い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/02/11(月) 06:36 コミックレビュー
そういえば世間では3連休なんでしたっけ。
世間の休みとは関係の無い休みを取っているのでスッカリ忘れていました。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ツマヌダ格闘街(ファイトタウン)
少年画報社刊/上山道郎氏


[作品概要]
八重樫ミツル。プロのイラストレーターを目指して上京したばかり。
住むためのアパートを捜して妻沼田市にやって来た。
ところがこの妻沼田市は町おこしの為にストリートファイトを制度化した、人呼んで「ツマヌダ格闘街(ファイトタウン)」という変わった街だった。
この町に住むのは不可能だと思うミツルだったが、街で出会った謎のメイド・ドラエさんに促されるままにストリートファイター登録をしてしまった!
明道流(めいどうりゅう)柔術の使い手であるドラエさんに指導されつつ、ストリートファイターとしての生活が始まる!


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて前巻の内容ですが…
たしかミツルが初めて敗北し、そして特訓を開始し、その上、負けた相手であるジロー・王/クインシー・王姉弟の家に同居をしはじめた辺りでしたね。


という訳で3巻の内容。
特訓を経て、順調に勝ち星を重ねるミツル。
同じようにして勝ち続けるジロー。
プロリーグ昇格が視野に入ってきました。
そんな折、この2人に注目し始めた人がいました。

DSC04540.jpg
御名本裕子(みなもと・ゆうこ)

ツマヌダ格闘街のネット環境を管理する会社の社長であり、格闘街運営委員会の専務理事も勤めているヤリ手のキャリアウーマンです。
裕子さんは、ミツルとジローの外見に反した実力等を評価し、将来のスター候補とにらんで、プロリーグへの昇格試験の話をもってきたのだ。
プロというのは、実力は当然のコトとして、お金を払ってでも見たいと思えるような魅力がなければダメだと。
そしてミツルやジローにはソレがあるのだと。
まぁ、ジローは元々プロ志望。
ミツルにしてもジローとの再戦を期しているので、どの道いずれはプロになる予定だったので、願ったり叶ったりなのでした。
ちなみにプロ昇格の条件は20勝以上していて、昇格試験に合格するコト。

という訳で、ミツルとジロー、2人のプロ昇格試験の内容が決まりました。
その内容というのが―――


DSC04541.jpg
試験内容

ミツルとジローがペアを組んでの2対2のタッグマッチ。
ちなみにツマヌダ格闘街でも初めてとなる試みだそうです。


で、注目の相手はというと。
その相手に関しての情報を提供してくれる協力者が現れました。
裕子さんの娘で、御名本柚香(みなもと・ゆずか)です。
小学6年生の11歳。めがねっ娘でもあります。
名門私立小学校に通っていて、年齢の割りに礼儀作法がリッパです。
ちなみに名前の由来は某国民的アニメのヒロインからとみて間違いないかと思います。
ドラエさん、ラミィときて、みなもとゆずか。次はどうなるんでしょうかね。

あ、タッグマッチの相手の話でしたね。
その相手というのが―――


DSC04544.jpg
相手

暴風仮面(ハリケーンマスク)1号と2号。
何と同じジムに所属する若手プロレスラー。しかも双子だそうです。
プロレスという競技は、タッグを組んで戦うコトを実際に練習する数少ない格闘技。
その上、双子なので?息もピッタリ。
急造タッグチームであるミツルとジローはかなり不利な状況です。

あ、ちなみに、柚香がわざわざそんなコトを教えに来たのには理由があって…
ま、要するに、柚香はミツルの大ファンだったりするんですね。

DSC04543.jpg
ミツルのサインを貰って嬉しそう


さて、タッグマッチですが、ルールは基本的には通常の試合と同じ。
勝敗は試合続行不能となった選手がいるチームが負け。
要するに1人倒せば勝ちというコトです。
で、ドラエさんの見立てによると、4人の力関係は

ジロー>>1号>2号>ミツル

となります。
ジローが突出していて、ミツルが1番下。
そして1人倒れれば負け。
つまりどういうコトかっていうと…

DSC04545.jpg
集中攻撃

ミツルが集中的に狙われるってコト。
息のそろったコンビネーションを駆使し、瞬間的に1対2の状況を作り出し、ミツルを倒しにかかる暴風仮面。
ジローが使う太極拳は、向かってくる相手には威力絶大だが、自分から仕掛けるには向かない流派。
追い詰められたミツル、ピンチ!?


