い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2020/02 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/04
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
2008/04/14(月) 23:49 コミックレビュー
マウスが壊れたので新調したのだが、手に馴染まないのか使い勝手が悪い…
同じ型のを購入すれば良かったのだが、以前買った店に売っていなかったので、1番安いのを購入したのだが、大誤算だった…
まぁ、慣れるまで少し時間がかかるな、コレは。


さて本日紹介するのはこのマンガ。
正義研究会セレナード
キルタイムコミュニケーション刊/よこやまなおき氏


[作品概要]
地球が宇宙からの侵略者に狙われている!
そう警告された人類は、その対策として5人の少年少女に、地球を守るヒーローとして改造手術を施した。

そして、その日から10年。
しかし、敵の影は未だに見えなかった。
改造手術を施された内の1人、赤瀬玲奈は高校生になり、そこで「正義研究会」を作り、日夜悪と戦っていた!?


[参考記事]
1巻紹介


[内容補足と感想とか]
さてこの巻から新展開に突入します。
新展開というコトで、新キャラが登場。

DSC04968.jpg
新キャラ

新たな戦士、桜乃宮白(さくらのみや・パイ)です。
で、このマンガは戦隊モノなのですが、何故か突然に魔法少女が乱入します。

DSC04969a.jpg
魔法界がピンチらしい

何でも、魔法界で大事件が起こり、ソレを解決する為に、白の力が必要とのコトらしいのです。

…って、イキナリ魔法少女ですか。
本来の戦隊モノの敵が未登場なのに、魔法少女モノまで登場ですよ。
で、魔法界の事件を解決するというコトになったのですが、事件解決の手助けとして、使い魔がやってきました。

DSC04970.jpg
使い魔

まぁ、魔法少女モノではお約束のマスコット的存在です。
名前はうまーぼ。
馬のぬいぐるみに見えますが、龍族らしいです。語尾に「ウマ」と言う龍族。メタボ体型な龍族。
うん、どう見ても馬ですね。

さて、魔法界で起こった事件というのは、強大な力を持つ闇の女王であるスカル。
そのスカルが、本来は来てはならない人間界に来てしまったらしい。
そこで、スカルを捕まえて魔法界に強制送還っていうのが白の役目だと。

スカルは1人できた訳ではなく、たくさんの部下や、自分の娘と一緒に来たらしいんですね。

DSC04971.jpg
スカルの娘・ブラッド

どうもスカルは「光の勇者」なる存在を捜しているらしい。
その勇者っていうのは、17歳前後の人間の女の子で、強い光の力を持っているのだとか。
で、以前に登場したスケベミノタウロスに女子高の情報を聞き、光の力が強そうな女子高に狙いを定めたんですね。
で、その女子高っていうのが…

もうお解かりですね。
コレぞご都合主義のなせる業。
ブラッドが初めに襲った高校こそ、白が通っている女子高だったのです!
という訳で、魔法少女、初めての出番です。
少女・ディスティハートに変身だ!

DSC04972.jpg
変身シーン

魔法少女モノではお約束な、裸でクルクル回りながらの変身です。
白は出るトコロはキッチリと出ているので、良い目の保養です。
こうして魔砲少女・ディスティハートに変身しました。

DSC04973.jpg
変身後の白

ミニスカでパンチラがデフォである辺り、基本を抑えまくりです。
ちなみに魔「法」ではなく魔「砲」であるトコロがポイントみたいです。
つまりはまぁ、魔法の銃(もしくはその類)が武器な訳ですが。

さてこうして変身した白ですが、初戦闘というコトもあり、また初めて変身した影響で魔力を消費しており、魔力の加減が解らず、戦闘の初めこそイケイケムードだったのですが、途中で魔力が切れてしまい、一転してピンチに!

DSC04974.jpg
エロピンチは雑誌のお約束

さて、ここまでは魔砲少女が幅を利かせ、何のマンガなのか解らなくなっていました。
というか、完全に別のマンガになっていました。
しかしこのマンガはまぎれもなく”正義研究会セレナード”なのです。
つまり戦隊モノであり、魔法少女モノではないのです。
つまり魔砲少女のピンチは戦隊が助けるのが鉄則。
という訳で、このピンチに至って、白が吼えます。
「正義の降臨!白の癒撃(ジャスティス・セレス!ホワイト・スタート!!)」と。

DSC04975.jpg
ようやく戦隊モノへ

何と、白は魔法少女であると同時に、ジャスティンジャーのホワイトだったのです。
こうなると魔力がなければ役立たずなディスティハートと違って、パワー満点。
エロピンチを一瞬にして脱出。
スケベミノタウロスは簡単に負けてしまいましたとさ。
しかし、魔法少女と違って、イロケもエロスもないカッコウで残念だな…


ちなみに、この戦いは一部始終がニュースで放送され、白はセレナ達の知るトコロとなりました。

DSC04976.jpg
怒りのセレナ


さてセレナは女の子なのですが、カワイイ女の子に目がないという、ソッチのお方です。
10年ぶりに見つかった新たなジャスティンジャーの仲間がカワイイ女の子とあっては、黙っているハズがありません。
早速、白の元に向かいます。
曰く「レッドがホワイトと良い仲になるのはお約束」だとか。
まぁ、そのとおりなので、ユリ好きな私としても期待が高まります。

