い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/02/09(土) 07:21 コミックレビュー
そういえば”DEATH NOTE”の映画版をテレビで放映していたらしいですね。
新作映画が本日(2/9)から公開開始だとか何とか。
まぁ、今の私はマンガの映像化にはさして興味は無いのでどーでもいいんですけれどもね。


さて、本日紹介するマンガはコチラ。
GAMBLE FISH
秋田書店刊/原作:青山広美氏/作画:山根和俊氏


[作品概要]
名門校・獅子堂学園。
その学園に転入してきた白鷺杜夢。
彼はある目的を持ってこの学園にやってきた。
その目的とは、この学園を潰すコトらしい。
目的の為にギャンブル勝負を繰り広げる杜夢。
閉鎖されたエリート学園で狂気のギャンブル勝負が幕を開ける…


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介
3巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて前巻のおさらいですが…
ビリヤードの世界Jrチャンピオンの朝比奈とのビリヤード対決で、杜夢がマスワリ(全ての球を1人で落とすコト)を達成すれば勝ちという状況で、ハスラー五木島の策が炸裂する!
っていう辺りまででしたね。

という訳で、4巻の内容。
イカサマキューが使用不可能になり、ブレイクショットでパワーショットが不可能になってしまった杜夢。
仕方なく確実に落としていく方法を選びます。
そこで登場する五木島の策というのが「今、何時でっか?システム」です。
簡単に説明すると、五木島が球の配置を見て、手球のどこをどのくらいの強さで突けばいいのかを腕時計の時間で教えるといったモノです。

DSC04519.jpg
イカサマの内容

ブレイクショットで落ちた球は1つのみでした。
そして、そこからこの策が威力を発揮します。
ブレイクショット後、幸先良く初めの球を落とし、次の球に取り掛かろうとした、その時。
何と、邪魔が入ってしまいました。

DSC04520.jpg
乱入者

菜摘の伯父の樹村プロです。
樹村プロは五木島にいいようにヤラれた恨みがあり、黙ってみていられなくなって乱入したみたいです。
で、この騒動で、五木島は自分が杜夢のコーチであるコトを暴露して逃走してしまいました。
まぁ、杜夢は、何のコトだか解らないなどとすっとぼけてその場をやり過ごしていましたが…
しかも五木島は逃走する際に、置き土産を残していきました。

DSC04521.jpg
体当たり

杜夢にタックルをかまし、杜夢は左腕を負傷。
その上、吹っ飛んだ杜夢がビリヤード台に激突し、球の配置が杜夢にとって不利な状態になってしまいました。
杜夢はアクシデントだからとやり直しを要求するが、美華さんがその要求を一蹴。
その不利な状況のまま、試合再開となってしまいました。
この状況にあって、朝比奈の勝利を確信し、思わず高笑いをあげてしまう美華さん。

DSC04522.jpg
中学生に見えな~い。っていうか女王様みたい…

しかし、その美華さんの高笑いを打ち消す別の高笑いが響き渡りました。
「ヒャーハッハッハッハッ~ッ!!!」という笑い声と「アヴィィイッ!!!!」という掛け声と共に、阿鼻谷先生が天井から降ってきました。

DSC04523.jpg
アビィ登場

前巻で集まった観衆のほぼ大半が天井を見上げるシーンがあったのですが、誰1人として阿鼻谷先生に気づかなかったみたいです。
ホンキでどこに潜んでいたのでしょうか?流石は妖怪1歩手前の存在です。
そして降ってきた阿鼻谷先生は、杜夢の勝ちを予言します。

でまぁ…。
そのとおりになるのですが、ま、その部分はご自分の目でお確かめくださいネ、と。
とりあえず杜夢が勝ちましたよ、と。

DSC04524.jpg
朝比奈陥落フラグ

そしてココで、阿鼻谷先生が嬉々として杜夢のトリックを解説しだします。
しかも杜夢に負け、涙を流す朝比奈を前にして、大ハシャぎ。

DSC04525.jpg
バカ丸出しって感じ?

