い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/04/20(日) 07:33 サンデーGX
”スーパーロボット大戦”の新作が発表された。
その名も”スーパーロボット大戦Z”。機種もPS2と、とても楽しみ。
しかし、参戦作品が知らないモノが大半を占める…
いや、新規作品が多いのは嬉しいし、何度も参戦している作品など、とうにイベントをやりつくしてしまい、またか!感が否めなかったのも事実。
しかし、私の買う気をそぐ最大の理由は、前2作が手付かずのままツミゲー化しているコトなのですがね。


さて本日は「サンデーGX」5月号の感想を。


[エンジェル高校]
まずカラーの扉イラスト。
ハルのみスク水というのは、やはりそうじゃないと女の子だと認識されないからか?
いやまぁ、本編でスク水着用している状態なんだケドさ。
まぁ、この状態であっても女装中の変態少年に見えないコトもないが…


過去にも遭難したコトがあるらしい上に、忘れているみたいなルキオ。
おそらくは相当ショックなコトがあったと思われるが、やはりサリが死んだ事件につながっているのだろうと思う。
今回の事件がキッカケとなって思い出すのかも?

ハルがしきりにルキオを痴漢呼ばわりしていたコトや、男を恐れているコト、そして今回のハルのセリフから想像されるハルの過去は、つらいモノだったと思わされる。
しかも倒れてしまい、この状態でルキオに出来るコトなんて人肌で温めるくらいしかないいんじゃないの?ウェッヘッへ。それでもってフラグが…

…と、いつもならエロ感想を書くトコロだが、今回の事態に至ってはそんなコトを書く気にはなれないので、マジメにいって、属性設定が出てきたトコロで、ルキオは火の能力に目覚めるのではなかろうか。


[メルカノ。]
イマドキの女子中学生っていうのは、皆こんなにアレなのか…?
しかしカケル…
妹に(本人に自覚はないが)脅されたとはいえ、何をやっているのか。

遥香は本当にもう吹っ切ってしまったのだろうか?
既に修復不能な状態にまできてしまったのかな?
こういう部分においては遥香の強さを感じるが…

しかし遥香のスーツは似合うなぁ。
高校の制服の時よりもよっぽど輝いて見える。
機転も回るようだし、やはり天職なのか…


[神様ドォルズ]
ネタページは玖吼理の豊かな表情を紹介するという趣旨。
しかも、やまむら氏のカラーイラスト色紙プレゼント付き。
応募は確実なのだが、その前にコミックを発掘するトコロから始めないとなぁ…
何処にしまったか忘れてしまったよ。


過去編2回目。
先生が村で孤立していく過程やら、この村に来る前の話やら、同じ境遇の阿幾と親密になっていく過程やら…
阿幾も犬を育て、先生と交流を持ち、ようやく他人のコトを考えられる様になってきた感じだったのに、アホが余計なコトをするから狂ってしまったんだろうな。
この状態だと、阿幾は篤志を殺してしまう流れにみえるが…

匡平が阿幾に憎しみを抱く理由も気にかかるトコロだ。
半ば誤解のような理由なのか、それともやり場のない怒りの矛先になっているのか、単なる嫉妬心からなのか。
次回が楽しみでならない。


さて[今月の詩緒]のコーナーなのですが、過去編で今回も2コマしか登場しない上に、前回となんら変わりないので、今回はお休みとさせていただきます。


[REC]
今回はQちゃんが主役の話。
あぁ、ちなみにQちゃんっていうのは私がカッテにそう呼んでいるダケなので、正式ではないですよ。

こういう話が出来るというコトは、このマンガはまだまだ安泰なのかと安心してしまう。
まぁ、でも、このマンガももう少し進展した方がいいと思うが。

今回の話で総じて言えるのは、Qちゃんがいかにカワイイかというコトなのだが、カワイイを連呼するとQちゃんが嫌がるので使用は控えよう。
まぁ、嫌がっているのをみるのは、ソレはソレでカワイイが(1回目

Qちゃんは電車通勤。
電車で毎日出会う、名前も知らないちょっと気になるア・イ・ツ!
う~ん、お約束すぎるねぇ。
Qちゃんにもようやく春が…

同じモノを買ってみたり、何を聴いているのかが気になったり、近くにいったダケでドキドキ度MAXになってみたり…
完全に恋する乙女じゃないか。カワイすぎる…(2回目

コレはもう、完全にQちゃんのラブロマンスかと思わせておいて、オチが…
いやまぁ、恋敗れるっていうオチはありがちなので別にいいのですが、彼女さんに放ったあの顔が…

しかし恋する女の子っていうのはカワイイものですなー。(3・回・目!!
ちょっとのコトでドキドキ。
Qちゃんはもう少し自分に自信を持てば何とかなるのになー。
まぁ、ソレが最大に難しいコトだというのは解りきっているのですがね。


