い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/02/04(月) 22:11 コミックレビュー
大雪の所為で雪かきが大変です。
後何回くらい降るのでしょうかね?
早く春にならないモノか…


さて本日紹介するマンガはコチラ。
くらしのいずみ
少年画報社刊/谷川史子氏


[作品概要]
人生は人それぞれ。
夫婦も人それぞれ。

という訳で、夫婦にもイロイロなカタチがあるのです。
友達のような関係の夫婦・年の差が大きい夫婦・中には仮面夫婦なんかも…?

そんな訳で、イロイロな夫婦のカタチを描いたオムニバス形式の夫婦恋愛マンガ。


[内容補足と感想とか]
さてこのマンガは夫婦を描いたマンガです。
このマンガには、イロイロな夫婦が登場します。

例えば、染井家の場合…


DSC04491.jpg
プロポーズから始まる物語

という訳で、このマンガは夫婦を描いたモノなので、プロポーズから始まります。
恋愛系のマンガなんかだと、プロポーズが終着の場合が多いのですが、このマンガはその終着から始まるんですね。

さて、この染井夫婦は、中学の時からの知り合いです。
中学で同じクラスになり、高校・大学も一緒になり、そのままゴールインした、と。
中学からのお付き合いなので、何もかももう解ってる…

…ハズだったのですが、そんなコトはなかった。
結婚生活を始めてみると、奥さんについて知らなかったコトをいくつも知るコトとなった。
しかも1番解らなかったのは、奥さんの気持ちだった…?
この夫婦は、先ほどの画像のような感じのプロポーズだった訳ですが、基本的に盛り上がりに欠けています。
熱い訳でも冷めている訳でもなく…
そして旦那は悩むのだった。
「あいつは流されて結婚したんじゃないのか?」と…

そんなお話。


続いての登場は小嶋家。
この夫婦の馴れ初めは、スポーツジムのプールで溺れた旦那を、そのジムでインストラクターをやっていた奥さんが助けたのがキッカケです。
で、この奥さん。ジムでインストラクターをやっているダケあって、かなりの豪快さん。いや、インストラクターが全て豪快だと言う気はないですが。
とにかく、カワイイというよりかはカッコいいという形容詞の方がピッタリな感じなんですね。

DSC04492.jpg
奥さん。名前は亮子さん。

しかし旦那に言わせると「すごく女の子らしくて可愛いひと」らしいのです。
何故、旦那がそんなコトを言うのか解らない奥さん。
その上、旦那の職場の後輩の女の子(カワイイ系)が、何やら旦那さんを狙っているらしい…?

というようなお話です。


それから高橋家の場合。
この話は、他と違っていて、夫婦視点ではなく、奥さんの方の弟の視点で物語が進行します。
大学受験を控えた高校3年の祐一クン。予備校に通っています。
そんなある日、彼のお姉さんが倒れて病院に運ばれた。
この姉弟は、幼い頃に両親を亡くしており、たった2人の家族なんですね。
それで、病院にいってみると、病気ではなく「おめでた」だったのだ。
ホッとするのと同時に、相手が誰なのか気になってしょうがない祐一クン。
その注目の相手というのが―――


DSC04493.jpg
お相手

なんと予備校の先生だったのだ!
突然のコトに戸惑いを隠せない祐一クン。
たった1人の家族、しかも祐一クンは完全のお姉ちゃんっ子なので、2人の仲を認められなかった。

とまぁ、そんな感じのお話。


そして冬木家。
結婚して2年目なるこの夫婦。
ある日、旦那が目を覚ますと、いつもの様に奥さんは居なかった。
奥さんの方が出勤が早いので、見慣れた光景だったのだ。
そしていつもメモが残されている。
いつもは「今日は遅くなる」とか、そんな感じの内容だったのだが、その日の内容は違っていた。
「しばらく実家に戻ります」という内容だったのだ!

DSC04494.jpg
三行半?

突然のコトに動揺を隠せない旦那。
電話も着信拒否の上、実家に電話しても理由が解らない。
何か自分に原因があると考え、自分の行動を振り返ってみると―――

愛想をつかされても仕方のないコトばかりが思い起こされた。
本当の愛想をつかされてしまったのか…?

というようなお話。


さてこのコミックにはこれ以外にも、奥さんに先立たれた旦那の話、書類上でのみ夫婦の仮面夫婦?な話などが収録されています。
このマンガを読んでいて思うコトは、結婚というのは決して恋愛の終着点ではないというコトです。
先ほども書きましたが、恋愛マンガとかって、結婚したら終わりというのが多いんですね。
あたかもソコが恋愛の終着点であるかの様に描かれているモノが多い。
でも本当はそうじゃない。
結婚してからも恋愛は続いている。もしくは新しいカタチの恋愛がソコから始まる。
結婚は恋愛の1つの結果だけど、ソレで全てじゃない。
結婚した後も、夫婦が夫婦であり続ける為には、そこで恋愛が終わってはいけないんだ、と。
そういうコトを考えさせられました。


…などと、結婚してもいない私がいくら言っても説得力なんかありませんよっていう話ですよね。特に結婚願望があるわけじゃないしねぇ。
しかしまぁ、恋愛モノでは珍しい(?)1つの終着点から始まる新しい出発点の恋愛マンガとでも言えばいいでしょうかね?
そんな感じの恋愛マンガ、たまにはいかがでしょうか?


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”なまコイ”1巻 2/2放送の”エンタの神様”つらつら雑記
コメント一覧
額縁 カサ
ちわす。訪問ありですよ。
私の大好きな「風雨来記」がTOPに!!
ちょくちょく訪ねさせていただきますー。
URL 【 2008/02/04 23:57 】 編集
名無しG
>額縁 カサさんコメント有難うございます
私も大好きなゲームで
PS2でのリメイク版が発売された折に
F・O・Gのサイトでやっていた企画に参加して
そのまま残してしまいました
このゲーム面白いですよね!
URL 【 2008/02/06 05:53 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。