という訳で、試合の結末はご自分の目でお確かめください。
まぁ、結論を言うとミツル達が勝つんですケドもね。


という訳でジローは問題なくプロリーグに昇格しました。
問題はミツルの方。
プロ昇格の条件は20勝以上。ミツルはタッグマッチの勝利も含めて19勝しかしていなかったんですね。
という訳で、昇格は一時保留。結論が出るまでは試合は禁止というコトになりました。
なお、ミスのお詫びとして裕子さんから系列会社の映画館やらレストランやらの優遇券を貰って、要するに休暇期間になりました。
さてこうして遊ぶコトになった訳ですが…
ラミィは大学の試験、クインシーとジローは昇格の報告に実家に帰宅。すなわち、ミツルとドラエさんの2人でお出かけ。
つまりはデート。
普段はメイド服を着ていたり、下着姿ばっかりなドラエさんですが、さすがにオシャレなカッコウでキメていました。
しかもそのカッコウをミツルが褒めると―――


DSC04546.jpg
満面の笑み

とってもカワイらしい、いつもと違ったドラエさんが見られましたとさ。
しかし…

デートのシーンはこのくらいしか見せ場がありませんでした。
いろいろとあって、デートらしいシーンはまったく描かれなかった為ですが…

ま、内容は例によって自分で確かめてくださいよ、と。


さて、ミツルのプロ昇格問題ですが、結論が出ました。
その条件というのがコチラ。

DSC04548.jpg
昇格条件

とある選手との試合。
まぁ、要するに昇格試験と同じなんですけれどもね。
で、その相手というのが、野球選手だったりするんですね。

DSC04549.jpg
相手選手

…。

……というのは、半分冗談です。
この野球選手、名前をきよは…。じゃなかった河島清春(かわしま・きよはる)といい、野球を引退した後に格闘世界に挑戦。
格闘技向けの肉体改造に取り組んで1年、手始めとしてツマヌダストリートファイトに乗り込んできたらしいです。

DSC04550.jpg
肉体改造の成果

ま、要するにツマヌダ格闘街を腕試しの場だと思っている感じですね。
で、通常はアマ形式のリーグで20勝しなければプロリーグに昇格は出来ないのですが、元々他のプロ世界で実績がある場合などはイキナリプロリーグ参入もあったりするんですね。
で、今回のきよ…。じゃない、河島の場合も野球界のトッププロだった過去を考慮し、デビュー戦がプロ試験というカタチでの待遇となりました。人気や注目度も段違いですしね。
そしてその相手がミツルだというコトです。
要するに勝った方がプロリーグに昇格。
ミツルにしてみれば、コツコツと戦績を上げてきた訳で、この扱いが面白い訳ありません。
この試合は、元プロ野球選手の格闘転向のデビュー戦な訳ですから、元から配信しているネットのみならず、テレビ局も注目しているんですね。
で、そのテレビ局の取材の時に、ミツルのコメントを裕子さんが読み上げました。

DSC04551.jpg
ミツルのコメント

要約すると「ツマヌダなめんな。おとなしく玉と棒でもいじってやがれ。このファッキン野郎!」となります。
まぁ、当然のコトながらミツルが書いた訳ないんですけれどもね。
しかしね。裕子さんの口から「ファッ…」という言葉が出たと考えると、なんかこうキませんかね?
そしてさらにクる、衝撃の事実が!
なんとこのコメントを考えたのは裕子さんではなく、実はドラエさん。
ドラエさんが「ファッキ…」という言葉を書いた。
ソレはソレで、こう、イイ♪モノがありますね…。とか書いたらヤバいですかね?


さて、試合の方はというと。
試合前に両陣営のマスコットガール対決?があったりして。
河島サイドはタレント。ミツルサイドはドラエさん他。

DSC04552.jpg
ミツルのチームのマスコットガール

まぁ、1人アレ?な方が混ざっているのは気にしない方向で。
個人的にはクインシーの服は結構キてますが…

という訳でマスコットガール対決も制していよいよ試合開始。
その注目の内容は―――


当然の如く、ご自分の目でお確かめください。
結論は言わなくても解っていると思います。
ので、言ってしまいますが、ミツルの勝ちです。
こうしてはれてプロリーグ昇格が認められ―――


DSC04553.jpg
プロリーグに参入

本番はコレからだ!って辺りで次巻へと続く。


さて、新キャラ盛りだくさんの第3巻。
某国民的アニメのヒロイン母娘から、この記事では紹介しなかったツマヌダ格闘街の治安部隊の面々まで。
まぁ、今回の注目キャラは御名本母娘な訳ですが。
怪しい感じの魅力で迫ってくる裕子さんと、年齢の割には礼儀作法のシッカリしたロリっ娘の柚香。
まぁ、柚香はさすがに時折年齢相応な態度を見せますけれどもね。
サインをねだったシーンなんかね、サイコーですよ?
素直に「サイン下さい」じゃないからね。
アレは良かった…


そしてついにプロリーグ昇格を果たしたミツルとジロー。
再戦も近いの…、かな?
相手のレベルも上がるだろうし…
とりあえず楽しみですね。


そして今回注目すべきは、ドラエさんの過去話でしょうか。
この記事では紹介していないんですけれどもね。
少しですが、ドラエさんの過去が語られたりするんですね。
そこでは10歳の頃のドラエさんが拝めちゃったりして。
ロリスキーな方、コレは必見!ですよ?


そして今回のドラエさんの簡単武術コーナーでは、帯に書いてあるとおり肩凝りの解消法も解説されていたりして、お得感満載!ですよ?


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”でびるなえびる”1巻 2/9放送の”エンタの神様”つれづれ雑記
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。