い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2006/01 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2006/02
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/02/15(金) 23:52 コミックレビュー
バレンタインデーにコンビニでマンガを買ったらオマケでチョコを貰いました。
まぁ、それ自体は別にどうでもいいのですが、チョコを渡してくれたのが店員のオッサンというのがどーにもね…
別にどーでもいいんだケド。
せめてお姉さんにしてくれない?
まぁ、どーでもいいんだケド。


さて本日紹介するのはこのマンガ。
CHIMES ~チャイムズ~
講談社刊/渡辺静氏


[作品概要]
雨宮一太郎に届いた1通のメール。
ソレは、オンラインゲーム「CHIMES」への招待状だった。
ゲームをスタートしてみると、舞台は自分が通っている高校にそっくりな建物。
操作キャラも自分にそっくり。
他にプレイしているプレイヤーも憧れの立花さんをはじめ、学校の生徒たちだった。
ゲームの内容は不定期に行われる「エクストラ イベント」に参加して出される課題をクリアするというもの。
しかし、このゲームには恐るべきヒミツがあって―――


[参考記事]
1巻紹介
2巻紹介


[内容補足と感想とか]
表紙が立花さんがヤンキー黒魔術師(ブラックマジシャン)に泣かされているみたいだ…
初見の人が、女の子をイジメて楽しむマンガだと思ったりはしないのだろうか…?
いや、あながち間違いではないか(違

さて前巻でのエキストラ イベントはキリコとナユタ、2人のボス敵を倒すイベントで、雨宮がキリコとタイマン状態で隔離されピンチ!
っていう辺りでしたっけね。
という訳で3巻の内容。


そんな訳で雨宮がキリコと戦っている時、それ以外のメンバーはナユタと戦っていました。
ナユタの特殊能力は左手で触れているキャラクターの能力を自分のモノにする能力。
そしてナユタに捕まってしまったのが立花さん。
立花さんは白魔術師で、そのスキルの中に「結界(バリア)」というのがあるのですが、このスキルは攻撃を完全に遮断する技なんですね。

DSC04599.jpg
攻撃が当たらない

相手はナイフ使いで、ナイフをトバして攻撃してくる。
こちらの攻撃は結界に防がれて当たらない。
唯一の救いは左手で触れられているキャラ(この場合は立花さん)はマヒ状態で動けなくなるので、ナユタもその場から動けなくなるコトくらい。
もはや打つ手なし!?


さて一方の雨宮も苦戦を強いられていました。

DSC04600.jpg
雨宮対キリコ

雨宮には、キリコを倒すためのスキルとして「聖斬(ディバインスラッシュ)」があるのですが、このスキルは発動までに時間がかかる為、素早いキリコの前では使えずにいたんですね。
で、防戦一方。その上キリコの攻撃で毒状態になってしまい、何もしなくてもHPがドンドンと減っていく…
さらに、雨宮にとって、このゲームの中で1人きりになるのは初めてのコト。
劣戦に加えて心細さまで襲ってくる…
この絶望的状況において、雨宮が見出した一筋の活路とは!?


とまぁ、こんな感じでピンチに陥るわけですが、ソコはソレ。
何とかして勝利するんですね。

DSC04601.jpg
負けを認める

何とかしての部分はご自分の目で確かめていただくとして、雨宮達は「人間の敵にはトドメを刺さない」、つまり誰も殺さないで一致していたんですね。
だからこの2人も殺さなかったんですね。
で、この2人は、ゲームマスターが誰か知っているみたいなんですが、ナユタがそのゲームマスターにつながる言動をしてしまうんですね。

DSC04602.jpg
ゲームマスターは身近な人間?

そして、このゲームが作られた目的を口にしようとした瞬間―――


DSC04604.jpg
ナユタ、死亡?

ナユタの腹から腕が生えてきました。正に奥の手。
いや、間違えました。
誰かが後ろからナユタを攻撃したのです。
やったのは

DSC04603.jpg
次の敵、登場

アイエ、次の敵です。
まぁ、要するにゲームマスターのコトを口にしてしまったナユタを始末しにやってきたと。そういうコトですね。
それで、ついでにキリコも始末してしまいました。

DSC04606.jpg
キリコ、死亡?

何というか…
この展開は残念ですねー。
個人的にもナユタとキリコは気に入っていたキャラであるダケに、この展開はなぁ…
キリコも何というのか、お約束ではあるのですが、雨宮に陥落気味で、ツンデレ的な感じで仲間になってくれるのかと思っていたのに。
いや、仲間にならなかったとしても、立花さんのライバルみたいな感じになってくれると思っていたのに…

DSC04605.jpg
キリコは陥落していた?

