い~かげん人間のダメダメだいあり~

マイナーマンガ好きのたわごと。面白いと思ったマンガの紹介&マンガ雑誌の感想がメイン。紹介マンガが(貴方にとって)面白いという保証はしません。あしからず。リンクはフリー&報告不要、トラックバック歓迎、コメントは更新の活力です。

2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09
 

風雨来記公式サイトへ
↑クリックで公式サイトへいけます

祝!”風雨来記”がPS2でリメイクされました!
発売中です。
このゲームをちょっと語ってみました。
――大地に風が吹くように――
――原野に雨が降るように――
――心の景色は常に移りゆく――
――去りゆく今日と――
――巡り来る明日の狭間で――
――探してみたいものがある――
――雨は新緑をより深く塗り替えた――
――期待が予感に変わる手応えを合図に――
――旅がはじまる・・・――


”風雨来記(PS2版)”&”風雨来記2”が廉価版で発売中
この機会にいかがですか?オススメですよ。
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008/05/12(月) 10:33 週間マンガ感想
はい、という訳で、1週間に読んだマンガの感想やら紹介やらを書く記事も2回目です。実質3回目ですが。
今週はゲームをプレイしてしまった影響で、あまりマンガを読めなかったのですが、いくつか紹介します。


ってな感じで、2008年5月第2週の週間マンガ感想です。




まずは、「月刊コミックREX」6月号から。

作者産休の為、2ヶ月ほど休載していた”正しい国家の創り方。”が連載再開されました。
無事、男のお子様が生まれたみたいです。

さて、話の内容はというと。
マンガのマの字も知らないながらにマンガ雑誌の編集部に配属されてしまったゆうき。
マンガの勉強?の為にと、マンガの単行本を購入したゆうき。
マンガ専門店など初めての経験で、あまりの恥ずかしさの為、よく見もしないで勘のみで選んできた結果。

DSC05338.jpg
祝!連載再開

何と、選んだ全てのマンガが18禁。成人指定のアダルトマンガ。
成人マークすらも確認しないで買ったのか、というツッコミはおいておき、まぁ、成人マンガというのはだいたい一箇所にまとまって置いてあるので、そのゾーンに迷い込んで購入すれば、全部が成人マンガでも不思議は無いのかもしれない。

まぁ、とにかく、ゆうきが成人マンガを購入したコトで、話題は成人マンガの話へと。

DSC05339.jpg
チラ見するな!

ゆうきが所属しているのは、少年マンガ雑誌の編集部だ。
その雑誌の連載作家が、同時進行でエロマンガ雑誌に作品を掲載したら、イメージが変わる可能性は高い。
ゆうきの担当の流☆すばるも例外ではない。
まぁ、そういう場合、往々にして別名義が使われたりもするんですけれどもね…
例:河下水希氏=桃栗みかん氏(エロじゃないケド)

はい、もう展開はお解りですね。
そうです。すばるにエロマンガ雑誌の編集者から、仕事の依頼が…
作品のイメージが壊れるかも!?
どうするゆうき…

続く!と。


まぁ、正直、この内容をこの雑誌でやるのか…?っていう感じかなぁ。
この雑誌って、一応少年誌に分類されているケド、連載作家に何人か、エロ経験者(もしくは現役)がいますよね。
誰とは言わないが。
まぁ、好きな少年マンガを描いている作家がエロを描いていたと知ったらショックはある…、かもしれないが、イメージがそんなに変わるとは思えないケドなぁ。

ま、とにかく連載再開が嬉しかったですよっていうコトです。



さてお次は「ヤングアニマル」No.10から。
この雑誌は普段は立ち読みオンリーで、購入はしていないのですが、今回は気になる読みきりが掲載されていたので、思わず買ってしまいました。

DSC05334.jpg
読みきり

”24(ニジューシ)”です。
”14(ジューシー)”というマンガの特別読みきり。
単行本発売記念の特別掲載ですが、2巻が最終巻である為、単行本収録は無いだろうと見込んで購入した次第。

