い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/02/06(水) 05:46 コミックレビュー
近所の某コンビニがツブれた。
まぁ、コンビニがツブれるなんてさして珍しくはないのですが、このコンビニは私が愛用していたトコロで、結構ショックだったりするんですね。
私はコンビニでは雑誌くらいしか買わないんですけれども、このコンビニ、私がよく買うマイナー系のマンガ雑誌が充実していたトコロなんですね。
他には置いてなくても、ココなら置いてあるっていう安心感っていうか信頼感があったのに…
実に残念ですよ。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
なまコイ
幻冬舎刊/原作:雨宮ひとみ氏/作画:中臣亮氏


[あらすじ]
故郷から遠く離れた東京。
東京の大学に受かり、華々しい大学デビューを果たした真神次太郎。
彼は元々オタクな少年だったのだが、高校の時のとある経験がトラウマとなり、人前ではオタクであるコトを隠すようになっていたのだ。
大学では真神王子とあだ名されるようなキャンパスライフをおくる一方で、秋葉原を徘徊しオタグッズを集める生活が続いていた。
そんなある日、交通事故で死亡。

するも、何故か生還した。
しかし目を覚ましてみると、従妹と名乗る謎の少女・ミウが現れる。
しかも同居をすると言い始める。
彼女には何やら目的があるようなのだが…?


[内容補足と感想とか]
真神次太郎。大学生。
大学内では真神王子と呼ばれ、女子達の憧れの的。

DSC04506.jpg
真神次太郎大学内Ver.

しかし、その姿は、仮の姿でしかなかった。
実は彼は重度の2次ヲタだったのだ!

DSC04507.jpg
学内のトイレでヲタラジオを聴いている

学内では爽やか青年を演じつつ、秋葉原でオタグッズをあさる日々。
何故彼が、これほどまでにオタであるコトを隠すのか。
それには理由があったのだ。
実は彼は高校時代、1人の女の子とお付き合いをしていたコトがあったのだ。
その頃の彼は、特にオタを隠していた訳でもなく、爽やかだった訳でもない。

そして、その日、彼はその女の子を自分の部屋に連れて来たのだ。
当然、彼の部屋はオタグッズが満載。
ソレを見た女の子は、本性を現したんですね。

DSC04508.jpg
フラれた

真神次太郎を完全否定。
名前から解るかと思いますが、次太郎には兄がいるんですね。
成績優秀、スポーツ万能、明るい性格で人気者。
つまり、彼女は次太郎を兄の代わりにしか思ってなかったんですね。
そして、オタであるコトは受け入れられなかった、と。
こうして自分を完全に否定された次太郎は、東京の大学に合格し、地元を逃げるように上京したんですね。
そして生まれ変わるコトを決意し、華々しく大学デビューを果たした、と。

しかし、東京は同時にオタ文化の中心地。
オタを辞めたいと思っていながらも、辞められず、それどころかより深みにハマっていってしまったんですね。
だから大学での自分と、オタである自分。完全に使い分けて生活しているんですね。

そんなある日。


DSC04505.jpg
事故寸前

ダンプカーにハネられて、心配停止。つまり死にました。
が、何故か大した怪我もなく生きていました。
いや、厳密に言うと生き返ったのですが。

ところが生き返ってみると、見知らぬ女の子がいるではないですか!

DSC04509.jpg
見知らぬ女の子

しかも次太郎の従妹だという。その上、次太郎の家で生活するといい始める。
自分は知らないハズなのに、親は知っているという。
その上、昔の写真にまで写りこんでいる。
何か釈然としないモノを感じながらも、家に連れて行く次太郎。

…と、ココで高校生の時の忘れたくても忘れられない思い出がよみがえる…
すなわち。
オタグッズであふれかえった部屋を見られたら、また自分を全否定されるのではないか?と。

DSC04510.jpg
褒め始める従妹

しかしその従妹(ミウという)は、オタグッズに嫌悪感を示さなかった。
とりあえず安心しつつも、何者なのかを問い詰める次太郎。
するとミウは、唐突に―――


DSC04511.jpg
何という一足飛ばし

子作りを迫ってきた…!!
…って、イキナリ18禁展開ですか?このマンガ成人指定ですか?
しかし、高校時代の経験がトラウマとなっている次太郎は、リアルの女性に触れられるのが苦手で、触られると段階に応じて、鼻血→失神となってしまうのだった。
こうして子作りは失敗に終わりました。

さてそんな感じで共同生活が始まった次太郎ですが、大学の方でも事件が起こっていました。
大学に行くと、何やら校舎前が騒がしい。
何事かと思い見に行くと…


DSC04512.jpg
ロリ教師爆誕

何とミウが非常勤講師として大学に潜入していました。
次太郎のヒミツを知るミウが大学に!
ミウから自分のヒミツが暴露されないかと気が気ではない次太郎。
そんなこんなで大学でも気が抜けない状態になってしまいました。


さてこうして大学生活も一変してしまった次太郎。
そんな中、とある理由で襲われてしまう次太郎。

DSC04513.jpg
命の危機?

まぁ、なんで襲われているのかは自分の眼で確かめていただくとして、とにかくモップで殴りかかられてしまうんですね。
第1撃目はハズれるモノの、顔に傷を負ってしまう次太郎。
その瞬間―――


DSC04514.jpg
道路陥没

何故か、関係の無い場所の道路が陥没してしまいました。
て、ホントに何の関係があるんでしょうかね。この辺りがこのマンガの謎の部分っていうか、キモの部分なんでしょうね。そのうち明かされていくんでしょうね。

さて続き。
第1撃目はハズれたモノの、まだ収まらない襲撃者。
だが、そこに現れたのは―――


DSC04515.jpg
ミウ?

ミウ?だった。
しかも次元管理人を名乗っている。
そして不思議な力を用いて襲撃者の存在を停止したとかなんとか。
よく解らないのですが、存在そのものをなくしたという感じなのかな?
そして、次太郎のコトを「天地万物の枢機」「私の所有権者(マスター)」などと呼び、

DSC04517.jpg
ミウの正体?

そして次太郎から襲われたという記憶が無くなり、謎が深まったまま、次巻へと続く。


えー。
この記事を書いている私自身が、このマンガのコトがよく解っていません。
いや、何というか…
謎が多い訳ではないのですが、全く明かされていないモノで…
どうやら次太郎には何かヒミツがあり、ソレが世界の存続に関わるコトみたい。
ミウはそれに関係して次太郎の元に来たみたいなのですが…
その目的も、子供を作るコトみたいなのですが…
何がどうなって、そうなっているのかがサッパリなんですね。
まぁ、そのうち開かされていくんでしょうけれども。
次元管理人というのも謎だしね…
まぁ、1巻ではあまり謎のコトは考えず、次太郎の2面生活と、ソコに入り込んだミウとの美少女ゲー的同居生活を楽しむのが正しい読み方のような気もします。


そして個人的には、秋葉原のメイドさんのまりあさんがお気に入りだったりします。
特に手に持っているネコのテのおもちゃを使っているシーンが良いです。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「チャンピオンREDいちご」Vol.6感想 ”くらしのいずみ”
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。