そしてその道中、強い光の力を持った女の子を捜しているブラッドに襲撃されます。
セレナはジャスティンジャーのレッドとして、強い力を持っているので、光の勇者ではないかと思われたのです。

DSC04977.jpg
戦闘開始

初めはイケイケでオシオシだったセレナ。
相手がカワイイ女の子とあって、倒すよりもエロエロな攻撃を繰り広げるセレナ。
エロピンチ!なブラッド。
ドッチが悪役だか解りません。
しかし、セレナの執拗なエロ攻撃に、遂に奥の手を出すブラッド。
形勢は完全に逆転し、ピンチに陥るセレナ。
しかし、その状況にあって、セレナは戦いを楽しんでいた。

DSC04978.jpg
楽しんでいる

ジャスティンジャーは圧倒的な力を持っている。
にも拘らず、本来倒すべき敵は未だに姿を現さない。
ソコに現れた、本来の敵ではない、未知なる敵。
しかし、その力は、ジャスティンジャーの力を以ってしても及ばない。
セレナは、初めて全力で戦っていた。ジャスティンジャーの力を手に入れて初めて全力で戦っていたのだ。
押されてはいたが、全力で戦っている喜びで溢れていたのだ。

さて全力の戦いを楽しんではいたが、力の差は歴然。
そろそろ負けが決定的―――

となったトコロに、助太刀が入りました。
セレナをお姉さまといって慕っているかのです。
かのは、セレナがボロボロになっているのを見て激昂。
怒りに任せて繰り出した技が―――


DSC04979.jpg
かのの技

光の剣でした。
すなわち、スカルが捜していた光の勇者というのはかのだったのです。
しかし、光の剣が出たとはいえ、かのはまだ未熟なので、ブラッドには及びません。
それでも戦うコトを選択したかの。
勝負の行方は―――

と思ったら、またしても邪魔者が。
ブラッドを捕まえにきたディスティハートです。
不意打ちをくらったブラッドはディスティハートに捕獲され、セレナは白と出会いました。

DSC04980.jpg
そして出会った2人

さて、こうして出会った2人。
セレナは当然、スカルの捕獲の協力を申し出るのですが、白はその申し出をアッサリと拒否。

DSC04981.jpg
拒否

さて、こうして協力を断られたのですが、納得がいく訳のないセレナ。
雰囲気は悪くなっていき、事態は一触即発。
しかし、その空気をぶち壊して乱入してくる影が…

ディスティハートに捕まった娘を取り返しにきたスカルでした。
そしてスカルは、かのに果たし状をたたきつけてきました。
スカルの目的は、光の剣を持つ勇者との決闘だったのです。


かつて魔法界で光の剣をもつ勇者が闇の魔王を倒した。
その勇者は人間界に移り住み、人間として生涯を終え、その力は子々孫々に受け継がれた。
かのはその末裔だった。
スカルは、その魔王の妻だったのだ。
だが、スカルの目的は復讐ではない。
光の剣との決闘を望んでいるのはスカルではなかった。
魔王が遺した対「光の剣」用の兵器、超魔剣ネイル。
光の剣との決闘を望んでいるのは、ネイルだったのだ。

DSC04982.jpg
魔剣ネイル

スカルは、その手助けをしているにすぎなかったのだ。
果たし状を突きつけ、決闘の場を用意し、そして人質として隊長をさらっていった。

DSC04983.jpg
隊長が人質に

決闘の日まで後3日。
セレナ達はパワーアップの為の修行に入る…

といった辺りで次巻へと続く。


さて、初めからドタバタな感じだったこのマンガですが、今回、何と魔法少女が投下されました。
かてて加えて、光の勇者。
もはや何でもありだな、このマンガ。

新キャラの白は、出るトコ出ている、女の子。
かのを差し置いて表紙も飾ってしまいました。
表紙からして艶っぽくって大満足。
衣装がエロいぜ、ディスティハート!
変身シーンもお約束だぜ、ディスティハート!!
ジャスティンジャー・ホワイトはエロくない、露出がない、カワイくない!!!

という訳で、ディスティハートですが、エロいんですよ、コレが!
当ブログは健全路線を貫いているので、到底紹介できないのが残念でなりませんが、とにかくえっちぃ。
スカルがブラッドを取り戻しに来たシーンなんかね。
エロエロですからね。
何といってもスカルを捜して、ディスティハートの身体中を弄るっていうね。ユリ臭全開でしたからね。
ブラッドはブラッドで、セレナにキスされたり、揉まれたり、押し倒されたりと、コチラもユリ全開で、ユリ好きな私としては大満足な巻でした。
やはり魔法少女モノはエロい!ですな。


さて、前巻の紹介をした際に、蒼也の紹介をしなかったコトに対してツッコミをいただいたのですが、今回も紹介出来ませんでした。
出来ませんでしたっていうか、あえてしなかったというか。
まぁ、蒼也に関しては、しなくても問題ないし。ヤローの紹介なんかしたくないし。
気になる方はご自分でお確かめください。


オマケの巻末マンガは、スカルに手も足も出なかった白が、魔力を上げる為に修行をするシーンを描いたマンガです。
あんな簡単な修行でパワーアップするのか…
しかも、魔砲少女とジャスティンジャーの能力差が…


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
「ヤングチャンピオン烈」Vol.12感想 ”鬼姫”
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する