い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2006/01 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2006/02
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/03/07(金) 06:07 ゲーム全般
いや~、半年振りの新ゲームプレイですよ。
最近、ツミゲー数が300近くだと判明したのに、新しくゲームを始めなかったのですが、このゲームはプレイしなければならないだろう、と。
そんな訳で購入後、即プレイ開始した訳であります。

という訳で、本日はこのゲームを少しプレイしてみての感触なんかを。


[前作”雨格子の館”のプレイ日記]
Part.1
Part.2
Part.3


[参考リンク]
公式サイト


まぁ、とりあえず、ファーストプレイは城に入る前にゲームオーバーになりましたね。
いや~、アレは8割くらいの人がとりあえずで選ぶ選択肢でしょう。

というギャグ展開はさておいて。
いや、雰囲気がサイコー。
おどろおどろしい感じに、魅力的なキャラクター達。まぁ、女性率の低さは相変わらずですが…
始めの人物紹介的な初日において、誰かが犯人で、誰かが殺されるというのが信じられないというか、誰も犯人であって欲しくなくなってしまいましたよ。
今のトコロ、特に気に入ったキャラは三笠と千絵子。


しっかし、面白い舞台を考えるなぁ。
地面に埋まった城というのが…、ね。
そして古城について回る伝説、ホラー要素、そして謎めいた事件…
推理モノ好きとしては心躍る単語がズラリ!

現在は始めの事件?が起こった辺りまでススめましたが、続きがとっても気になる感じ♪
とりあえずはゆっくりじっくりススめる予定です。
今回はマルチシナリオ&マルチエンドみたいなので、何度も楽しめそうな予感♪
そして、このブログの記事は手抜きになる予定です。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「ヤングアニマル嵐」No.4感想 ”ビーチスターズ”4巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。