のみで描いているのが巧い。そして、だからこそエロい。
前向きではカオルの目線を気にして気持ちが昂ぶっていき、後ろを向いたら向いたで視線が解らないからこそ、想像してしまってより興奮してしまうというのが良かったかな。

視姦=目で犯すっていうのはこういうコトなんだ、というのが今回の話です。
恐ろしいまでの拘りを感じます。
とにかくこのエロさは…
読んで感じてみないと解らないですよ、と。

そして次回は…
触るコトによるエロスなのでしょうか?
とにかく楽しみですよ。


[恋花温泉]
お互いの夢の為に―――!!
まぁ、予想どおりに美しくて、それでいて悲しい別れが待っていたか。
想いが通じ合っているダケに、いや、最後に通じ合ったと言った方がいいのか。
エッチのシーンがより良いモノに感じられる。

しかし、展開しだいではまだまだ続いているのかと思っていたが、もう完全に終わりというコトか…
まさか相手が2児の親になっていようとは…


[えっちの神様!]
あぁ、鎖付のロザリオをしていた女の子は無事だったのか。
っていうコトは前回の感想で書いた、校長が実は…、っていうのは意味を成さないのか。

金精様は、何と清香の股間に憑依!
なんというアレな描写なのか…

そしてもう1人の男には弁天様が憑依しているみたいだが…
いったい何者なんだろうなぁ?
そしてこの物語はどういう方向にススもうとしているのだろうか?


[ラブホいこうよ]
朝子は雪見酒目当てで温泉なんかにいける立場ではないと思うのだが…
まぁ、居ても何の役にも立たないけれども。

しかし…
着々と沙織との仲を縮めつつあるお嬢に対して、達也ときたら…
しかも出会いがアレだしなぁ。
可織がボケボケだったから良かった様なモノの、相手がマトモな人だったらストーカー認定されてますよ…


[ふたりエッチ]
やはりこのマンガではそうそう深刻な問題はおこらないか。
校長も理解があるっていうかなんていうか。
ココでドラマが起こらないのがこのマンガだしねぇ。


[Gがセ界を統べるまで]
「野球が15人でやるスポーツだったら巨人の戦力は脅威に感じるが、9人でやるスポーツである以上、何の脅威も感じない。どうぞ好きなダケ補強してください。」by落合監督

中日の落合監督が監督就任時に言った言葉。
とりあえず補強するダケでは無意味というのを証明してくれたので、ま、今年の巨人にはイロンナ意味で注目している。
獲得選手リストに載っている選手も巨人では1~2年しか活躍していないのが大半だし、巨人で現役を終えた選手が少ないのも多い気がする。
やはりFAの墓場なのか…


[オレたま ~オレが地球を救うって!?~]
あ、エリスは虚しさを感じていたのか。
そりゃそうだろう。
車の助手席に等身大フィギュアを乗せてドライブするアホヲタと何も変わらないですよね。

最後の予言。
白い雨っていうのは、要するにせ…。なんでしょうな。女王よりもソッチの方が恐怖ではなかろうか、と。


[かの女は忍具ムスメ!]
出歯影が生きていた時代には下着はなかったと思うのですが…
亡霊として彷徨っている間に知識を得たのでしょうか?
それから、人間の身体でなくてはならない理由ってあるのかな?
骸骨姿のままでも問題ない気がしますが…。特に女風呂を覗くのは。

しかし月音の胸に手を突っ込んでいるのを目撃したのが妹とはね…
ソコは滝川さんのポジションだろ。マッタク…


[碧いの誘惑]
あずさ対奈央!
いや~、こういう展開、好きなんですよねー。
要するに修羅場なんですけれども。

まぁ、後は真一の心次第なんですが…
今回の話を読むと、あずさへの想いは強そうなんだがなぁ。
どうなんでしょうかね?っていうかどうなるんですかね?


[14(ジューシー)]
後2~3回で終わりそうな感じですね…

男子サッカー部はリエコ1人で圧勝でしょ?
だってマネージャー時代には1番の実力者だったしねぇ。

最後にリエコ(母)が登場したけれど、どうなってしまうのか。


[アシスタント伝奇 ケイカ]
悶絶吸い出しホースじゃねーよ。
本来なら女の子のおっぱいに装着して搾乳プレイをしなけりゃならんシーンじゃないのかよ?
何でち○こに装着して窄精プレイなんか見なきゃならないんだよ…
その後も男相手にブラシ攻めとかやらかすし…

紬のセリフ「アシ先でイタヅラされた」っていうのは、「アシスタントに行った先」なのか「足の先=足コキ」なのかが問題だな。もしくは両方にかけているのか。


[アニマル嵐株式会社]
「言い訳の達人」のコーナーでの瑞江のセリフ「アナタはネクタイ買えない」が素晴らしいですよね。
今度からはそういう目で見てしまうな。いや、見るように心がけよう。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
2/2放送の”エンタの神様”つらつら雑記 「コミックヴァルキリー」Vol.10感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する