い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2021/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2021/12
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2008/04/05(土) 04:04 ヤンアニ嵐
あえて何のマンガかはいわないが、某マンガの3巻の通常版はいつ発売するのだろうか。
特装版を先行発売させるというのは、1種の抱合せ販売ではないのだろうか?
そもそも本当に通常版が発売するのかも疑問になってきた…
頼みますよ?メ○ィアワ○クスさんよぉ…


さて本日は「ヤングアニマル嵐」No.5の感想を。


[オレたま ~オレが地球を救うって!?~]
7/21はオ○ニー(0721だから)の日!
いや、まぁ、そんなバカ設定はどうでもいいとして、相互鑑賞オ○ニープレイですか…
マニアックすぎるだろ…

エリスはヤキモチパワーで、一瞬とはいえ魔力が上がったみたいにも見えたが、コレはエリスパワーアップの伏線だったりするのだろうか?
最後にはパワーアップのスイッチになりそうな火種も残ったままだしねぇ。


[ふたりエッチ]
えっちを期待しまくる優良さんは良いのですが、このマンガにおいては今更って感じじゃない?
まぁ、そういうマンガなんだからいいんだケドさ。

後、個人的には騎○位は上半身の着衣は無しがいいかな。
アレは揺れるのを見るのが楽しみなので…


[後藤羽矢子の裁判びゅー日記]
なにやら2本立て。
1本目は痴漢裁判のレビュー。
正直な話、痴漢裁判の検事が女性で、しかも状況の詳細の読みあげをテレながらやっているシチュを妄想するダケでご飯3杯はカルい。
まぁ、実際は何の感情もなく、淡々と読み上げるのかもしれないが…
後藤氏も脳内エロスは自由だと仰っているので、問題はないハズ…。ですよ、ね?

2本目は、ついに始まったよ…
完全内輪ネタが…
またしても後藤氏のプライベートを引っ掻き回すというかネタにする企画ですな…
正直、もうこのパターンはいらない。
いらないっていうか、やめて欲しい。そんなに面白くないので。
この連載においては、きちんと裁判レポをやって欲しい。


[えっちの神様!]
いくら夢の中とはいえ、馬の上っていうのはムリがありすぎじゃないのか?
せめて馬車の中だろう…

金精が生えた清香に女の子達が群がるシーンは、倒錯エロスっぽくてイイ感じ♪だ。
そして次回へのヒキが巧いなぁ。
このヒキでは、次回、レズプレイが行われるのではないかと期待してしまうよ。


[Gがセ界を統べるまで]
開幕5連敗、ザマぁ。
まぁ、我がヒイキ球団・横浜も人のコトは言えないが。
しかし、予想できた球団と、予想外の出来事である球団とではダメージの差が違う。


私的な今年のセ・リーグのミドコロは、ヤクルトです。
開幕カードがどうだったかは置いておき、今年も中日と巨人の2強は揺ぎ無いと思うんですね。
その中で、割って入れるとしたら、セ・リーグをかき回す球団があるとしたら、ヤクルトではないかと思うのです。
先発は3本柱に逃げられましたが、先発候補の若い世代に活きの良いのが多く、使わざるを得ないという理由だったとしても、ローテで使っていれば、1~2人は使えるようになるのでは?と思いますので…


[クラック・ハウンド]
克美の能力は、4次元ポケットだった!
しかし、取り出し口はポケットでなければならないのだろうか。どうでもいいが。
最後にはガトリングガンまで取り出しているのに、その前の1番敵が多い時にはチェーンソー。
何かが違う気がしないでもないが、チェーンソーは神すらをも1撃で倒せる兵器だからね(違


[ナナとカオル]
前々回、前回とエロス度マックス状態だったので、今回は小休止か?
だがしかし、ある意味ではとても重要な回となっております。

ナナがカオルにドキドキ体験をさせて欲しいと告白するシーンは、エロスとはまた違った意味でのドキドキに溢れている!
そしてカオルがイキオイで断ってしまった後、部屋で悶々とするナナと、自己嫌悪に陥るカオル。
この辺りの描写は非常に巧いなぁ。
2人とも素直になりきれないというのを眺めている、このもどかしさ。
官能エロス作品でありながら、ラブコメ的な要素も取り入れているのがまた巧い!

そして次回はまさかの散歩プレイか!?
この場合も、初めは首輪を付けるダケくらいなのが、エスカレートして四つんばいになったりだとか、全裸になったりだとか、あまつさえ犬ションプレイだとかに移行するエロスが期待できるっていうコトですよね?
まぁ、初めはそこまでいかなくってもさ。とにかく期待は高まる一方ですよ…

しかしカオルは何だかんだで学校に首輪を持ってきているのか…
アホか?


[ラブホいこうよ]
正直な話、2つともオチがヨメた。
メガネ男がお見合いの相手だというのも、有紀が男だというのも…

しかしこの場は解決したとはいえ、根本的な解決にはなっていない気が…
だって有紀に嫌われていると思っていたのが、実はそうじゃなかったというのが斉木に伝わったダケで、有紀の想いがなくなった訳ではないのだし。
いつか本当に間違いを犯してしまうのではなかろうか。
どうでもいい話かもしれないが。


[恋花温泉]
瑠梨香が手○キを…
初登場時からすると、随分と性長したなぁ。
やはり、この辺り、柊平が1日、女の子達に囲まれてチヤホヤされていたコトへの鬱憤なのだろう。
傍から見ていると完全に陥落している訳なので、もうそろそろ焦らすのも勘弁願いたい。
まぁ、今シリーズで2人が正式にくっつくのは間違いなさそうなので、ソレもそろそろ終わりなのか。

楓花はこうなるコトを見越しての企画だったのだろうか?
まぁ、本心はお金の方にこそありそうではあるのだが。比率としては9:1くらいか?


[碧いの誘惑]
前回で一応区切りが付き、今回から新しい章に突入したとはいえ、あまりに唐突すぎる展開!
まぁ、こういう展開はキライではないのでどうなるのかが楽しみ。
真一がどういう結論を出すのかは注目です。


[アシスタント伝奇 ケイカ]
ケイカのお兄さんの話が少しダケ出てきたね。

そんな重要そうな話の傍らで、我関せずとばかりに無関心にお酒を飲んでいる描写しかないたまえが素敵すぎる…
そしてやはり突入するレズシーンが、これまた素晴らしい。
特にケイカの指フ○ラシーンは、とってもエロスで良かった。
やはりこのマンガはレズ&変態の2本柱で突きススんで欲しい。


[次回予告]
”カナ式!ラジオスター”が久々登場予定も、最終回だという。
まぁ、コレでコミック分が溜まったってコトですかね。
どんな最後になるのか楽しみですね。


そしてまたしても”ふたりエッチ”の別冊付録が付くという。
傑作選というコトは描きおろしではなく使いまわし。
正直、そんなモンが付くコトによって値段が上がっているのは納得がいかない。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”警視庁美人局”2巻 ”奈落の城 一柳和、2度目の受難”感想
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する