ゲームの中とはいえ、キスとかね、うん、セカンドヒロインとしての資質は充分だったのに…
やはり残念。

で、この仕打ちにブチキレた5人。

DSC04607.jpg
打倒を誓う

絶対に許さないと決意を込めました。


さて、ナユタは死ぬ前にゲームマスター(GM)は全員知っていると言っていました。
そして、ゲームの舞台や、内容を考えると、学園の関係者でほぼ間違いないと思われます。

DSC04608.jpg
ゲームの謎を探る

こうしてGMの正体を突き止めるコトになりました。
全員が共通して知っている生徒や教師をピックアップした結果、16人の候補が浮上。
そして1番怪しいと思われる人物にカマをかけてみるコトになりました。

DSC04609.jpg
GMを呼び出す?

関係のない人間が読んでも意味が解らず、本物だったら解る様な内容。
そして、ついにGMの正体が明らかになる―――!?


DSC04610.jpg
GM登場?

この人物がGMなのか?
その目的は?
っていうか、正体が解ってしまったらこのマンガは終わってしまうのか?
オチはご自分の目でお確かめください。


ってかまぁ、登場したのはGMではなかったんですけれどもね。
という訳で、GM探しはまだまだ始まったばかり。
まだまだこのマンガも、ゲームも続きます。ご安心?ください。


さて、雨宮はメンバーの中では追加補充されたプレイヤーです。
雨宮が来る前には、別のプレイヤーがいました。
ゲームオーバー=死、というのを身をもって知らせた人間です。
今回、そのプレーヤーのコトが、立花さんの口から語られます。

DSC04612.jpg
雨宮が聞き出す

さて雨宮が参加する前にいた、もう1人のプレイヤー。
ゲーム内で死亡し、現実でも死んでしまった人。

DSC04613.jpg
かぐやま・めい

香久山芽衣さんです。
性格的には雨宮を女の子にしたらこうなるんじゃないかという感じです。
選んだジョブも「騎士(ナイト)」で、雨宮と同じです。
ちなみに選んだ理由は、強くなりたいからだそうで、この辺りも雨宮と同じ様な理由です。

こうして5人のメンバーがそろい、ゲームが始まりました。
そして、ゲームに慣れてきた頃、その事件が起こったのです。
その日のイベントはボスモンスターを倒すという、特に変わったモノではなかった。
内容自体は変わっていないのですが、このモンスターが特殊すぎた。
内容は詳しくは書きませんが、ボスモンスターの特殊攻撃によって

「全員死ぬ か 1人が犠牲となって残りを助けるか」

という選択を迫られてしまうんですね。
そこで、香久山さんが自ら犠牲となってほかのメンバーを助けたんですね。

DSC04614.jpg
香久山さんの最期

この時、助かったメンバーは「ゲームオーバー=アカウント抹消」くらいの軽い気持ちだったのですが、現実はもっと残酷だった。
突然に突きつけられた香久山さんの死。
ゲームオーバーは即ち実際の死を意味するという事実。
自分の隣に確かな死があるという恐怖。
しかし、このゲームをやめられないという現実。

そして―――


DSC04615.jpg
立花さんの決意

香久山さんを殺した犯人を見つけるという、強い意志!
友人の死で、立花さんは覚悟を決めたのだ。このゲームに、そしてGMに立ち向かうのだと。
そして、香久山さんの死後、新たに加わった雨宮。

DSC04616.jpg
陥落フラグですかね?

雨宮も一緒に戦うと誓って…

次巻へと続く!


はい、という訳で、密度が濃すぎる3巻です。
キリコ&ナユタのボス戦に始まり、新たな敵・アイエの登場。しかも因縁つきで盛り上りは必至。
そしてGMの正体に迫る展開。正体はいったい誰なのか?最有力候補は違っていたようだが…
そして最初の犠牲者・香久山さんの物語り。
いや、うん、熱いねー。熱いです。
少年マンガはこうでなくっちゃね。


個人的にはGMはあの人物だと思っていたのですが、違ったみたい。
しかし、この話がメンバーや読者に対するミスリードである可能性も捨てきれないしなぁ。
もしくは候補の中にいないとか…
まぁ、考えていたらキリがないんですけれどもね…


そしてこの巻最大のオイロケ?シーン。
何と立花さん、貞操の危機!?

DSC04611.jpg
コレじゃぁ、性職者ですよ…

まぁ…
実際の話、こんなイロケもフンダクレもないシーンなんかよりも、カバーをはずした下に描かれているイラストの方がよっぽどイケるんですけれどもね…
ま、そのイラストは各自でご確認くださいませ。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
2/16放送の”エンタの神様”つれづれ記 ”美少女いんぱら!”第39話
コメント一覧
ブンビー2世
>チョコを渡してくれたのが店員のオッサンというのがどーにもね…

笑ってしまいました。切ない経験でしたね。

秋元こまち解放区 http://komachi5.blog102.fc2.com/
URL 【 2008/02/16 22:31 】 編集
名無しG
>ブンビー2世さんコメント有難うございます
友達申請も有難うございます
今後もヨロシクお願いします

まぁオマケなんだから別に構わないんですけれどもね
気分的にはね…
そこでオッサンはないだろうと
URL 【 2008/02/17 04:34 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。