い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/02/28(木) 04:09 コミックレビュー
”ざんねんなこ、のんちゃん。”7話の話。
私はタピオカというモノを食べたコトがないので、どういったモノなのかは解らないのですが、コレはもう、のんちゃんの食べ方が悪い気がするなぁ。
しかし、タピオカを食べる人は、大半がこのように食べているのかもしれないし…
まぁ、今回の場合、関連付けの問題というか、想像力が豊かすぎるのが問題だなぁ。
最後の描写は生理的に嫌悪感を抱く方も多そうですね。私は平気ですが。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
イケてる2人
少年画報社刊/佐野タカシ氏


[作品概要]
クールな美少女・小泉明と、小泉明命!の佐次京介。
そんな2人を中心に繰り広げられる青春白書。
ちょっとエッチなラブコメディー。
そんなマンガです。


[当ブログの過去記事]
23巻の記事
24巻の記事
25巻の記事
26巻の記事


[内容補足と感想とか]
さて、前巻のおさらいですが、小泉の実父の権藤の家の騒動の為に、身を隠していた小泉。
そんな小泉を迎えにいった佐次。
小泉の学園復帰はなるのか―――?

って辺りまででしたっけね。
そんな訳で、その続きから。



はい、という訳で、佐次の説得の内容は、ご自分で確認していただくとして、とりあえず結果をいってしまうと。

DSC04689.jpg
説得成功

説得は成功し、小泉は学園に戻ってきました。
そして、今回の騒動で、小泉は自分にとっていかに佐次が大きな存在だったかを確認するんですね。

DSC04690.jpg
デレ期突入

そんな訳で、小泉は完全にデレ状態になってしまい、佐次が何をしようが、ケリがとんでこなくなってしまうんですね。
まぁ、ソレはソレで喜ばしいコトなのですが、佐次はそんな小泉の態度にどこか寂しさを感じていたみたい。
まぁ、でも、こうして2人は少しずつ距離を縮めていくんだなぁ、という話。


さて、このマンガで夏のお約束といったら、水着です。
今夏もやってまいりました。今は冬ですが、雑誌掲載時には夏だった、というコトですが。
今回は、小泉を権藤家から遠ざける目的もあり、いつもの面々は山中のキャンプへと繰り出します。
え?山では水着にはならない?
ふっ、あまいな。
海はなくとも湖がある!
キレイな湖ならば泳ぐコトも可能。泳ぐといったら当然水着。
という訳で、恒例の、女性陣の水着見開きです。


DSC04691.jpg
1人男がいますが、気にしない様に

こうして遊んでいた面々ですが、ソコはソレ。
毎回の恒例行事となっているトラブル。
今回のトラブルは、モンスターの出現です。

DSC04692.jpg
巨大な影が…

キャンプ場の管理人によると、この湖には主と呼ばれる巨大魚が棲んでおり、しかもその巨大魚はめっぽうスケベで、女の子を襲っているのだとか。
そんな湖でふざけあっていた佐次と小泉だったが、巨大魚の存在を知らなかった為に2人で奥までいってしまって、襲われてしまうんですね。
途中で小泉が、主によって触手プレイを受けるというエロハプニングに見舞われつつ、何とか逃げ延びるも、たどり着いた先はキャンプ場とは反対側の岸。
しかもこの湖は周囲が未開の密林&深い渓谷で囲まれているという、本当に日本ですか?状態の秘境地帯。迂回して対岸にたどり着くのはほぼ不可能。
帰る為には湖を横切らなければならないのだった。
すでに日が沈みかかっている為、戻るのは翌日にして、佐次と小泉、2人っきりで1晩を明かす事となってしまいました。

DSC04694.jpg
火をおこす佐次

互いに好意を寄せ合う男女が2人っきりで夜を明かす。
何もない方が不自然ではないか?
しかも不安と恐怖で彩られた野外での出来事だ。
その夜、小泉の口から、初めて、佐次への想いが告げられる。
連載開始から10年以上、巻数にして27巻目でようやく、ようやく小泉が、佐次への想いを口にするときがやってきたのです!


DSC04695.jpg
完全デレ状態

ソレは、小泉が初めて本心を打ち明けた瞬間。
今まで何度も肌を重ねてはきた2人だが、小泉は佐次への想いを口にするコトはなかった。
そして、真の意味で恋人同士になった2人は、初めて本当の意味で1つになった…


さて、夜が明けて。
佐次と小泉は湖横断作戦を開始。
小泉の本心を聞いた佐次は、もはや怖いモノなし。小泉も佐次がいるので安心しています。

DSC04696.jpg
想いが通じ合う2人

はたしてうまくいくのか?
主の正体とはいったい?
結末はご自分の目でお確かめください。
私からはただ1言。女性陣のエロスが見るコトが出来たので、満足眼福です。


さて、キャンプ事件によって、ようやく正式な恋人同士になった2人。
そのコトが学園の皆に知れ渡ってしまいますが、周りは2人のコトを祝福してくれました。

DSC04697.jpg
「世界の中心でアイを叫んだケモノ」って感じ?

