い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/08
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/03/22(土) 23:18 コミックレビュー
ユニクロにいって「週刊少年サンデー」と「週刊少年マガジン」が企画しているマンガのTシャツを4枚ほど購入してきた。
まぁ、たまにはこういうモノを買うのもいいかな、と思って。
でもまぁ、着るコトはないと思いますが…、ね。


さて本日紹介するマンガはコチラ。
ちぇんじ123
秋田書店刊/原作:坂口いく氏/画:岩澤紫麗氏


[作品概要]
特撮ヲタ少年・小介川が恋をした女の子・月斗素子。しかし素子は多重人格者だった。
ひびき・ふじこ・みきりの3人で通称ひふみ。素子がピンチになると現れて大暴れ。
平穏な生活を望む素子と、素子に恋する小介川の物語。そんなマンガ。


[過去記事]
3巻紹介
4巻紹介
5巻紹介
6巻紹介


[内容補足と感想とか]
さて前巻から修学旅行で沖縄に来ている面々。
前回までは無人島でトラブルに巻き込まれていましたが、今回は別のトラブルが発生します。
買い物に繰り出した小介川達のグループ。
そこでグループの1人で柔道部の尾津馬(おづま)が、米軍の関係者とモメ事を起こしてしまいます。

DSC04809.jpg
相手は米軍の関係者

でまぁ、尾津馬がやられてしまいました。
相手は米軍の極秘作戦の為に集められたメンバーらしく、米軍側は犯人を匿ってしまいます。
その態度に怒ったひびきは米軍基地に殴り込みをかけようとします。
小介川は、相手をやっつけるのではなく、相手を探し出して謝らせるコトが目的ならば協力すると言い、目的は相手の謝罪となりました。

DSC04810.jpg
目的

相手が基地の中にいるのだから、基地から引っ張り出してきて警察に突き出す。
その為に基地のセキュリティーの無効化が必要なのですが、それは神無弥(かんなみ)がやるコトになりました。
ちなみに神無弥というのは、小介川のクラスメートで素子の多重人格を治す為に協力している主治医でもあります。
要するに頭の出来が違う人ですね。

そして、潜入メンバーが決まりました。
ひびき(達)、いずる、筋肉月島の3人です。

DSC04812.jpg
突入開始

さて相手は4人ですが、捕まえるのは首謀格の1人のみです。
相手を捕まえるトコロまではうまくコトが運びました。

DSC04813.jpg
相手を捕らえる

という訳で、後は脱出するのみ。
ココまでくれば後は簡単―――

と思うのは早計。
というか、家に帰るまで兵士の拉致です!
という訳で脱出時も気は抜けません。
しかし、ココで簡単に抜け出してしまっては話としては面白くない、と言わんばかりにアッサリと残りの3人に見つかってしまいます。

DSC04814.jpg
見つかった!

そんな感じで追う側と追われる側とで戦闘開始。
相手は軍人なので、何だかんだ言いつつ結構強かったりするんですね。
その上、銃やら暗視ゴーグルやらで武装をしている訳だからひびき達は不利な訳です。
そして次々に倒れる仲間たちと、そして敵側。

DSC04815.jpg
ひびきが負ける?



DSC04816.jpg
月島が足を撃たれる



DSC04817.jpg
いずるはトゲトゲエロス



DSC04818.jpg
敵をやっつける



そして残ったのは相手の中で1番の実力者と思われるキイと呼ばれている人物。
こちら側で残ったのはいずるとふじこ。
しかし、トラップにかかってしまったいずるが、狙撃されてしまいます。

DSC04819.jpg
いずる、離脱

どうやら相手は作戦に人生がかかっていたらしく、今回の騒動で中止の可能性が高まってしまい、ホンキで怒り狂っています。
そんな状態の相手に、残ったふじこが立ち向かう―――!!

DSC04820.jpg
ホンキモード

といった辺りで次巻へと続く。


さて今度の相手は米軍関係者ですか。
まぁ、相手がアレな方々だったので、米軍全体が相手になるという訳ではないのですが、基地に乗り込んで大暴れとか…
1歩間違えれば国際問題になりかねないな。
しかしまぁ、現実でも米軍は問題起こしまくった挙句に犯罪者を隠匿するから、創作の中ダケでもこういうコトはあってもいいか。


今回の最後でいずるは撃たれてしまった訳ですが、大丈夫なのだろうか。
背中の、しかも何かヤバそうな箇所を撃たれているしなぁ。
防弾仕様になんかなっていないし、ちょっとマズい気がするんですよね。
コレでは助かったとしても後遺症が残りそうな感じですよ。
本当に大丈夫なのだろうか…


[オマケに関して]
さて今回のオマケは、毎巻恒例のミニポスターくらいで、巻末のオマケマンガがありませんでした。
ポスターの絵柄は素子、ひびき、ふじこ、みきりが夕暮れのビーチでたそがれている感じの絵と、みきりといずるのユリっぽい感じの絵です。
前者は全員水着+上着、後者はヘソチラ&パンティラインギリギリスカートというエロスを実現。
特に後者はみきりが穿いていない様にも見える…


表紙絵は見てのとおり、ふじこのライダースーツ?エロスです。
コチラはもう、完全にノーブラノーパンな感じで、表紙のみで判断するとエロマンガ仕様という相変わらずのエロスモード全開で大満足。


さらにカラー目次イラストと初めの話の扉ページでは下乳を連発してくれるという、下乳好きにとってはたまらない仕様で、大満足!
特にカラーイラストの方は、いずるの服の破け方がまたね。よく解っているというか。
こう、たまらんモノがある訳ですよ。
まぁ、気になる方はご自分の目でお確かめくださいよ、と。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
プロ野球、2008年順位予想 ”それでも町は廻っている”4巻
コメント一覧
Hiyuki
Amazon様から配達されるのを待っています。
修学旅行編はもっとあっさり終わるかと思いましたが
思わぬ方向に向かってますね。

相変わらず画も綺麗で見るのが楽しみです。
URL 【 2008/04/04 20:30 】 編集
名無しG
>Hiyukiさんコメント有難うございます
このマンガにおいてコメディ編は
短編でしかないってコトなんでしょうね
基本的に格闘マンガな訳ですから…

今回のテーマは
「銃を持った相手に対する戦闘」
なのではないかと思います
そういう相手を作るのに
米軍基地の関係者がうってつけだったのでしょう
URL 【 2008/04/05 04:34 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。