24というコト(要するに年齢)で、今回の主役は、西瓜中学の保健医・神楽あおい。

DSC05335.jpg
えっちぃ保健医

このあおいさん。
エロいのはいいのですが、保健医としての能力はイマイチ不明。
そもそもマトモに働いているトコロなど見たコトない。
基本的にベッドで寝ていたりするし…
生徒が寝ていても、昼寝の時間になると、一緒に寝だすし。

DSC05336.jpg
何故か添い寝

保健室のベッドなのに、既に私物化してますよ、この人。
そんなあおいさんに、生徒が疑問を抱きます。

DSC05337.jpg
疑問

まぁ、マトモな治療をしていないのだから当然といえば当然か。
ヤケドをするとアロエを持ち出してくるし、少しのケガだとツバつけ治療だし。

そんなあおいさんが大活躍!?の読みきりです。


最後のオチが素晴らしかったね。
もう、それダケで読んだ価値がありましたよ。
しかし、うがいで上を向くのはまだいいが、1人、寝転んでいるアレな人がいるのはいいのか?
あおいさんは自分もミニスカなのに、承知の上で自分もいるしなぁ。
魅せパンなのかね?それともまさか、見せたがり?



さて単行本の紹介を。

[県立雲田場(うんたば)高校地球侵略部]
県立雲田場高校地球侵略部
メディアファクトリー刊/新久保だいすけ氏/全2巻


[作品概要]
ウンタバ星から、地球の調査にやってきたという西園寺君輝(さいおんじ・きみてる)。
地球侵略の為の…、という訳ではなく、純粋な調査が目的だ。
そんな君輝を中心に、下北沢シンゴ、水城玉希(みずしろ・たまき)といった変な人達が巻き起こすドタバタを描いた4コママンガ。


[簡易感想]
もはや何でもアリだな。
宇宙人に続いて、魔法少女なんかも出てくるしねぇ。
まぁ、最終話のオチはヒドかったが…
何でもアリなこのマンガならではかなぁ、と。

個人的にお気に入りのキャラは藤宮りんごですねー。
このりんごが、ウワサの魔法少女です。
シンゴに恋する、カワイイ乙女な女の子。
まぁ、腹黒だったり、腹黒だったり、腹が黒かったりするんですケドもね。
正に2面性の魔女ですよ。魔法少女なんですけれどもね。

で、そんなりんごというのがコチラ。

DSC05340.jpg
藤宮臨悟

え?何?乙女じゃない?
何を言っているんですか。
ちゃんと変身するんですよ?


DSC05341.jpg
変身後

魔法少年に、ですけれども。

ちなみにこの臨悟は、私の言ったりんご(林檎)の兄です。



最後の紹介はコチラ。

[橋姫プレイ専科]
橋姫プレイ専科
講談社刊/瀬川サユリ氏/全1巻


[作品概要]
その橋には守り神がいた。
橋と、川沿いの地域の守り神、橋姫。

橋の上で、暴漢に襲われていたひろむ。
そのひろむを助けたのが、橋姫だった。
ひろむは今度の学園祭でミスコンのクラス代表に選ばれたコトを悩んでいた。
こうして始まる、橋姫とひろむのドタバタな日々…

※1部、間違った表現が含まれている可能性は否定しません。


[簡易感想]

DSC05343.jpg
ひろむ/その1


DSC05344.jpg
ひろむ/その2


DSC05345.jpg
ひろむ/その3


この画像を見て、何かを感じる方がいたら、購入をオススメする。
このマンガはこういうマンガだからだ。
そして、購入し、こう叫んでください。

「騙された!!」

と。

ま、そういうコトで。



最後まで読んでいただき有難うございます。
コメント:0   トラックバック:0
”GAMBLE FISH”5巻 ”白球少女”2巻
コメント一覧
     
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
     
     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。