幸せな時間をすごす2人。
しかし、その幸せはつかの間のモノでしかない?
まぁ、権藤家問題が根本的に解決していない状態なので、仕方ないといえば仕方ないのですが、そんな中であの逢魔時子先輩が不吉な予言を…

DSC04698.jpg
時子先輩

2人に与えられた時間は少ない。
佐次には意味が解らないコトだったのだが、その言葉が気になって仕方ない佐次は、とある行動に。
まぁ、その行動がキッカケで小泉との仲が気まずくなってしまうのですが、まぁ、その辺りはご自分で確認していただくとして。

そんな騒動の中で小泉が知った、未来の予言。
その驚愕の内容というのが、

DSC04699.jpg
未来の暗示?

佐次は小泉を守るが、佐次自身を守れない。
逆に小泉が佐次を守ると、永遠の別れとなる…!
コレはもう、究極の2択ですよ?
ドチラにしても幸せな未来はやってこない?
それでも、佐次の行動なんか決まっているんですよ。

DSC04700.jpg
佐次の決意

どんなコトがあっても小泉を守る。
ソレが佐次の行動原理だから。
何がっても小泉第1だから。
たぶん、佐次は、自分に何があっても、小泉を守るのだと…、思う。
ソレを知っている小泉の選択は?
2人の未来は?

そんな辺りで次巻へと続く。


小泉、遂に想いを告白。
いや、素晴らしいですね。うん、素晴らしい…



…って、長すぎなんだよ!何年待たせるんだよ!今更かよ!!
いや~、もうね、連載開始から10年以上経ってますよ?
巻数にして27ですよ?
いや、作中時間としては1年経っていないのかもしれないけれどもさぁ。
いや、何度もバレンタインやらクリスマスやらテストやら何やらをやっていたけれども。
そんなのはループマンガの宿命だから仕方のないコトなんだけれども。
私がこのマンガを読み始めてから8年くらいが経ちますけれどもね。ようやくですよ。
ようやく恋人同士って…
どんなラブコメなんだよ、コレ…
いや、今までこんな状態でここまで連載を続けてきたコトを驚いていますよ…
しかし…
デレ期に突入した小泉は、ソレはソレでカワイイなぁ。
何かこう、反応が新鮮すぎる…!
「だって好きなんだ…、もん」…って!

でもなぁ、反応が多少変わったくらいで、やっているコトはあまり変わっていないかも。
まぁ、権藤家騒動が勃発して、逢魔先輩の不吉めいた予言が出てきて、確実にこの物語は終焉に向かっている訳だし、ここらで2人の絆を強めるという意味では良かったのかな、と。


さて、物語はどうみても佳境。
この物語の行く末は本当に楽しみです。
逢魔先輩の予言もあるし、巨大な力の前には佐次では力不足だろうし、どうやって決着をつけるのかが楽しみですね。
基本的にハッピーエンドだとは思いますが…
あ、それから恋人になった夜に、小泉妊娠フラグが立ったと思うのですが、どうだろう?
ひょっとしたら、ソレが予言を覆す手段になるのかも、しれませんね。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:10   トラックバック:0
嬉しい出来事Part.7 ”美少女いんぱら!”第40話
コメント一覧
初めまして。
以前このサイトで紹介された
"スカートの中(股間?)から銃器を取り出す女の子"
が出てくる漫画のタイトルは何でしたっけ?
URL 【 2008/02/28 16:23 】 編集
名無しG
>剛さんコメント有難うございます
その作品は”はんな of the Z”だと思います
http://nanasidame.blog47.fc2.com/blog-entry-422.html
残念ながら既に連載が終わってしまい
コミックは全2巻です
URL 【 2008/02/28 23:59 】 編集
ご返事ありがとうございます、記事遡っても見つからなかったもので……見逃していたみたいです。

本当にありがとうございました
URL 【 2008/02/29 00:45 】 編集
名無しG
>剛さんコメント有難うございます
私の記事を読んで作品に興味を持っていただけた様で
嬉しい限りです
これからもヨロシクお願いします
URL 【 2008/02/29 07:08 】 編集
cornsoup
はじめまして。
なかなか面白そうな本ですね。発刊数が多いのでちょっと手が出しずらそうですが…。(笑)今度探してみたいと思います。
URL 【 2008/03/03 12:27 】 編集
名無しG
>cornsoupさんコメント有難うございます
この作品はそろそろ終わりそうな雰囲気なのですが
確かに既刊数が多いですよね

私も10冊越えている作品は
新しく購入するのを躊躇います

ドタバタ系ラブコメが好きで
えっちシーンに拒絶感を抱かなければ
楽しめる作品だと思いますよ
URL 【 2008/03/04 21:57 】 編集
cornsoup
コメントありがとうございます。

>>ドタバタ系ラブコメが好きで
>>えっちシーンに拒絶感を抱かなければ
>>楽しめる作品だと思いますよ
はい、すごく好きです。(笑)今度書店で探してみます。
URL 【 2008/03/04 22:26 】 編集
名無しG
>cornsoupさんコメント有難うございます
私の紹介で興味を持っていただいた様で嬉しい限りです

あとリンク有難うございます
URL 【 2008/03/06 05:16 】 編集
cornsoup
>>あとリンク有難うございます
こちらこそよろしくお願いいたします。
URL 【 2008/03/06 19:49 】 編集
名無しG
>cornsoupさんコメント有難うございます
こちらもリンク追加しておきました
ヨロシクお願いします
URL 【 2008/03/07 06:09 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。