[ジェネコミ応援団]
榎本ナリコ氏に、タカハシマコ氏からのメッセージ。
タカハシマコ氏は知りませんでしたねー。
特に読んでみたくなるというコトもなく。

そして私としては今回から読むのをやめるコトにした榎本氏の登場とあって、少し複雑だ…


[コイネコ]
藤枝は良い娘だなー。
良い娘すぎて、本当に良い娘のまま終わってしまう…
ホンの少しでも悪になれないトコロが藤枝の良いトコロであり、同時に欠点でもある…

ハルが何の為に登場したのかが解らなかったのですが、ミイコの話に決着を付けさせる為に登場したのかな?
やはりココはハルの出番でしょうね。
まぁ、コイネコでなくなったのなら、ソレはソレでいい気もしますが…


[スピリチュアルぱらだいす]
オカルト完全否定のSP研、登場。
小野寺氏お得意のめがね様じゃあ、あーりませんか。

横地はどちらかというと氷室側の人間ではないのか?
橘先輩がいなかったらSP研に入っていてもおかしくはないよね…

氷室がオカルトを憎む理由は何なんだろうな。
親か何かがカルト教団に騙されでもしたのだろうか。

霊を信じるのも信じないのも、各人の自由でかまわないと思うのだが、どちらにしてもイキスギは他人に迷惑を与えるのが困りモノ。
美月にしろ氷室にしろ、すでに個人の思想の自由の範疇を超えているので、意見は違えどやっているコトは同じ。
氷室は美月達を見下してバカにしている場合ではないと思うのだが…
人の振り見て我が振り直せ。


[ぐりまる]
名前が力の大小を左右するという設定か…
なるほど、戦いに雪野を巻き込む為の設定ですな。
自称・物の本当の名前を見抜く雪野のネーミングセンスがこんなトコロで役に立つとは…
いや、だが、長ければ良いという可能性も否定は出来ないが。

新たな刺客はSなお姉さまと、合理主義な感じのオッサンか。
リザベルの方には妙なイロケを感じる。


[ガールズザウルスDX]
晶の母が髪に妖怪を飼っていて性格が変わっていたように、晶も髪の毛に何か憑いていたのではないかと思えてくるほどの変わりっぷりだ。

あの状態になった晶の母をツンデレというのか?
ツンデレっていうかモンデレじゃないの?

モンデレ=モンスター→デレ


[ラブべいぶ]
祝!連載決定!!
いや~、待てましたって感じですよ。
このシリーズが遂に連載決定。
毎月読めるなんて、素晴らしいですよ。


このシリーズは、その面白さが最後のオチに集約されていると言っても過言ではないんですよね。
今回は初めて恋愛がうまくいったのかと思わせておいて、あのオチとは…
いやまぁ、うまくいっているとはいっても、あの状態だし、アレがオチでも充分に成り立ちそうではあるのに、そこからさらに落っことすという二段構え。
まぁ、最後ではうまくいきそうなセリフをはいてはいるが、男の方がダメそうなので、やはりダメになるのかもしれない。まぁ、ドッチだとして、どうでもいいのだが。


[CODE-EX]
克紀のピンチに、由真颯爽と登場。
毎回の様に言っているが、完全に立場が逆だ…

とはいえ、由真が来てくれて安心した克紀に、克紀の言葉で笑顔を見せる由真。
人を形成するのは、力ではなく心。
克紀が由真の力を受け入れたから。人とは違う力があっても、それは由真の1部でしかないと認めてくれたから。
だからこそ見せた笑顔。
そしてその笑顔を見て、完全に由真を信頼する克紀。

こういうのって良いですよね。
お互いがお互いを信じきっているっていうか、信頼しあっているっていうか。
しかし由真の笑顔は素晴らしいな。


[新吼えろペン]
雄叫飛の境遇は悲惨なモノとなってしまったが、ネプチューンに利用されなかった点は良かったのではないか。
しかしネプチューンはこのまま暴挙を続けるつもりなのか?
サッサと落ちぶれればいいのに。

この流れだと、ひょっとして
原作:雄叫飛/作画:ぱみぱ
となる感じかな?

ピアスとマルピーはどうなってしまうのか?
そしてこのマンガは終わりが近づいているのか?

とにかく続きが楽しみだなー。


最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:2   トラックバック:0
”明日のよいち!”6巻 ”風見鶏★トライアングル”3巻
コメント一覧
Hiyuki
過去編はあと2話ぐらいで終了という感じでしょうか。
詩緒なしは寂しいです。

>匡平がに憎しみを抱く理由
あら、過去にですか?逆なんですね。てっきり阿幾が匡平を憎んでいるんだと思ってました。
URL 【 2008/04/27 19:38 】 編集
名無しG
>Hiyukiさんコメント有難うございます
過去編は次で終わりそうな感じです
過去編は詩緒は活躍していないので
コーナーはお休みです

お互いに憎んでいる感じかもしれません
普段冷静な匡平が我を忘れて阿幾を殴っていたシーンを見ると
匡平の憎しみも深そうです
URL 【 2008/04/29 05:13 】 編集
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。