この騒ぎでは、美華さんはこのビリヤードにお金を賭けているコトを大声で言ったりしていましたが、阿鼻谷先生といい美華さんといい、生徒の父兄の前であるコトを忘れているのではないでしょうか?
こんなアレな先生がいるコトや、理事長の孫がこんなだと、不信感を抱いてヤメたがる(もしくはヤメさせたがる)人が出ても不思議ではないような気が…
というか、阿鼻谷は解雇されても不思議じゃない…


という訳でビリヤード編は決着を向かえ、その後日談。
朝比奈は学園をヤメ、よりビリヤードを極める為に世界へと飛び出して行きました。

DSC04526.jpg
杜夢に触発された

何でもビリヤード大国である台湾の有名なコーチに誘われていたらしく、今回の勝負でその決心が固まったのだとか。
こうして日本を離れた朝比奈ですが、美華さんとの別れのシーンがまたね。

DSC04527.jpg
やはりそういう関係か…

うん、どう見てもレズ方向の関係だよね。
このシーンではイケナイ妄想が膨らむね。
かと思っていたのですが…

DSC04528.jpg
杜夢との別れのシーン

シッカリと杜夢に陥落していました。
やはり杜夢はハーレムを作りに来たとしか思えませんな…
ちなみに、朝比奈は父親が杜夢の父親に騙されたコトを恨んでいたのですが、その人物はどうやら杜夢の父親ではないらしいのです。
しかも、杜夢の父親はどういう訳か、阿鼻谷によって学園の奥深くに幽閉されているとか…
阿鼻谷…
いったい何者なんでしょうかね?

そして次の相手が美華さんの口から語られます。
次は阿鼻谷が直接刺客を送り込んでくるらしい。
しかも、その刺客というのが…

DSC04529.jpg
ゾンビの群れですか?

学園の闇底に潜む「阿鼻谷ゼミ」らしい…
何でも、学園の問題児は反省質におくられ、その中でも特に手に負えない連中が最終的におくられるのが「阿鼻谷ゼミ」らしいんですね。
ちなみに反省室っていうのは、1巻に出てきた部屋で、中では阿鼻谷が嬉々として生徒に鞭打ちをする部屋のコトね。
で、阿鼻谷ゼミっていうのは、阿鼻谷が絶対的な権限を持ち、阿鼻谷が許可しない限り何年経っても出られないんだとか。

いったい阿鼻谷とは何者なんでしょうか?
っていうか、どれだけこの学園内で権限を持っているのか…
もはやヤリタイ放題なんですが…
ある意味での犯罪者であり、教育委員会(というか世間)にバレたら問題になるコト間違い無しの教師にこんな権限を与えるなんて…
この学園自体がどうにかしているっていうか、何かヒミツがありそうですね。


という訳で、今度の相手はこの阿鼻谷ゼミの刺客です。
ゼミの生徒達が「民主的話し合い」という名の殴り合い(というか既に殺し合い)で代表を決めました。
杜夢との勝負に勝てば卒業できるとあって、皆必死です。
そして代表が決まりました。

DSC04530.jpg
代表者

しかも代表は3人。つまり、3対3の団体戦。
杜夢が勝ったとしても、他の2人が負ければ結果として杜夢の負けというコトです。
狡猾すぎます。
そして種目も決まりました。
その種目を告げる挑戦状が杜夢に届けられました。
注目の勝負内容とは―――


DSC04531.jpg
種目決定

ダイスゲームです。
しかし、ダイスを使った勝負をするというダケで、ルールや内容は一切不明。
勝負当日に発表されるコトになりました。
勝負内容は不明。敵も不明。一切不明。
圧倒的に不利な状況での勝負ですが、杜夢はコレを受けました。
杜夢が勝ったら、父親に面会出来るという条件で…

さて余談ですが、杜夢の元に届けられたダイス。
このダイスには相手からのプレゼントが込められていました。

DSC04532.jpg
中から虫が…

中からはどう見てもダイスの体積よりも多いと思われる量の虫が這い出してきました。
パニックになるクラス。
この後、消毒作業をやったらしいのですが、虫如きで消毒って…
どれだけ純粋培養な生徒なんでしょうか?信じられませんね…
信じられないといえば、阿鼻谷は、この虫を見て「実にセンスの良いプレゼントだ」などと言って喜んでいました。
その上、自分の顔に虫がよじ登ってくると

DSC04533.jpg
もはや人間じゃないな…

カメレオンかカエルみたいに舌を伸ばして食してしまいました。
やはり妖怪変化の類だったみたいですね。


さて3対3の団体戦ですので、メンバーを探さなくてはお話になりません。
菜摘は、最悪の場合は自分が出場するといって張り切っていましたが、杜夢は認めませんでした。
そんな中、1人目のメンバーは直ぐに名乗り出てきました。
ま、皆さん、予想の範囲内だと思いますが、この人です。

DSC04534.jpg
心強い味方

イカサマダイスの見破り方ならドンとこい!の全裸マジシャンこと月夜野です。
イカサマダイスの基礎知識から、逆に自分達がイカサマを仕掛けるとまで豪語して超強気です。
こうしてメンバーは2人になりましたが、阿鼻谷ゼミとの勝負とあって、3人目はなかなか決まりません。
菜摘は自分が出るといっていましたが…

さてそんな中、唐突に3人目が現れました。

DSC04535.jpg
3人目

1年の秋野めぐみ。
自分の目的の為にお金が欲しいらしく、賭け金の1/3相当の300万円を条件にチームに加わりました。
ちなみに杜夢がチームに加えた最大の理由が彼女の能力によるモノです。
その能力というのが―――


DSC04536.jpg
能力

5桁ほどの暗算だったら一瞬で解いてしまうほどの計算能力だった。
確率の計算はダイス勝負では役に立つと考えての起用です。
こうしてメンバーが決まりました。


…が、ポッと出の秋野をチームに加えたコトに菜摘は納得がいかず、杜夢と喧嘩別れをしてしまいました。
そして仲違いしたまま、勝負の日が訪れてしまいました。

勝負は、波乱のオンパレードで幕を開けました。
まず、勝負開始直前に月夜野が腹を下してリタイア!

DSC04537.jpg
トイレに直行する月夜野

なんと、ゼミ生の陰謀で月夜野が飲んだコーヒーに下剤が入っていたのです。
こうして1人がリタイア。後がなくなりました。
しかも、その直後にさらなる衝撃が!!

あー、以下、壮大なネタバレがあります。今更なんですが。
ネタバレ上等っていう方のみ、見てください。














DSC04538.jpg
正体を現した秋野

何と、秋野めぐみはゼミの生徒だった!!!
ロリータ・コンピューターの異名をとる蛭子奈々!
月夜野のコーヒーに下剤を入れたのもこの人です。
こうして勝負の前に、杜夢のチームのメンバーは杜夢1人になってしまいました。

…って、もはや不戦敗?
勝負はどうなるの?
って辺りで次巻へと続く。


さて…
今回もツッコミドコロから熱いシーンまで、満載のこのマンガ。
今回の注目点は阿鼻谷ゼミの存在でしょうかね。
この学園はどうなっているのでしょうか?
どう考えても犯罪者である阿鼻谷を黙認しているどころか、権力まで与えるなんて…
何やらヒミツがありそうですねぇ。


そして朝比奈の陥落。
やはりいうか当然というか。
杜夢はギャンブルの能力ダケではなく、女の子をトリコにする能力にも長けている様で…
しかし朝比奈は美華さんともイケナイ関係な訳で…
つまり、中学生にして両刀使いというコトですね。
素晴らしいね。美華さん陥落の暁には3○だね。


最後に。
教室で虫騒ぎがあった時のシーンなんですけれども。
その中にいたこの女の子が結構お気に入りだったりします。
脇キャラなのにパンツを見せていたりしてポイント高いですよ?
そういえば美華さんのパンツもバラの柄だったと思いましたが…。というか同じデザイン?
なんでしょうか。この学園の女子生徒はバラの柄パンツを穿かなきゃいけない校則でもあるのでしょうか?もしくは学園指定のパンツ。気になりますね…


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
2/9放送の”エンタの神様”つれづれ雑記 「チャンピオンREDいちご」Vol.6感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。